1990年代からアジア映画に出演し、「マイティ・ソー」シリーズでハリウッド進出して以降、ますますボーダレスな活躍が目覚ましい俳優、浅野忠信。『インデペンデンス・デイ』(96)、『2012』(09)のローランド・エメリッヒが監督した最新作『ミッドウェイ』が現在公開中だ。
今後も、妻夫木聡らと出演した中国映画『唐人街探案3(原題)』やジョニー・デップと共演した『MINAMATA』が待機中の浅野が、俳優としてコロナ禍でなにを思ったのか。自身の経歴を振り返り、意外な本音を明かしてくれた。

『ミッドウェイ』は、第二次世界大戦で日本とアメリカが命運を分けたミッドウェイ海戦を描くスペクタクル巨編でありながら、日米両サイドの軍人やその家族にまつわる人間ドラマが織り込まれた群像劇としても見応えがある。主人公は『トランスポーター イグニション』(15)のエド・スクラインが演じる米軍のパイロット、ディック・ベスト大尉で、浅野は山本五十六海軍大将(豊川悦司)の部下である山口多聞少将役を演じた。
浅野は「とても重要な役をいただいたなと思いました」と感謝する。「実在の多聞さんはものすごく優秀な方で、映画のなかでも重要な役割を果たしているので、もちろん出演は即決しました」。

北欧系アメリカ人の祖父を持つ浅野は、戦争映画に出演する際いつも自分のルーツについて考えざるを得ないと言う。
「戦争映画を観たり、自分が戦争映画に参加したりする時、この戦争がなかったとしたら、果たして僕は存在していたのだろうかと考えてしまいます。あの時、アメリカが勝ったから、米軍がやってきていろんな仕事をし、そこでうちの祖父と祖母が出会って僕の母親が生まれたわけだから、そう考えると複雑な気持ちにはなります」。

■「戦争ほどバカげたことはないと、僕は思っています」

1942年、ハワイ諸島北西のミッドウェイ島に、巨大な航空母艦や“大和”を含む戦艦、戦闘機、急降下爆撃機、潜水艦などが出動し、日米軍が激闘を繰り広げた。劇中で再現された兵士たちの激戦や司令官たちの緊迫した頭脳戦には息を呑む。山口多聞少将が南雲忠一中将(國村隼)らのジャッジに納得がいかず、自らの立場にジレンマを抱えるというシーンもある。

「多聞さんは頭のいい人だから、戦況や日本軍の司令官などの偉い人たちが考えていることを常に捉えて、先手を打っていきたいタイプの方だったのではないかと。考える時間もないなかでいろんな作戦を練りますが、上官の命令は絶対に聞かなければいけないから自分が思うように軍を動かせない。本当に複雑な状況で自分の役割を全うしていくんですが、僕なら耐えられないと思います」。

上官の山本五十六海軍大将役を演じた豊川については「豊川さんが自分の上司役で良かったです。日本でも共演させていただいてるし、信頼できる先輩が上官役をやっているという心強さがありました」と笑顔で語る。

真珠湾の奇襲攻撃からミッドウェイ海戦に至るまで、すさまじい戦闘シーンが展開される。疑似体験とはいえ、俳優として戦火に身を置くと「本当に戦争は恐ろしい」と常々実感させられるそうだ。

「以前、戦場カメラマン役をやったことがありますが、本当にこの弾丸が当たったら死ぬという状況がリアルにあったんだなと思いました」と、過去に主演を務めた『地雷を踏んだらサヨウナラ』(99)の撮影時を振り返った。

「海外での撮影で鉄砲を使う時は、スタッフさんが『中に弾丸が入っていません。これは偽物です』と、ちゃんと俳優さんに見せてくれるんです。実際の戦争では、いきなりバンバン!とやり合うわけですから、とても恐ろしいこと。丸焦げの死体の人形が置いてあるだけでも、気持ち悪いですし。さらに戦闘機や戦車を使い、とんでもない威力の爆弾を爆発させるでしょう。いまでも世界で同じようなことが繰り返されていますが、戦争ほどバカげたことはないと思います」。

緊迫感あふれる戦闘シーンが満載の本作だが、現場はとても穏やかな雰囲気だったそうだ。本作を率いる指揮官であるエメリッヒ監督の人となりについて、浅野は「とても温厚でやさしい方。現場が慌ただしくなることが一度もなかったのは、監督の人柄によるものかと」と語った。

