映画並みのスケールと、海外ドラマばりの中毒性…そんなドラマ、観たくありませんか?
WOWOWが贈るオリジナルドラマには、映画ファンや海外ドラマファンが、日本のテレビドラマに感じてきたであろう“物足りなさ”を払拭するような作品が目白押し。

この連載企画「レコメンW」では、映画ファンの代表として映画プラットフォーム「MOVIE WALKER PRESS」の編集部、海外ドラマファンの代表として雑誌「DVD&動画配信でーた」の編集部がタッグを組み、必見のWOWOWのオリジナルドラマをレコメンドしていきます。
「日本のドラマはあんまり…」と思っている映画ファンも、海外ドラマファンも、この連載を読めばWOWOWのオリジナルドラマの魅力に気づくこと間違いなし。第9回となる今回は、「MOVIE WALKER PRESS」編集部の武野が「連続ドラマW 沈まぬ太陽」(全20話)と「連続ドラマW マークスの山」(全6話)の必見理由をご紹介します!

■WOWOWのオリジナルドラマ「連続ドラマW」って?

WOWOW独自のドラマ製作プロジェクトとして2003年にスタートした長編ドラマ枠「ドラマW」。市川崑監督や大林宣彦監督ら日本映画界のレジェンドたちが手掛けた作品は大きな話題を呼び、2008年からは連続ドラマ枠「連続ドラマW」の製作も開始。濃密な人間ドラマから骨太な社会派ドラマ、映画スケールのアクションや本格ミステリーなど幅広いジャンルの作品を次々と生みだし、これまで「東京ドラマアウォード」や「日本民間放送連盟賞」など数多くの賞を受賞している。


■今回レコメンドするのは「連続ドラマW 沈まぬ太陽」&「連続ドラマW マークスの山」!

WOWOW開局25周年を記念して制作された「連続ドラマW 沈まぬ太陽」は、「白い巨塔」や「華麗なる一族」など、これまで数多くの著作が映像化されてきた山崎豊子による晩年の大ベストセラー小説を原作に、「ドラマW」史上最長の全20話で構成。アフリカや中東での海外ロケを敢行するなど、巨大企業のなかで信念を貫き通す男たちの姿がかつてないスケールによって描きだされていく。

日本を代表する大企業の国民航空に勤める恩地元(上川隆也)は、労働組合委員長・八馬(板尾創路)から次期委員長を押し付けられる。同期で副委員長の行天四郎(渡部篤郎)とともに、劣悪な労働環境の改善を目指し、労働条件をめぐって堂本取締役(國村隼)ら経営陣と激しく対立を繰り返すなか、人員不足を原因とした死亡事故が発生。恩地は会社始まって以来のストライキを断行する。しかし、なんとか譲歩を勝ち取ったものの、報復人事でパキスタンへの転勤を言い渡された恩地。一方で行天は組合側と手を切り、労務担当幹部に取り入りながら自らの理想を追い求めることを決意する。僻地でも自身の決めた生きかたを頑なに変えようとしない恩地は、イランのテヘランやケニアのナイロビを転々とし、数年が経っても本社への復帰が叶わずにいた。そんななか、国民航空の飛行機の事故が相次いで起きてしまう。

また、第109回直木賞や「このミステリーがすごい!」1994年国内編第1位など、様々な文学賞に輝いた高村薫の警察小説をドラマ化した「連続ドラマW マークスの山」は、ある殺人事件を担当することになった警視庁捜査一課七係の合田雄一郎警部補(上川隆也)が、警察上層部からの圧力を受けながらも意地とプライドをかけて、“マークス”と名乗る見えざる敵を追う姿を描きだす。

「連続ドラマW」で様々な傑作を世に送りだしてきた水谷俊之と鈴木浩介の演出、前川洋一の脚本によるチームのもと上川が主演を務め、日本を代表する女流作家のベストセラーを原作にしているという点で共通している両作品は、どちらも重厚なテーマと緻密な人物描写が光り、地上波ドラマでは不可能といわれたスケールに挑んだ、まさに「連続ドラマW」の真骨頂。そんな両作の見どころとなる“3つのポイント”を、類似したテーマを持つ映画作品と絡めながらレコメンドしていこう。


