1968年に公開された大映の同名作品を三池崇史監督がリメイクし、2005年に興行収入20億円の大ヒットを記録した映画『妖怪大戦争』が令和に復活。再び三池監督がメガホンをとり、寺田心を主演に迎え『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(2021年公開)として製作されることがわかった。

寺田扮する物語の主人公は、伝説の妖怪ハンターの血を継ぐ埼玉県所沢市の小学生、渡辺兄。巨大な妖怪獣の襲来から世界の滅亡を阻止するため、突然“世界を救う勇者”に選ばれてしまった兄と、彼を巻き込んだ妖怪たちが大冒険を繰り広げる。

このたび解禁された劇中スチールは、迫りくる妖怪たちを背にまばゆく光る剣を抜く、これまでのイメージとは異なる凛々しい寺田の姿を捉えている。さらに、寺田がアクションに初挑戦したほか、巨大なセットと最先端のCGを駆使した迫力の映像や、妖怪たちを演じる豪華キャスト、映画の常識を覆すような展開も用意されているとのことで、その続報にも期待が高まる。

また11月には、所沢市の大型複合施設”ところざわサクラタウン”のオープンにあわせ、妖怪をテーマにした映像作品、イベントなどが一堂に会する企画「妖怪大ヤミット」もスタート。本作の製作総指揮に名を連ねる妖怪研究家の荒俣宏監修による展覧会や、豪華声優陣出演の朗読劇、映画祭など今年から2021年にかけて様々な催しが予定されている。

不思議な魅力にあふれる妖怪。本作には誰もが知る有名な妖怪をはじめ、オリジナルの妖怪、世界中のモンスターも加わり、三池監督によると“出しちゃいけないでっかいヤツ”も登場するとのこと。スケールアップした“妖怪ワールド”から今後も目が離せない!


<キャスト&スタッフ コメント>

●寺田心(渡辺兄役)

「僕が演じた兄は小学5年生、“クラスにこんな子いたな”と思える等身大の男の子です。そんな兄がひょんなことから弟を、日本を救う妖怪たちとの大冒険が始まります。僕はおばけとかそういった類いのものが怖いので妖怪のあまりにリアルな作りと演技に撮影中はドキドキしっぱなしでした。また、初めてのアクションにも挑戦しています。いつも一人でする空想戦いごっこが生かされたように思います(笑)。前回の『妖怪大戦争』を観ていたので意識したのですが三池監督の丁寧なご指導もあり、僕は僕が感じた兄を演じられたと思います。皆さんも来年、ドキドキそしてハラハラな冒険を僕と一緒にしてみませんか?」

●三池崇史(監督)

「いま、こんな世の中だから、“アマビエ”さんが永い眠りから目覚めてみんなの前にその姿を現した。必然です。人間と妖怪はそういう関係です。だからいま、新たな『妖怪大戦争』が生まれるのも宿命なのです。神木隆之介から寺田心にバトンがつながれた。これもおそらく妖怪たちのご指名です。ならば観るのは人間の務め、ということですね。さあ、妖怪たちからのメッセージに耳を傾けよう。
                               
追伸:え〜と、出しちゃいけないでっかいヤツも暴れちゃうのでよろしく!」

文/トライワークス