山田洋次監督が原田マハの同名小説を映画化する『キネマの神様』(2021年公開)より、W主演を務める沢田研二と菅田将暉のほか、宮本信子、永野芽郁が演じる主要人物のキャラクタービジュアルが解禁された。

当初、菅田とともに主演を務める予定であった志村けんの急逝、現今の状況下による撮影中断などの悲しみや困難を乗り越え、新たに志村の遺志を継ぐ沢田を迎えて撮影が再開された本作。家族にも見放されたダメ親父に、“映画の神様”がもたらす奇跡の物語が紡がれる。

ギャンブル漬けのゴウ(沢田)は、妻の淑子(宮本)と娘の歩にも見放されたダメ親父。しかし、そんな彼にも “映画”という愛してやまないものがあった。若き日のゴウ(菅田)は助監督として撮影に明け暮れるかたわら、食堂の娘である淑子(永野)に恋をし、映写技師のテラシンと夢を語らい、青春の日々を駆け抜けていた。それから半世紀後の2020年、ゴウがかつてお蔵入りとなった自らの初監督作品『キネマの神様』の脚本を発見したことで、沈みかけていたゴウと家族が再び動き始める。

沢田が現在のゴウを、菅田が青年時代のゴウを二人一役で演じ、宮本と永野もまた、ゴウを支える淑子をそれぞれ演じている。このたび公開されたキャラクタービジュアルでは、カチンコを片手に映画への情熱をみなぎらせる若き日のゴウの姿や、愛情いっぱいに微笑む若き淑子の姿などを活写。彼らの記憶の断片を映しだすかのような淡い光が差し込み、一枚の静止画にもかかわらずゴウや淑子の人生を想像できるものに仕上がっている。

ただひたすらに“映画”を愛し続けた男を通して描かれる、時代を超えた愛と友情、そして家族のありよう。日本映画界を代表する山田監督とキャストのもと、いま再び公開へ向けてスタートを切った本作に注目したい。

文/トライワークス