是枝裕和監督が率いる映像制作者集団“分福”に所属する佐藤快磨監督の劇場映画デビュー作『泣く子はいねぇが』(11月20日公開)が、第68回サン・セバスティアン国際映画祭オフィシャルコンペティション部門に正式出品されることがわかった。

本作は、『ガンバレとかうるせぇ』(14)で釜山国際映画祭など国内外の数多くの映画祭で評価された佐藤監督が、完全オリジナル脚本で挑んだ作品。青春の終わりをテーマに、迷いながら大人になっていく20代の若者たちの姿を描いた青春グラフィティだ。主人公のたすくを若手注目株の仲野太賀が、たすくの妻ことねをCMや映画で大活躍の吉岡里帆が演じるほか、寛一郎や山中崇、余貴美子、柳葉敏郎といった実力派俳優が脇を固めている。

秋田県の男鹿半島に暮らすたすくは娘が生まれても父親の自覚を持てず、妻ことねはそんな夫にいらだちを募らせていた。ある大晦日の夜、地元の伝統行事「ナマハゲ」の最中に全力疾走する全裸のナマハゲが、ニュース番組を通して全国に放送されるという事件が起こる。その正体は、妻との約束を守れずに泥酔しきったたすくだった。妻に愛想を尽かされ、地元にもいられず東京へ逃げてきたたすくは、生きる道や居場所を探しさまようが…。

出品決定を受け佐藤監督は「うれしさと興奮と緊張とが入り混じっています。映画祭関係者の皆様が、若者の青春の終わりを描いたこの小さな物語を選んでいただいたことに、感謝の気持ちでいっぱいです」と、喜びのコメントを寄せている。

男鹿半島で伝承される神様「ナマハゲ」を通して、大人になりきれず社会にもなじめない主人公が、青年から少しずつ成長していく姿が描かれる本作。是枝監督もその才能に惚れ込んだという平成生まれの新鋭が、歴史ある国際映画祭でワールドデビューを飾り、どんな未来を歩むのか要注目だ。


<キャスト・スタッフ コメント>

●佐藤快磨監督

「映画『泣く子はいねぇが』を初めて観ていただく場所がサン・セバスティアン国際映画祭であるという報せを聞いて、うれしさと興奮と緊張とが入り混じっています。映画祭関係者の皆様が、若者の青春の終わりを描いたこの小さな物語を選んでいただいたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。このようなご褒美をいただけたのも、スタッフ・キャストの皆さん、この映画に携わってくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。男鹿半島に通った5年間はとても大切で、そこで出会った人たちの想いがこの映画には詰まっています。後悔から逃げきれない主人公のしみったれた行動ひとつひとつを最後まで見届けていただけたらうれしいです。先の見えない状況下ではありますが、世界中の人々にも彼の叫びはきっと届くと信じています」

●仲野太賀(たすく役)

「なにが起きるのか、ほんとうにわかりません。『ナマハゲの映画を撮りたいんだ』と、監督から企画を聞かせてもらった数年前には想像もしてませんでした。撮影時に、この映画が描く人間のおかしみ、愛おしさについて皆でぐるぐる模索した時間が肯定してもらえたようで、ほんとうにうれしいです。まさかコンペに選出されるとは…!英題はやっぱり、『THE NAMAHAGE』でしょうか。うんうん、それも最高です。とにかく、サン・セバスティアン国際映画祭で、監督の素晴らしい才能が知れ渡ることを願いながら、佐藤組のみんなでこの吉報を分かちあいたいです」

文/トライワークス