映画は“時代を映す鏡”である。いまの世の中が抱える社会問題を取り扱った“社会派ドラマ映画”は、これまでも国境を超え、観る者の心を揺り動かしてきた。

特に近年日本では、第87回アカデミー賞外国語映画賞部門に出品されたほか、第38回モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を受賞した『そこのみにて光り輝く』(14)以降、『恋人たち』(15)や『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『万引き家族』(18)、『新聞記者』(19)などの社会派ドラマ映画が次々と現れ、いずれもカンヌ国際映画祭パルムドールという快挙や、日本アカデミー賞で最多受賞を達成するなど、国内外の映画賞でも”お墨付き”な作品ばかり。

これらの作品のテーマとなるのは、貧困や労働問題、複雑な人間関係、政治権力の闇など、我々がいままさに直面している根深い課題ばかり。『そこのみにて光輝く』では、世代を超えて続く負のスパイラルを断ち切れぬまま、社会の底辺で生きる登場人物たちの過酷すぎる生活環境が映しだされていたし、きつい現実や理不尽さに苦しみながら幸せを求めて生きる人々の絶望と再生を描く『恋人たち』も強烈な印象を残す。

主要キャスト全員が新境地を拓いた『彼女がその名を知らない鳥たち』は、心の奥底に渇望を抱える人々の歪んだ究極の愛を観る者に突きつけ、『万引き家族』では、年金だけでは暮らせず、生活費を万引きで稼ぐ一家の血のつながりを超えた“絆”が描かれ、現実の事件を彷彿とさせる権力とメディアの“闇”の関係を描いた『新聞記者』は、日本社会のタブーに切り込んだ作品として世の中を騒然とさせた。
そしていま、新たな社会派ドラマ映画として注目を集めている作品が、32歳の若さでこの世を去った歌人、萩原慎一郎の生前唯一の歌集を映画化した『滑走路』(11月20日公開)だ。

■他者の痛みに寄り添いつつ、明日への希望を詠んだ歌集を又吉直樹も絶賛!

萩原が短歌を始めたのは高校2年生の時、俵万智のサイン会に参加したことがきっかけ。中学、高校時代に遭ったいじめを起因とする精神不調に悩まされ、自宅療養と通院で、時間をかけて大学の通信制を卒業したあとは、アルバイトや契約社員など非正規雇用で働きながら、短歌を詠み続けた。各種短歌大会へ意欲的に応募して受賞を重ねてきた彼にとって、歌集を刊行して、新人として本格的にデビューすることは長年の夢だった。しかし、2017年、本作の出版が決まり、あとがきの原稿を提出したあと、その出版を待たずにこの世を去った。第1歌集となるはずの「歌集 滑走路」は、痛恨の遺歌集となった。

いじめによって心に深い傷を負い、希望に沿った就職も不可能に…。そんな逆境のなかでも、弱者に寄り添いながら、親しみやすい口語表現で日々の感情やささやかな幸せ、せつない恋心などを詠んだ、繊細でみずみずしい歌の数々。又吉直樹が「クローズアップ現代+」(NHK)で絶賛し、有吉弘行も自身のラジオ番組で紹介、韓国のテレビ局でも取り上げられるなど、多くの人々の共感を呼び起こした同書は歌集としては異例のベストセラーとなった。

■歌集をベースに、生きづらさのなかでもがく人々を映す群像劇として映画化

歌集の映画化といっても、映画『滑走路』は萩原の人生をモデルにしたものではない。あくまで原作歌集をモチーフにしたオリジナルストーリーの作品だ。本作で商業映画デビューを果たした監督、大庭功睦と、『OVER DRIVE』(18)や劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』(12月25日公開)を手がけてきた脚本の桑村さや香は、原作歌集の読者たちが自身の体験を反映させながら短歌を読んでいるという事実にインスピレーションを受け、現代の生きづらさのなかでもがいている人々の連帯を主軸に据えた群像劇として本作を構想した。

■激務に追われる若手官僚、社会不安に悩む女性、いじめの標的となった中学生の物語

毎日終わりのない激務に追われ、精神科医のもとに通う厚生労働省勤務の若手官僚、鷹野(浅香航大)の苦悩と葛藤。30代後半に差しかかり、社会不安に悩まされるなかで、子どもを持つかどうかの選択を迫られる切り絵作家の翠(水川あさみ)と、高校の美術教師である拓己(水橋研二)の夫婦関係。加えて、幼なじみの裕翔(池田優斗)を助けたことをきっかけに、今度は自分がいじめの標的になってしまった中学生の学級委員長(寄川歌太)と、彼の数少ない友人であるクラスメイトの天野(木下渓)のささやかな交流。これら3つのエピソードが柱となり、物語は展開していく。

中学生からその親世代まで、多様な男女の人生がミステリアスに交錯。実力派キャストと、500人の応募者の中から選ばれた期待の若手キャストたちによる、静けさのなかに心の叫びを秘めた迫真の演技が、観る者の胸に鋭く突き刺さる。

■対立する存在の視点もしっかりと描き、双方の理解を深める

注目すべきは、本作のストーリーが社会的“弱者”の目線から描くだけでなく、社会的“強者”と思われがちな官僚側の視点も盛り込まれていること。人間関係とは、絶対不動のものではない。多くの場合、対立する存在として描かれがちな権力側もまた、理想と現実との間でもがき苦しんでいる姿をきっちりと描いていることは、双方の理解を深めることにつながっていくに違いない。

奇しくもコロナ禍によって世の中は、本作が撮影された時よりもはるかに厳しい状況に置かれている。新型コロナウイルスの感染拡大は非正規雇用の人たちを直撃し、解雇や雇い止めの問題も急増。ソーシャル・ディスタンスが浸透するとともに、人との距離感も変わり、社会の分断や対立、他者への不寛容はますます悪化している。そんななかで、非正規雇用、いじめ、過労、キャリア、自死、遺族といった、現代を生きる人々が抱える問題を真正面から描いた『滑走路』は、他人の不幸に無関心な現代社会への警告であり、将来への願いを込めた、いままさに観るべき社会派ドラマ映画だと言えるだろう。

文/石塚圭子