「蹴りたい背中」などで知られる綿矢りさの同名小説を、のんと林遣都の初共演で映画化した『私をくいとめて』(12月18日公開)。本作の追加キャストとして橋本愛の出演が明らかとなり、あわせてポスタービジュアルと本予告映像が解禁された。

同じく綿矢の原作を基にした映画『勝手にふるえてろ』(17)に続き、大九明子監督がメガホンをとった本作は、31歳を迎えた独身女性と年下男子が織りなす不器用な恋の物語。脳内にいるもう一人の自分であり相談役の“A”とともにおひとりさま生活を満喫していたみつ子(のん)が、年下営業マンの多田くん(林)との思いもよらぬ恋に戸惑いながらも一歩踏みだしていく様を描く。

橋本が演じるのは、みつ子の親友で妊婦の皐月。2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来7年ぶりとなるのんとの共演に橋本は、「今回、役としてお互いが目を合わせた時の、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらいなか、心の会話の気持ちよさを強く感じました。超超楽しかったです」と撮影を振り返った。対するのんも「かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。でも、愛ちゃんの方から本読みをしたいと声をかけてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。楽しかった!」と、再共演の喜びを語っている。

また、5.1chサラウンドでニューミックスされた大滝詠一の名曲「君は天然色」が劇中歌に決定。同曲が彩る本予告映像には、多田くんとの恋に一喜一憂するみつ子の姿が収められている。多田くんの気持ちを確かめたいと思いつつも行動に移せないみつ子は、脳内相談役の“A”に自虐やボヤキを炸裂。さらに、心を乱されたみつ子が感情をぶちまけながら涙する姿も映しだされ、人間味あふれるヒロインを体現したのんの魅力が詰まった内容となっている。

なお、本作は10月31日(土)〜11月9日(月)まで開催される第33回東京国際映画祭の「TOKYOプレミア2020」部門への招待も決まっており、11月5日(木)に行われる舞台挨拶には監督とキャストの登壇も予定されているとのこと。チケットは10月24日(土)より、東京国際映画祭公式サイトにて発売開始となるので要チェックだ。


<キャスト コメント>

●橋本愛(皐月役)

「(出演のオファーをいただいていかがでしたか?)大九監督と綿矢りささんの最強コンビネーション作品に参加できることがうれしくて、撮る前から早く観たい!とお客さん気分でわくわくしました。とにかく脚本がおもしろくて、ポップでチャーミングなのに人間の深淵を描いていて、漫画を読んでいるようなライト感がありながら、ドッと心臓が鳴るような読後感。これこれ!とうれしくなりました。

(皐月という役柄に関して、ご自身で考えたことや大九監督とお話したことなどがあればお教えください)皐月は原作で描かれた人間性をベースに、映画ではもっとみつ子との関係性に特化して、また一番いまの時代が投影されるキャラクターになりました。はたからは幸せに見える条件がそろったような人でも、内実不安や恐れに毎日襲われていて、その弱さが見えた時、みつ子を救うといいな、と。監督とは、みんな生まれながらのおひとりさまなんだ、という話をして、その言葉を大事に抱えて最後まで演じたつもりです。

(久しぶりののんさんとの共演はいかがでしたか?)あまりに久しぶりで、最初はとても照れました。それに、昔の私は相当やりづらかっただろうなという、懺悔の気持ちを常に持っていました(笑)。でも今回、役としてお互いが目を合わせた時の、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらいなか、心の会話の気持ちよさを強く感じました。超超楽しかったです」

●のん(みつ子役)

「(橋本愛さんとの久しぶりの共演はいかがでしたか?)かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった!その時の私は、好きな人にうまく話せない男の子のようでした。でも、愛ちゃんの方から本読みをしたいと声をかけてくれて、みつ子と皐月のやりとりで心を通わせることができたように思います。そしてなんと言っても再び親友役。これ以上ない相手でした。楽しかった!」

文/トライワークス