2013年に第149回直木賞を受賞し、累計発行部数は85万部を超える桜木紫乃の自伝的代表作を、武正晴監督&波瑠主演で映画化する『ホテルローヤル』(11月13日公開)から、作品を彩るキャストの情報が公開された。

北海道の釧路湿原を背に建つラブホテルを舞台にした本作は、家業であるホテルの仕事を手伝う雅代の目線から、そこを訪れる人々や従業員、経営者家族それぞれが抱える人生の哀歓を柔らかに描く人間ドラマ。だれにも言えない本音や孤独を抱えた人々が、身体も心もさらけ出した交歓によって少しの安らぎを得て…といった、様々な人間模様が繰り広げられていく。

そんな悲喜こもごもの人間模様を体現するキャスト陣がこのたび発表。主人公の雅代が淡い恋心を抱くアダルトグッズ会社の営業担当である宮川聡史(通称:えっち屋)に松山ケンイチ、ホテルの経営者で雅代の父親である大吉には、原作者の桜木が出演を希望していたという安田顕がキャスティング。家庭を顧みなくなった大吉に愛想を尽かせる母親るり子に夏川結衣、るり子と駆け落ちをする青年に稲葉友、ホテルのパートタイム従業員に余貴美子、原扶貴子といった日本映画に欠かせない豪華俳優陣がそろい踏みしている。

さらにホテルを訪れる人々も実力派が集結。親に見捨てられた女子高生と妻の浮気に耐える高校教師に伊藤沙莉と岡山天音。姑との同居でなかなか肌を合わせる時間がない夫婦に正名僕蔵と内田慈。投稿用のヌード写真の撮影をするカップルに冨手麻妙と丞威。それぞれが、ひと時の”非日常”を楽しみ、安らぎと寂しさを胸にホテルをあとにする客たちを見事に演じ切っている。またそのほかにも、斎藤歩、友近、和知龍範、玉田志織、長谷川葉生らが名を連ねている。

実力派たちがラブホテルを舞台にどんな人間模様を紡ぎだしていくのか?公開は少し先となるが、いまから期待に胸を膨らませ、さらなる続報を心待ちにしてほしい。


<キャスト コメント>

●松山ケンイチ(宮川聡史役)

「自分にとって心を落ち着かせるということをとても大切にしていて、武さんのおかげで現場はとてもスムーズに静かな雰囲気で無駄な力が入ることなくできました。だいぶ自分の方言寄りになってしまいましたが地元に住む人間を演じるので、方言を意識しました」

●安田顕(田中大吉役)

「原作、脚本と拝読し、登場人物それぞれの人間模様の絡まりに、深く感じ入りました。原作の桜木紫乃さんには、何年も前からこの作品への出演を打診していただいておりました。実際に映画化され、こうして出演できたことに、心より感謝申し上げます。
演じた大吉という人物が加齢していく造形には、特殊メイクを施していただきました。参加したのは数日でしたが、現場での武正晴監督の演出、キャストの皆様のお芝居、ロケ地北海道釧路の情景を思い出すと、完成した映画を拝見する前から、素敵な作品になっていると確信している自分です。映画館に、この映画を観に行くことが、いまから楽しみで仕方ありません」

文/トライワークス