■レコメンド1 原作の魅力を長尺で見事に映像化

今回レコメンドを担当する「MOVIE WALKER PRESS」編集部の武野は、「普段はもっと軽い雰囲気のドラマを好んで観ているので、『連続ドラマW 沈まぬ太陽』や『連続ドラマW マークスの山』のような重厚なタイプの作品を観るのはとても久しぶりで、はじめはちょっと身構えてしまいました」と明かしながらも、「どちらも原作のディテールまで丁寧に作り込まれている作品で、とにかく圧倒されました!とくに『連続ドラマW 沈まぬ太陽』の方は20話もあったと感じないぐらい世界観に没頭してしまい、観終わった後にどっと疲れが押し寄せてきました(笑)」と大満足の様子で振り返る。

「原作小説はどちらも長編のなかの長編と呼べるぐらい長い作品なので、原作が持つ重みや強固な物語性を映像化する上では、やはりこのくらいじっくりと長い時間かけて描くことが必要なのだと感じました。原作に手を伸ばしづらいと思っていた人でも、ドラマ化されたことで、この物語に出会えるきっかけになったのではないでしょうか」と、連続ドラマならではの強みを述べる。そして「長い時間をかけて、男たちの生き様や組織のなかでの葛藤を描くという点は、フランシス・フォード・コッポラ監督の『ゴッドファーザー』シリーズにも通じるものがあります」と、映画史に刻まれた金字塔的作品のタイトルを挙げる。

3作合計で9時間を超える長尺で描かれる「ゴッドファーザー」シリーズは、ニューヨーク最大のマフィア組織であるコルレオーネ一族の栄枯盛衰を描いた一大叙事詩。マリオ・プーゾの小説を原作にした第1作では熾烈な抗争を経て三男のマイケルがファミリーを継ぐまでが描かれ、続く第2作ではファミリーのために戦うマイケルの姿と父ヴィトーの若き日の姿が交錯、16年後に製作された第3作でマイケルの晩年の物語が展開。第1作と第2作はアカデミー賞作品賞を受賞し、第3作も同賞にノミネートされるなど、いまなお多くの映画ファンから絶大な支持を集めている。

「第1作でのマーロン・ブラントや、第3作でのアル・パチーノのように年輪を重ねた者にしか出せない演技が見どころのひとつになっていることも、『連続ドラマW 沈まぬ太陽』と重なる部分ではないでしょうか。若い俳優さんのキラキラした演技とは一味違う、強い信念を感じさせる演技が、登場人物に命を吹き込んでいる感じがしました。そのおかげで、それぞれの登場人物に感情移入ができて、悔しいシーンはこちらも本当に悔しい気持ちになってしまう。そのきめ細やかな人物描写に圧倒されました」。



■レコメンド2  組織の闇に立ち向かう男たちの“熱い”ドラマ
「男たちの信念」と「組織との対峙」という、『連続ドラマW 沈まぬ太陽』と『連続ドラマW マークスの山』のどちらにも共通するテーマにおいて、上川の演技がひときわ輝いていたという。「両作品とも、保身を第一に考える大きな組織や政府などから圧力をかけられ、それでもまっすぐで正直に真実を追い求めて邁進する主人公の姿にグッとくるものがありました。同じサラリーマンとして、すごく発破をかけられているような気がして、信念を持つことの大切さを改めて教わりました」。

そして「組織のなかで自分を曲げずに正しさを追い求める姿は、やはり池井戸潤作品を思い出しました」と、これまで「連続ドラマW」でも「空飛ぶタイヤ」、「下町ロケット」、「アキラとあきら」、「鉄の骨」など多くの作品がドラマ化されている当代随一の人気作家の名前を挙げる。「映画で言えば『七つの会議』が非常におもしろい作品です。一見無責任で頼りなさげな主人公の八角が、パワハラ上司と組織の闇へ立ち向かっていく姿が痛快でもあり、同時に考えさせられるものもあり。そのあたりは『連続ドラマW 沈まぬ太陽』の恩地や、『連続ドラマW マークスの山』の合田に重なるように思います」。