「現場にはあまり撮影に慣れてない若い俳優の方もいたけど、監督がとても優しく接するので、彼らの緊張がどんどんほぐれていくんです。それにより俳優同士の関係性もよくなり、リアリティがどんどん出ていきました」。

■「いまは配信作品があるから、誰にでも平等にチャンスがある気がします」

『バタアシ金魚』(90)で映画デビューした浅野だが、早くも20代前半に海外進出を果たした。ウォン・カーウァイ監督作『wkw/tk/1996@/7'55"hk.net』(96)を皮切りに、クリストファー・ドイル監督作『孔雀 KUJAKU』(99)や、2003年ヴェネチア国際映画祭コントロコレンテ部門主演男優賞を受賞した『地球で最後のふたり』(03)など、コンスタントに世界各国の映画に出演してきた。

「僕は、なぜか若いころから、そういう機会に恵まれてきました。ありがたいことに僕には、いい先輩がいっぱいいたんです。特に永瀬正敏さんは、僕が俳優をやりだしたころ、すでにジム・ジャームッシュ監督の『ミステリー・トレイン』に出演されていて、俳優業は日本に限らず、世界中の人と一緒に仕事ができるんだなと思っていたんです。永瀬さんは兄貴のような存在で、僕は弟のように、兄貴がやることを真似していった感じです。でも、しばらく経って周りを見てみると、実はそうでもなくて、僕はたまたまここに来られたのか、と気づきました」。

浅野は「得たチャンスが次のチャンスにつながっていく」と言い、「例えば、僕がハリウッドに行けたのは『モンゴル』に出演したことが大きかったです」と、ドイツ・カザフスタン・ロシア・モンゴル合作映画で、第80回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた同作を引き合いに出す。

「『モンゴル』の全米公開が決まり、そのあとでアメリカのプロデューサーと出会ったことで、『マイティ・ソー』に出演できることができたんです。アメリカのエージェントが決まったので、その後もアメリカでの仕事が持続できたわけですから。今後ももちろん、海外からオファーをいただけるのなら、どんどんやりたいですね」と語る一方で、「いまはNetflixやAmazon Prime Videoなど、いろいろな配信作品があるから、誰にでも平等にチャンスがある気がします。ましてや英語じゃなくて、日本語のまま世界中で活躍できる時代が来たので、より一層おもしろい時代になったと思います」と配信メディアの可能性についても語る。

■「コロナ禍で、『もう、日本映画だけでいいのかもしれない』と思いました」

コロナ禍となるいまについて、浅野は「いままでだったらどこかの国だけで起こっていたようなことなのに、いまや世界中が危機に瀕している。そのなかでもインターネットがものすごく広まったことで、みんなが情報を共有できるという次の時代が始まった気がします」と捉えている。

そのうえで、俳優業について「僕はこれまで世界中でいろんな映画に参加させてもらってきましたが、コロナ禍で『もう、日本映画だけでいいのかもしれない』と思いました」と告白。そこには海外でもキャリアを重ねてきた浅野ならではの特別な想いがあった。
「いまや、インターネットで世界が地続きとなり、みんながつながったからこそ、極端ですが海外に出なくても、日本人として日本で映画を撮っていればいいのかなとも思い始めたんです」。

まさに、コロナ禍ならではの発想だ。「海外に行けないし、海外から人も来られないとなったのなら、これを機会に、より自分の国のことを見つめ直したほうがいいのかなと。もしも、僕が海外に行って仕事をしてなかったとしたら、きっと憧れが強かったと思いますが、実際に行けば行くほど日本の良さがわかるわけで、自分が日本人だということを実感するようになったんです」。

また、『ミッドウェイ』がコロナ禍で公開されることについて、浅野は「この映画に限らずですが、映画をコロナを経験した目線で観てしまうことが多いかもしれない」と言う。

「この映画で描かれた当時で言えば敵国ですが、いまだと、戦っている相手がコロナウイルスとなります。同じ“戦う”という言葉を使っていいのかどうかはわからないけど、想像もしなかったウイルスが世界中で猛威を振るういま、我々はなにとどう戦っているんだろう?と思ってしまいます」と感慨を語った。

最後に、「エメリッヒ監督はいつもダイナミックな映画を撮るのですが、本作も絶対に映画館で観たほうがおもしろいと思います。映画館の方たちも最善を尽くして感染予防対策をしてくれているので、ぜひ映画館へ足を運んで観てください」と締めくくった。

取材・文/山崎伸子