『おくりびと』(08)で日本アカデミー賞脚本賞を受賞した小山薫堂がナビゲーターを務め、イラストレーターの信濃八太郎が手掛けたイラストレーションとともに“今、もっとも観て欲しい映画との出会い”をテーマに新作映画を紹介していくWOWOWシネマの人気番組「W座からの招待状」。現在同番組を担当している宮田徹プロデューサーは「今年の10月からはいよいよ10周年イヤー。いまでは応援してくださる方々も増え、WOWOWのなかでも、ひときわ愛される番組に成長したことが嬉しいです」と、にこやかに「W座」への想いを語る。

■「人生の体験として、記憶に残るものに寄与できたら」

2011年にWOWOWが3チャンネル放送に切り替わり、映画専門チャンネルである「WOWOWシネマ」が誕生したことを受けて放送がスタートした「W座」。宮田は「WOWOWシネマの顔を作りたいという想いと、いま一番観て欲しい映画をしっかりと枠を作って紹介するためにできた番組です」と、その成り立ちを振り返り、「この番組自体がひとつの“映画館”」というコンセプトを明かす。
「私もそうですが、映画好きの皆さんには、それぞれ好きな映画館があると思います。その劇場のラインナップが、時に人生のラインナップになったりもする。どのタイミングで、誰とどのようにしてその映画を観たか。そうした人生の体験として記憶に残るものに、『W座』が寄与できたらと思っています」。

「W座」ではこれまで450本を超える作品が放送されており、『ムーンライト』(16) や『シェイプ・オブ・ウォーター』(17)のようなアカデミー賞作品賞受賞作をはじめ、『淵に立つ』(16)や『あゝ、荒野』(17)といった日本のインディペンデント映画など、そのラインナップは多種多様。放送する作品のチョイスについて訊ねてみると、「いま一番観てほしい新作映画であり、作家性の高い作品」が基準となっているとのことだ。
「映画好きの方々に是非観て欲しい作品を届けるというポリシーのもとで、作品のクオリティに反してあまり注目を浴びなかった作品や、ミニシアターでしか上映されなかった作品、また惜しくも日本未公開となった良作などを選んでいます」。

さらに宮田は、日本でもヒットを記録したメジャー作品を中心に話題作を放送する「メガヒット劇場」と、この「W座」がWOWOWシネマの核となってチャンネル全体の番組が編成されていること、両番組を毎週観るだけで年間100本以上の主要な最新映画をチェックすることができるという、“WOWOW活用術”も教えてくれた。


■「『新聞記者』は信念が集まった、緊張感が伝わる映画」

この7月から8月にかけての「W座」も、これまで以上にバラエティに富んだラインナップが放送予定となっており、7月5日(日)には「相棒」シリーズでおなじみの水谷豊が監督・脚本・出演を務めたヒューマン・ミステリー『轢き逃げ 最高の最悪な日』(19)、7月12日(日)には名優ロバート・レッドフォードが大胆不敵な強盗を演じた『さらば愛しきアウトロー』(18)、そして7月19日(日)には宮田が「注目の作品」だと推す『新聞記者』(19)が、ついにテレビ初放送される。
東京新聞の記者である望月衣塑子の同名ノンフィクションを原案に、政治権力の闇に迫ろうとする女性記者と若手エリート官僚の対峙を描いた社会派サスペンスである同作は、第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞など主要3部門を受賞するなど、昨年の国内の映画賞を総なめにした必見作だ。


