ディズニー・アニメーションの名作を実写映画化した『ムーラン』(ディズニープラス会員プレミアアクセスで公開中)の日本語吹替版でムーラン役を射止め、声優に初挑戦した明日海りお。宝塚の男役トップスターとして名を馳せた彼女は、退団後、初の大仕事となったムーラン役にどうアプローチしていったのか。単独インタビューで本作に込めた想いを尋ねた。

ムーラン役をオーディションで勝ち取った明日海は、もともとディズニー映画の大ファン。好きなディズニー映画を尋ねると「いっぱいありすぎますが」と言ったあとで「『塔の上のラプンツェル』ですね。『アラジン』や『リトル・マーメイド』、『眠れる森の美女』も好きです。在団中には、舞浜アンフィシアターでコンサートをした際に、ディズニーソングを歌ったりもしていました。だから、ムーラン役が決まった時は、なんてラッキーなめぐり逢いなんだろうと、勝手に運命を感じました」と明るく話す。

『ムーラン』のあらすじはこうだ。国家の命運を懸けた戦いを目前にして、一家に1人、男性を兵士として差し出さなければいけないという命令が下る。ファ家の娘であるムーラン(リウ・イーフェイ)は、病気の父親に代わって男性と偽り、戦地へと向かう。

明日海は、初めて実写版を観た感想について「アニメーション版よりも少し大人向けになっている」と感じたそう。「ムーランの心情が細かく描かれていて、今回新しく登場したシェンニャン(声:小池栄子)という魔女と関わるなかで、ムーランがどういう決断をしていくのかという物語が奥深い印象を受けました。また、アクションはスピーディなだけではなく、一瞬一瞬が美しく丁寧に描かれていると感じました」。

ムーランというキャラクターについては「兵士として3つの徳、忠義、勇気、真実に誠実に向き合いながら、家族や仲間のために戦っていく。シンパシーを感じるというよりは、見習わなければいけないところばかりで、私にとっては尊敬の対象でした」とリスペクトを口にする。]

■「これまでの概念を捨てて、委ねてみようと思いました」

宝塚時代には、「ロミオとジュリエット」でロミオとティボルトの2役を、「ベルサイユのばら」でオスカルとアンドレの2役を演じたりと凛々しい男役でスポットライトを浴びてきた明日海だけに、「ムーランは、女性でありながらも兵士に扮し、男性に混じって戦場に赴くという設定なので、私がいままでやってきたことが活かせるんじゃないかと思いました」と、気合十分に臨んだ。

ディズニーファンとあって、「これまでの作品で、ディズニーのヒロインたちがどういう声を出していたのかと思い、いろいろな映画を観て参考にしようと思いました」とリサーチをしたそうだが、実際、アフレコ収録の現場へ行くと「すごく緊張してしまいました」と述懐。

「でも、吹替え版の監督やスタッフさんはいつも穏やかで楽しくて、『いいものを作りましょう』という熱い方たちだったので、自分の用意していたものやこれまでの概念を捨てて、委ねてみようと思いました。だから、作品の持つ雰囲気や、聞こえてくる音、相手との芝居のなかで生まれたものを、素直に出していった感じです」。

また、アクションシーンについては、「宝塚の舞台で、10代のころから武器を持って戦う兵士役を多数演じてきたので、そこは今回のアフレコに活かせたなと思いました」と手応えを口にする。「舞台で立ち回りをする時、安全のために相手と息を合わせるんです。例えば、『ハッ!』とか、『フッ!』という掛け声などがそうで、やられる時も実際に傷つけ合うわけではないので、ちゃんと『オオーッ』という声を出すのですが、それが今回、とても役に立ちました」。

■「どんどん進化していけるような役者になりたい」

特に難しかったのは、声を出すタイミングを画に合わせることだった。「映像に何秒で話せばいいかという目安をカウントする数字が映しだされるですが、声優の仕事は初めてだったので、その分数や秒数を見て、かなり焦ってしまいました」。

声のトーンについて、参考にした舞台があるかと尋ねると「なにか、引っ張ってこれるものはないかといろいろ考えたんですが、ムーランはムーランで独立したキャラクターなのでイチから役作りしたんです」とのこと。「私のファンで、声を知ってくださっている方は、『あの作品で演じていた、あの役の声の高さだね』と思われるかもしれませんが、男役の時の発声よりはずっと女性寄りになっていると思います」。

今後、目指したい女優像について尋ねると「宝塚の舞台を離れて、まだ1年も経ってないのですが、声優のお仕事はもちろん、ほかのお仕事でも、表現の方法はたくさんあるんだなと思いました。だから、それぞれの分野ごとに習得しなければいけない技術が山程あると実感したので、どの世界でも、自分なりに少しずつ身につけていけたらいいなと思います」と意欲を見せる。

憧れの女優は、「すてきな女優さんはいっぱいいらっしゃるんですが」と前置きしつつ、深津絵里や安藤サクラの名前を挙げる。
「自分自身が、どんどん進化していけるような役者になれればと思っています。また、ジャンルについても、求められればなんでもやっていきたいので、頑張って体を鍛えていきたいです」

この日はムーランのごとく、情熱的な赤いドレスをまとっていた明日海。その凛とした美しさと気高さは、『ムーラン』そのものだと思った。

取材・文/山崎伸子