初のオンライン開催を迎えた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」のオープニングセレモニーが9月18日にスペースFS汐留で行われ、「ニューウェーブアワード」を受賞した山田裕貴、奈緒、杉原輝昭監督が登壇した。この日は、偶然にも山田の30歳の誕生日。お祝いに夕張市のご当地キャラクターのメロン熊が駆けつけ、頭をガブっと噛まれた山田は「うわー!」と驚きの表情。「30代のスタート。うれしい1日、うれしいスタートになりました」と大きな笑顔を見せた。

今年で30回目を迎えるゆうばり国際ファンタスティック映画祭。9月18日(金)〜22日(火)の期間、動画配信サービスHuluで無料配信される。映画祭の作品は会員登録なしで視聴が可能となる。

「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」は、輝かしい活躍を見せる役者やクリエイターに対して贈られる賞。山田は、デビュー以来、数々の映画やドラマに出演し、好青年から不良番長と幅広い演技に挑んでいることなどが評価され、男優部門を受賞した。

「6年前に初主演映画『ライヴ』でゆうばり国際映画祭でご挨拶させてもらったことがあり、ご縁がある」と切りだした山田は、「決して主演作が多い俳優というわけではなく、地道にコツコツと積み上げてきたものを誰かが見てくれていたんだなと感じてます」と継続の重みを噛みしめ、感激の面持ち。「これからもコツコツと新しい波を起こし続けて、素敵な俳優として、なにかを届けられるような存在になっていきたいなと思っています。支えてくださったみなさまに感謝しています」と未来を見つめていた。

女優部門受賞の奈緒は「このような希望ある賞をいただいて、光栄に思っています」とニッコリ。「出会いにたくさん恵まれてきた。これからも、みんなと一緒に波を起こしていけるように精進していきたい」と誓った。クリエイター部門の受賞者、杉原監督は「この賞を獲れたのも、現場で頑張ってくれるキャストの皆さん、わがままに応えてくれるスタッフの皆さん、特撮を愛してくれるファンの皆さんのおかげ」と感謝しきりだった。

コロナ禍でオンライン開催に踏みきった同映画祭だが、“ゆうばり部門”ことファンタスティック・ゆうばり・コンペティション部門の審査員長を務める清水崇監督は、「多種多様な作品が揃っている。今年はHuluでどこでも、誰でも観られる。夕張に行けないのは悲しいけれど、世界中の皆さん、なるべく多くの方に観ていただければ。皆さん、一緒に映画を楽しみましょう」と呼びかけていた。

取材・文/成田おり枝