「震えました。信念が集まるとこういう映画になるんだと、日本の映画も楽しみな気持ちになりましたね」と語る宮田は、「実社会にある要素を映画としてまっすぐに描いている。製作者は相当勇気がいると思うし、演じる役者さんたちも大変だったと思います。だからこそ、画面からヒリヒリした緊張感が伝わってくるのでしょう」と熱弁をふるい、同作の放送後に続けて放送される森達也監督の『i 新聞記者ドキュメント』も、あわせて観ることをオススメする。同作は、『新聞記者』の原案者でもある、東京新聞社会部の望月衣塑子記者が、政治や社会問題に鋭く切り込んでいく姿を克明に追った、ドキュメンタリーの傑作だ。
「『i 新聞記者ドキュメント』を観ると、『新聞記者』のなかで描かれた世界観の凄さがわかると思います。映画というものは、感動だけでなく知識も与えてくれる。自分の生きる社会はこうなっているのだと、より理解を深めるきっかけになると思います」。

『新聞記者』以降も、海外の映画祭で高い評価を集めた深田晃司監督の『よこがお』(19)や、MV出身の気鋭の映像クリエイター長久允監督の初長編作品『ウィーアーリトルゾンビーズ』(19)と注目の作品がテレビ初放送される。
また8月23日(日)には、『万引き家族』(18)で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督が、初めてフランスにわたって監督した最新作『真実』(19)もラインナップ。「是枝監督の演出手法は、言語も人種も超えていくのだと感嘆しました。ちょっと難解で、自分のなかで向き合わなければいけない作品なので、『W座』らしい作品と言えるかもしれません。日本の映画監督が世界に駆りだされていくためのエポックメイキングとなる作品だと思います」と、『真実』を「W座」で放送する意義を語った。


■「“配信時代”は、WOWOWにとってピンチではない」

「W座」が放送開始してからこの10年の間で映画を取り巻く環境は大きく変化し、その最たるものは、WOWOWのような有料放送にとって大きなライバルとなりかねない配信サービスの台頭だ。「配信サービスはとても便利だと感じていますし、実際に多くの方々が体験されている。だからこそ、これはWOWOWにとってピンチではなくチャンスではないかと思っています」と、宮田は前向きな姿勢を明らかにする。
「無機質なインターフェイスから送られるリコメンドには温もりがなく、自分はなにが好きでなにを観たいのか、なかなか気付けないのではないかと思ってしまうものです。でもWOWOWの番組編成にはきちんとしたメッセージがある。このラインナップに託したメッセージを視聴者に伝え、体感してもらえることができれば、僕たちは放送業者としてひとつ上の段階にいけると考えています」。

■「映画の見方は人それぞれ、正解も間違いもない」

その一環として「W座」では、実際に視聴者と触れ合うイベントが行われてきた。
2018年秋には第31回東京国際映画祭とコラボレーションを果たし、日本初お披露目となる作品の上映を兼ねた公開収録を敢行。また昨年も京都の出町座で公開収録を行った後、小山薫堂が主人を務める「下鴨茶寮」で懇親会が開催された。
「自分の好きなものを、好きな人たちと話しながら食事をする、というのは良いコミュニケーションだなと思いました。次回の開催を希望される声もたくさんあがっています」と、今後も同様の企画を開催する意欲をのぞかせる。
「よく小山さんたちが収録の後に『こんな会話でいいのかな?映画のこと全然話してないけれど』と仰るのですが、僕はいつも『それでいいと思います』と返すんです。映画の見方って人それぞれで、正解も間違いもない。自分のなかでどう昇華させていくかだと思います。お2人に自分ごととして話していただくことで、視聴者にも自分ごととして受け止めてもらう。そうすることで、ただ映画を観るだけではない新たな気付きが生まれていくのだと思っています」。

さらに宮田は、10周年イヤーの野望として「常設の、リアルな映画館を作りたい」と語る。「WOWOWの放送とうまく兼ね合いをとりながら上映作品を選び、新しい“映画とWOWOW”を提供していくリアルな“映画館”を持ちたいんです。まあ、あくまで僕の一個人としての夢ですけどね(笑)」。

映画愛にあふれた男たちと、「W座」の10年にわたる挑戦は、次の10年に向かって走りだしたばかりだ。

取材・文/久保田 和馬