中国、韓国、フランス、ドイツなど18か国でリメイクされたイタリア発の大ヒット映画『おとなの事情』(16)。同作が東山紀之、鈴木保奈美、常盤貴子らの共演で『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のタイトルで映画化、2021年1月8日(金)に公開されることがわかった。

本作は「スマホのロックを解除し、届く電話やメールの内容は全員に公開する」というゲームに挑む大人たちを描いた物語。バレたら夫婦関係も友情も即崩壊!という秘密を抱えた男女7人が、知恵を絞りながら秘密を死守しようとする様子がコミカルに映しだされる。

東山が演じるのはモテない独身男の小山三平。鈴木は益岡徹と50代のセレブ夫婦役を、常盤は田口浩正と40代の倦怠期の夫婦役に抜擢されている。このほか木南晴夏と渕上泰史が30代の新婚カップルを演じ、それぞれが絶対バレてはいけない“おとなの事情”を互いに暴き合う。

「荒野のテレビマン」の東山、「東京ラブストーリー」の鈴木、「愛していると言ってくれ」の常盤と、まさに主演級のトレンディ俳優が奇跡の共演。さらに「101回目のプロポーズ」の光野道夫が監督を、「若者のすべて」の岡田惠和が脚本を担当するなど、90年代にドラマに夢中だった世代にはたまらない布陣に。そんな面々が贈る予想外の展開に期待しよう。


<キャスト コメント>

●東山紀之(小山三平役)

「この映画は、サスペンスであり、コメディでもあると感じております。秘密を抱えた人間が、どのようにその場その場を凌いでいくのかを楽しんでいただきたいです。その先に、なにが待っているのかという点は、皆様の心に染みるものがあるのではないかと思います。世界中でリメイク版が公開されておりますが、日本の『おとなの事情』はオリジナル要素が多いので、新作としてお楽しみいただけたらと思います。
人によって見え方がまったく違う物語です。ぜひパートナーや友人と観て語り合っていただきたいです。ある人にとってはドキッとする描写がいくつも出てきたり、ある人にとってはある種の共感があるかもしれません。
人生は、綺麗事だけではなく、だれしもが時には間違いも起こすものです。そんなだれもが起こし得る状況をハラハラしながらご覧ください。この映画への様々な想いをもっと伝えたいのですが、少しでも口を開いてしまえば、核心部分まで話したくなってしまうので、ここまでにしておきます。ぜひ、劇場で共有しましょう」

●鈴木保奈美(六甲絵里役)

「いままで演じてきたなかで、たぶんいちばん嫌な女です、絵里さん。でも大好きなんです。脚本家の岡田惠和さんが、大人のくせにダメダメで、だからこそ愛すべき人間に描いてくださったから。強化合宿のようなリハーサル、格闘技のリングに上がるような撮影の日々を経て。大人の上質なコメディをお楽しみいただけたらと思います」

●常盤貴子(園山薫役)

「初めて台本を読ませていただいた時、これは、大変な撮影になるぞと覚悟をしました。ワンシチュエーションで、ずーっと同じメンバー。最初は不安でいっぱいだったけれど、いつの間にか終わりたくないとすら思うくらいに楽しい日々でした。お正月早々、ご家族みんなで笑っていただけたら幸いです」

文/トライワークス