近年、山田孝之がますますおもしろい。ドキュメンタリードラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」や『映画 山田孝之3D』(17)などで本人役を務め、映画『デイアンドナイト』(19)をプロデュースなど彼の一挙手一投足が気になる。Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督」のぶっ飛んだ演技も注目されたが、最新主演映画『ステップ』(公開中)では打って変わって、子育てに奮闘するシングルファーザー役を好演。実際に小学生の子どもを持つ山田は、今回の役柄にどう向き合ったのか?本人を直撃した。

突然、妻に先立たれ、シングルファーザーとなった武田健一(山田)が、1年後に気持ちを切り替え、娘の美紀と共に再出発することを決意する。健一は、仕事と育児の両立に悩みながらも、大奮闘していく。本作は、親子の成長を10年にわたって描くため、美紀役は2歳時を中野翠咲、6〜8歳時を白鳥玉季、9〜12歳時を田中里念が演じるのだが、この“子役リレー”も秀逸。メガホンをとったのは、『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』(11)やドラマ「REPLAY&DESTROY」でも山田と組んだ飯塚健監督だ。

■「子役とは距離を詰めず、自然な付き合い方をしていっただけです」

初めて臨んだシングルファーザー役について山田は「大変でした」と述懐。
「健一は、結婚して子どもが産まれ、これからというタイミングで、妻が亡くなってしまう。きっと喧嘩したり、いろんなことを乗り越えたりしながら、子どもの成長を一緒に見ていくはずだったのに、近くにいるべき妻がいない。そこがなんともつらかったです」。

また、山田には娘を育てた経験がなかった。
「健一が一番向き合わなければいけないのは娘。彼女が年を重ねていくにつれ、親子の関係性が変わっていきます。だんだん友達のようになっていくし、ある程度、娘に対して距離を取ったほうがいいと思う時期が来ると、その距離の取り方について、お互いに考え方のギャップも生じます。本来なら、妻と共有しながら悩めたであろうことができない。そこが苦しかったです」。

慣れない子育てに翻弄される父親役ということで、山田は敢えて子役との距離感を詰めなかったそうだ。
「当時、翠咲ちゃんは3歳だったので、撮影も大変だろうと覚悟はしていましたが、僕の顔を見た瞬間に機嫌が悪くなったりしたので、傷つきもしました(笑)。『仕事だからやってくれよ』とも思ったけど、よく考えてみれば、彼女には“仕事”という概念さえないわけで、どうしたらいいんだろうと考えてしまいました。でも、それこそ、ぐずる美紀に対して健一が抱くのと同じ気持ちだろうと思い、自分としては素直に演じた感じです」。

実際に、健一親子の日常はとてもナチュラルに見える。
「玉季ちゃんはすごく社交的な子で、いろんなことを話してくれました。この時期の美紀も、すごくパパになついている設定だったので、まさにそのままです。里念ちゃんは、けっこうシャイな子だったけれど、実際9〜12歳の年代に入れば、娘と父との会話も減ってくるので、そのぐらいの距離感が、ちょうど合っていると思いました。だから、特に子役が代わったり、美紀の年齢が変わったりすることも意識せず、僕はその時の美紀と、自然な付き合い方をしていっただけです」。

■「女の子はかわいいけど、大変ですから」

だんだんませてきて、対等な関係になっていく美紀について、健一が「あんまり急いで大人になるなよ」とつぶやく台詞が心に染みる。山田自身は、実際子どもに対して、そういうふうに思ったことはあるのか?と尋ねてみると「ないです」と即答した。

「それは単純に、僕の子どもが男の子だからだと思います。息子については『どんどん大きくなれ』という感じですが、娘だと、もうちょっとゆっくり育ってもらって、一緒にいる時間を過ごしたい、と思うだろうなと。それは今回、健一役を演じてみて、より痛感しました」。

山田は「女の子はかわいいけど、大変ですから」と笑う。
「同世代の友だちも、娘を溺愛していますが、僕はそうなるとヤバイです。まあ、昔から予想できていたので、僕は10代のころから、子どもは男一人でいいと決めていました。娘だと、いずれは彼氏を連れてくるし、その相手がどんな男なのかもわからないでしょ。娘を育てていくことで楽しい経験ができるとは思うけど、その先に、そういうつらいことが待っているとしたら、男の子を自由奔放に育てたほうが気楽だなと。本作で健一として、娘のいる人生を歩んでみましたが、やっぱりつらかったです」。

さらに山田は、健一役を演じ終えてみて「言いたくないんですが、妻には感謝しました」と照れながら答えてくれた。
「うちの場合、家事育児は妻に任せっぱなしです。子どももいまはそんなに手がかからなくなってきていますし、掃除機もルンバがあるからかけなくてもいい。ただ、皿洗いくらいはしようかなと思うようになりました。いつもは食べた物もそのまま置きっぱなしにしていたんですが。家事だけじゃなくて子どもの学校での行事など、やることはたくさんあるなと今回改めて感じたので。そこは、少し変化した気がします」。

また、俳優、プロデューサーなど、いろいろな顔を持つ山田は「常に失敗を恐れず、いろいろなことにチャレンジし続けていきたい」と、実にアグレッシブだ。
「僕自身はいつも、やりたいと思ったことをやり、組みたいと思った人と組みたいと思っています。もちろん、上手くいかなかったり、障害が生まれたりすることもあるし、新しいことをやれば、課題もどんどん出てきます。でもクリアしていくしかない。疲れて、もういいやと思って、例えば俳優としてやってきたものをストップしたとしても、人生は続くし、次になにかを始めたとしても、結局、同じことの繰り返しになるだけ。生き続けるということは、そういうことなので、なにごとも地道に乗り越えていく。ただそれだけです」。

取材・文/山崎伸子