「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が、累計発行部数100万部超の人気コミックを実写映画化した『ブレイブ ‐群青戦記-』。新田真剣佑、三浦春馬、松山ケンイチが出演する同作の公開日が2021年3月12日(金)に決定し、特報映像とティザービジュアル、追加キャストがあわせて発表された。

集英社「週刊ヤングジャンプ」で、異色の”部活×青春×歴史”作品として熱狂的なファンを獲得した人気コミック「群青戦記 グンジョーセンキ」を原作とする本作。戦国時代にタイムスリップした高校生アスリートたちVS戦国武将という異色のバトルアクションと、仲間を守るために戦い結束、成長していく高校生たちのドラマが描かれる。

これまで、スポーツ強豪校に通う主人公・西野蒼を新田、蒼を導く松平元康(後の徳川家康)を三浦、蒼たちの前に立ちはだかる織田信長を松山、蒼の幼なじみの遥を山崎紘菜が演じることが発表されていた。今回、鈴木伸之、渡邊圭祐、濱田龍臣、鈴木仁、飯島寛騎、福山翔大、長田拓郎、足立英ら追加キャストが解禁。蒼と同じく戦国時代へタイムスリップした高校生たちの役どころとなるようだ。

特報は、蒼たちがそれぞれの競技種目の“武器”を手に対陣を組む、勇ましい姿からスタート。弓、木刀、グローブ、バット、サーベルを手にしてヘルメットを被り、”織田信長の砦“を目指す彼らの姿と、蒼に刀を突きつける元康、不敵にほほ笑む信長が映しだされる。また、ティザービジュアルでは無数の刀が地面に突き刺さった戦場で弓を手にする真剣な眼差しの蒼が配置され、彼らが挑む戦いの壮絶さを物語る仕上がりとなっている。

日本を代表する高校生アスリートたちは、はたして信長の砦を陥落させることができるのか?そして時現代へ無事に帰還することはできるのか?いまだベールに包まれた本作の公開を楽しみに待とう。

文/足立美由紀