メディアのタブーに切り込み、第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞に輝いた『新聞記者』(19)の藤井道人監督の新作『ヤクザと家族 The Family』が、2021年に公開されることが決定。刑事ドラマ「MIU404」の放送が控える綾野剛と、「あぶない刑事」シリーズの舘ひろしという刑事役の似合う2人がヤクザ役で初共演を果たすことになった。

人間社会の矛盾と不条理を象徴し、ひとくくりに「反社」として捉えられるヤクザ。本作では藤井監督のオリジナル脚本をもとに、1999年、2005 年、2019年の3つの時代を通して、ヤクザとして生きた男の物語を描き、現代社会の縮図をあぶりだすことで、グローバル経済優先の令和の世に問題を提起する。

キャリア初のヤクザ役となる綾野が演じるのは、短気で暴力的だが一本気のあるヤクザの山本。父親を失いその日暮らしだった彼が居場所=ヤクザの世界を得て、男を上げながらも移り変わる社会のなかで翻弄される。綾野は、繊細な演技で時代を象徴する“最後のヤクザ”ともいえる男の半生を表現していく。
一方、舘が演じるのは山本がヤクザの世界へ踏み込むきっかけとなる柴咲組組長の柴咲博。刑事役やよき父親役のイメージが強いダンディな舘が、43年ぶりに挑むヤクザ役でどんな表情を見せてくれるのか期待が高まる。

「仁義なき戦い」シリーズや「アウトレイジ」シリーズなど、時代の闇を切りだしてきたヤクザの物語。昨年、メディアのタブーを突き付けた『新聞記者』のスタッフが豪華共演で、どのように“彼ら”の生き様を紡ぐのか楽しみだ。

[PAGE]綾野剛&舘ひろしのコメント全文はこちら!
<キャスト コメント>
■綾野剛コメント
「渾身の作品が生まれました。現場ではいままでに感じたことのない鼓動の連続で、毎日が走馬灯のようでした。果てしなく目を背けたくなるような残酷さと、その体温を永遠と抱きしめ続けたくなるような心地よさ。これが"家族"なのかと。母、親父、兄弟、愛した女。過去から現在、人権と時代。そしてこれからの未来を生き抜く子どもたち。私たち、藤井組は、そのすべてをひとつの映画に込めました。幾度もの難関にも映画は私たちを見放さず、見つめ続け、救ってくれた。映画は私たちにとって最後の"家族"です。スタッフ、キャスト、家族のみんなで乗り越え導き出した愛の結晶。それが『ヤクザと家族 The Family』です。どうか、どうか。家族を大切に」

■舘ひろしコメント
「『ヤクザ』という題材で家族の愛を描いた作品(脚本)に、大変興味を持ちました。藤井監督は感情表現を繊細に演出し、俳優スタッフが一つとなり、丁寧に作品を作り上げていきます。その姿勢に感銘を受けました。綾野剛さんは、訴えかける目力が素晴らしい。いつも作品のこと、役柄を深く考えており、役の中をリアルに生きている、そんな俳優さんだと思います。とても刺激をもらいました。『ヤクザと家族 The Family』どうぞ、ご期待ください」

文/トライワークス