実際の事件や事象をモチーフにしながらも、そこに独自のエピソードや視点を加えることで観る者に新たな問題を提起する社会派映画たち。近年公開された良質な日本映画の多くがこの方程式に当てはまるが、直近で思い起こされる作品と言えば、第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ数多くの映画賞を受賞した『新聞記者』(19)だろう。

本稿では『新聞記者』が、WOWOWの名物プログラム「W座からの招待状」で7月19日(日)にテレビ初放送されることにあわせ、社会の問題や世の中の不条理を映画の力でドラマチックに描く、近年見応えのあった4作品を、同枠の放送作品よりピックアップ。それぞれの見どころを紹介したい。

■『轢き逃げ 最高の最悪な日』

まずは「相棒」シリーズなどで知られる俳優の水谷豊が、脚本と出演も兼ねた監督第2作『轢き逃げ 最高の最悪な日』(19)。本作は“轢き逃げ”という現実の社会でも頻繁に起こる事件を、劇映画ならではの構成で大きな問題へと引き上げているところが斬新で興味深い。

映画は、結婚を間近に控えた主人公の宗方秀一(中山麻聖)が親友の森田輝(石田法嗣)を乗せた愛車で若い女性を轢き逃げするところから始まり、次に被害者の父親である時山光央(水谷)が抱く疑念にスポットを当て、さらに事件を追う刑事、柳公三郎(岸部一徳)の動向も見つめながら終盤では思いがけない展開を見せる。

そこで浮き彫りになるのは加害者の葛藤と苦悩、被害者遺族の真実を知りたいという切実な想い、そして、そこに大きく横たわる人間ならではの逃れられない“負の感情”。事件を現象として捉えるのではなく、多角的な視点で描いているので、どの人の立場で観るかによって見え方が変わってくる。多くのことを考えさせられるのも、フィクションで構成された劇映画ならではの醍醐味だ。


■『新聞記者』

『新聞記者』は、東京新聞社会部記者の望月衣塑子によるベストセラーの同名ノンフィクションがモチーフになっている映画。メガホンをとった『デイアンドナイト』(19)の藤井道人監督は、映画を原作と同様に実名で描いたり、政治に物申したりという内容にはしなかった。その代わりに、内閣情報調査室で働くエリート官僚の杉原拓海(松坂桃李)と、真相究明のために邁進する新聞記者の吉岡エリカ(シム・ウンギョン)との対峙と葛藤を通して、それぞれの正義、組織の中で“個人”はどう生きるべきなのか?を提示する。

それは、状況は多少違うものの、会社という組織や母親同士のサークル内の同調圧力などに苦悩する多くの人の心を揺さぶり、共感を呼ぶもの。国会議事堂など実際の場所で撮影することでリアルな緊張感を持たせつつ、“権力とメディア”、“組織と個人”のせめぎ合いをエンタテインメントにふさわしいスケールの大きさで活写した世界観にも圧倒される。

もちろん、そこでは異なる環境で己の正義を貫こうとする主人公たちを体現した松坂とウンギョンの演技バトルにも息をのむ。特に松坂は、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)や『孤狼の血』(18)の時とはまた違う顔を見せており、すごみがある。ほかの作品では見られない、思わず歪んでしまったような生々しい苦渋の表情や、ラストのひと言も、日本の社会が抱える大きな問題とともに深く脳裏に焼きつくに違いない。


■『よこがお』

人間は複雑だ。他人に見せるよそ行きの笑顔だけが、その人のすべてではない。そして社会は不条理にあふれている。そんな現代社会と人間の真実を、フィクションの力であぶり出したのが深田晃司監督の『よこがお』(19)だ。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した『淵に立つ』(16)と同様、深田監督は本作でも人間の良識とは関係のない理不尽なことで追い詰められるヒロインの姿を見つめていく。

筒井真理子が演じた市子は、周囲からの信頼も厚い訪問看護士。ところが、彼女が仕事で通っていた家の幼い少女がある日失踪して、誘拐の容疑者として逮捕されたのが市子の甥っ子だったために彼女の日常は一変していき…。天使のような微笑みが、不穏な影に包まれていく。体重や髪色などを変えた筒井の変貌ぶり、過去のシーンを回想ではなく同時進行で描く劇映画ならではの“入れ子”構造が、観る者の興味をそそり、深く強く市子の闇へと踏み込んでいくことになる。そこでなにを思うのかは、その人しだいだ。


■『ぼけますから、よろしくお願いします。』

ここまでフィクションの力で問題を提起する傑作を紹介してきたが、ドキュメンタリーにもすばらしい作品がある。その1本がテレビディレクターの信友直子が、認知症の母親と耳の遠い父親にカメラを向けた『ぼけますから、よろしくお願いします。』(18)だ。

映画は、広島県呉市の実家で暮らす母親がしだいにボケていく様と、彼女の世話をする高齢の父親の姿を映しだす1200日の記録。そこではだれの身にも起こり得る日常の苦しみや悲しみが映しだされるが、それだけではない。監督自身の両親が被写体なので、そこには親に対する彼女の優しさや慈しみ、感謝の心がくっきり。

ニューヨークフェスティバルの銀賞などに輝くドキュメンタリー「おっぱいと東京タワー 私の乳がん日記」でも紹介された信友監督が45歳の時の闘病映像、当時の元気だった母親の表情もインサートされるので、その時との対比で親子の関係性や距離感がじんわりと伝わり、心がポッと温かくなる。



小山薫堂とイラストレーターの信濃八太郎が、いまもっとも観て欲しい“本物”の映画を紹介するWOWOWシネマのプログラム「W座からの招待状」では、これまで紹介した4作品、『轢き逃げ 最高の最悪な日』(7月5日放送)、『新聞記者』(7月19日放送)、『よこがお』(7月26日放送)、『ぼけますから、よろしくお願いします。』(8月30日放送)をはじめ、毎週1作品、最新作を中心に見応えのある、骨太な映画を厳選して放送している。

本稿で述べたいずれの作品も、観る者にちょっとした“気づき”をもたらしてくれるはず。ああ、そんな見方や考え方もあるのかと思ったり、 逆の立場になった時に初めてハッとわかることもあるので、心がきっと豊かになる。同じように繰り返されていると思っていた日常が、鮮やかな彩りを帯びてくるかもしれない。

文/イソガイマサト