“事故物件住みます芸人”の松原タニシによるベストセラーノンフィクションを映画化した『事故物件 恐い間取り』(8月28日公開)の「公開前夜祭舞台挨拶“事故物件NIGHT”イベント」が丸の内ピカデリーで開催され、主演の亀梨和也、奈緒、瀬戸康史、中田秀夫監督、原作者の松原タニシが登壇。本作の物語にちなみ、過去の“無茶ぶり”エピソードを聞かれた亀梨が、ジャニー喜多川との驚きのエピソードを明かした。

松原タニシの実体験による著書を、「リング」シリーズを手掛けた中田秀夫がメガホンをとり映画化した本作。主人公の売れない芸人のヤマメを、今回がホラー作品初出演となるKAT-TUNの亀梨和也が演じ、ヤマメとお笑いコンビを組んでいた中井を瀬戸康史、ヤマメを心配するメイクアシスタントを奈緒が演じ、物語では最恐の事故物件での恐怖体験がヤマメに襲いかかる…。

イベントが始まると、真っ暗な会場の舞台に設置された“事故物件”の扉を開けて、亀梨ら登壇者が一同に登場。いよいよ明日公開を迎える本作だが、亀梨は「いつも映画の公開を控えると非常にワクワクするのですが、ここから映画が出航していくんだなと非常に楽しみです」と挨拶。続けて奈緒も「どういう風に劇場のお客さまに恐怖が届くのか、どんなことが劇場で起こるのか楽しみです」と話し、瀬戸は「僕がいままででいちばん怖いと思った映画『リング』の監督でもある中田さんが撮った、“新感覚ホラー”を皆さんに楽しんでもらえることを嬉しく思います」と話し、本作への自信を見せた。

イベントでは、事故物件に住むことを“無茶ぶり”される主人公のヤマメにちなんで、過去の“無茶ぶり”エピソードをそれぞれ披露。
亀梨はジャニー喜多川とのエピソードを回想し、「とある生放送の歌番組に後輩が出演することになっていたんですが、電話がかかってきて『YOUなにしてんの?YOU来ちゃってよ!』と言われて、現場に向かったんです。そうしたら『出ちゃって!』と歌詞カードを渡されて、その番組に出ちゃいました(笑)。生放送の歌番組に歌詞カードを持って出るという、ジャニーさんの無茶振りでした」と驚きの実話を語った。
また奈緒は、作品が一緒だった先輩が死体のまま埋められるシーンで、「目を開けたままにしててくださいと顔に土をかけられた」という役者ならではのゾッとする話を披露。続けて瀬戸は、10代の頃バラエティ番組の罰ゲームで「いくらの軍艦巻きのいくらの部分が、蜂の幼虫だったんです…」と明かし、「でも食べると美味しかったです(笑)」と怖くも笑えるエピソードを披露した。そんななか松原は、「亀梨さんとグラビア撮影をした時に『亀梨さんと同じポーズを撮ってください』って言われたのが一番キツかったですね(笑)」と話し、会場を沸かせた。

続いては、各キャストが“閲覧注意”の写真を発表。自身の美容パック姿の写真を披露した亀梨が、「この間、写真撮ろうと思って撮ったらなぜか白く写ったんですよ!」とボケると、「いやいやいや!パックしてるじゃん!」と映画でお笑いコンビの相方を演じた瀬戸からツッコミが入り、「記憶注意!」と松原も重ねた。
さらに最後には、不気味な謎の男性がインターホンに映る様子が写しだされた写真を松原が披露。「知り合いのライブハウスの店長が借りた部屋の2つ下の部屋が事故物件で。両目も見てください。真っ黒で白目がないんですね…」と松原らしい恐怖話で会場を震えあがらせた。

「※いよいよ明日解禁※」と書かれたテープを全員でカットすると、中田監督が「今日初めて観ていただくので僕も緊張しているのですが、“恐ポップ”な映画でもあるので、楽しんで、そして怖がっていただけると思います」と語り、亀梨も「いよいよ明日、想像を絶する恐怖が解禁になります。ぜひ本作で恐怖体験してください!」と強くアピールした。

文/富塚沙羅