さらに「恩地も合田も八角も、とても熱くてカッコいい。やはり信念を持った男というのは、たとえどんな逆境に追い込まれても強いのだと感じさせられましたね」と熱量たっぷりに絶賛した武野は、「『連続ドラマW 沈まぬ太陽』では、渡部篤郎さん演じる行天の、恩地とは異なるタイプの“信念”も見逃せないポイントです。組織をより大きくしていくために仲間を突き放すなど、どんなことをしてでも出世していく。クライマックスで追い込まれていく彼の姿はとても切なく、心を揺さぶられるものがありました」と、物語の中核を担う2人の男の対照的な姿に魅力を感じたようだ。


■レコメンド3 贅沢なロケーションによる迫力の映像

両作品の最大の見どころとなるのは、日本のテレビドラマのスケールを凌駕した雄大なロケーションの数々だ。「『連続ドラマW マークスの山』は山小屋での重要なシーンでの雪の描写が息を呑むほどの美しさで、男の子が必死で逃げる姿が目に焼き付いて離れません。それに『連続ドラマW 沈まぬ太陽』の方は、なんといっても海外ロケです。日本のドラマで、主人公の心理状態をアフリカの大地と重ね合わせる演出なんて見たことありますか!? 飛行機事故のシーンの臨場感と、凄惨な事故現場のシーンも、その迫力があったからこそ、その後のストーリーで重要になってくる遺族の人々の描写や主人公の葛藤がすごく生きていて、とても説得力ある画作りがされていたと感じました」と熱弁をふるう。

「海外ロケといえば、まだ公開されていない作品ですが『太陽は動かない』がすごいんです」と、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で公開が延期になっている、藤原竜也と竹内涼真が共演するスパイ・アクション大作のタイトルを挙げる。「先日放送されたドラマ版『連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-』も、凄まじい爆破シーンやアクションシーンの連続で毎週くぎづけになって観ていましたが、一足先に観させていただいた映画版もまた凄いんです!」。

2021年3月5日(金)から公開される『太陽は動かない』では、心臓に小型爆弾を埋め込まれた秘密組織AN通信の諜報員である鷹野(藤原)とその相棒である田岡(竹内)が、人類の未来を決める次世代エネルギーをめぐって世界中のエージェントたちと命がけの頭脳戦を繰り広げる。「ヨーロッパのブルガリアで大規模撮影が行われた同作は、日本の映画でもなかなかお目にかかれないようなカーチェイスシーンや、列車一台を借り切って撮影されたアクションシーンが迫力満点で、ドラマ版からさらにスケールアップしていました。是非ともドラマ版を観てから、映画版を味わってもらいたいですね」。

そして「ちょっぴり脱線してしまいましたが、『連続ドラマW 沈まぬ太陽』も『連続ドラマW マークスの山』も『太陽は動かない』も、原作の持つ様々なエッセンスを丁寧に描くだけでなく、ロケーションという視覚的な方法でその魅力を増幅させている点で、映像化したことの意義を強く感じることができました。単に大きなスケールで見せればいいというわけではなく、濃密なドラマ性と結びつく。それがこれまでの日本のドラマではあまりなかった部分ではないでしょうか」と分析した。



最後に武野は、「上川さんをはじめとしたキャストの方々はもちろん、スタッフや、この原作をこういう形でドラマ化しようと試みたWOWOWの方々、関わったすべての人たちの途方もない熱量を感じる2作品でした。長さを感じることがないと言ったら嘘になってしまいますが、それでも一秒一秒にしっかりと味があって、どれもが最終回の最後のシーンに向けられた貴重な時間であったように思います」と、心を熱くしてくれる2作品との出会いを振り返った。

「連続ドラマW 沈まぬ太陽」 第1部(全8話)は10月17日(土)15時15分よりWOWOWプライムにて放送。2021年4月30日(金)までWOWOWメンバーズオンデマンドで好評配信中。「連続ドラマW マークスの山」(全6話)は2021年2月28日(金)までWOWOWメンバーズオンデマンドで好評配信中。

文/久保田和馬