『あん』(15)の河瀬直美監督が、直木賞作家、辻村深月のヒューマンミステリーを映画化した『朝が来る』(公開中)。第93回米アカデミー賞“日本代表作品にも決定した本作で、夫婦役を務めた永作博美と井浦新。役を“演じる”のではなく、その役として“生きる”ことを求められる河瀬組に、2人はどう挑んだのか?脚本を読んだ時に「怖かった」と、同じ感想を持った永作たちは、並々ならぬ想いで本作に挑んだようだ。

2人が演じたのは、不妊治療を行ったが、実の子を授かることが叶わず、「特別養子縁組」によって、14歳の中学生、片倉ひかり(蒔田彩珠)が生んだ男の子を養子に迎え入れた栗原佐都子(永作)と清和(井浦)夫婦。夫婦は、朝斗と名付けた息子と幸せな毎日を送っていたが、6年後、朝斗の産みの母親「片倉ひかり」を名乗る女性から、「子どもを返してほしい」という電話がかかってくる。

井浦は脚本を読んだ際に「この本に書いてあることを、これから自分自身が体験をしていくんだと思うと、正直、恐ろしくなって、読み終わるのに、ものすごく時間がかかりました」と恐れを抱いたそうだ。

「ちょっと読んでみては、『このシーンは一体どうなるんだろう?』と想像しつつ、自分が実際にこの作品に入った時、果たしてちゃんと立っていられるんだろうかと、考えてしまいました。僕自身も家族を持っていますので、正直、怖さのほうが大きかったです。挑みがいはもちろんある役だと思いましたが、河瀬監督作品は、ただ台詞を覚えていってできるような現場じゃないと聞いていたので、どうなるんだろうと不安になりました」。

小説と同じように、映画でも、栗原夫妻と、片倉ひかりの人生が、並行して描かれていく。永作は「最初に原作を読んだ時、それぞれのシーンがきちんと想像できる点が、すごいなと思いました。特に、ひかりのパートは、どんどん彼女の人生が加速していったので、この先を読みたくないと思うほど怖かったです」と述べた。

■「実際に全部、現地へ行って、“彼らにとっての過去”を経験していきました」(永作)
永作が演じた佐都子は、どんなことが起きても誠実に向き合っていく芯の強い心の美しい女性だ。「佐都子はすごくきれいに描かれていたので、どういう人間を作っていったらいいのかと思い、悶々としていました。脚本を読んだあとも同じような印象でしたが、そこはきっと、現場で監督や皆さんと台詞を交わすことで、探っていけるんだろうなと思っていました」。

河瀬組では、役を演じるのではなく、役を積み重ねるということで“役積み”という言葉を使う。永作が「本編で、『昔、デートで行ったよね』とか『こんなプレゼントをしたよね』という台詞があるんですが、それらも、実際に全部、現地へ行って、“彼らにとっての過去”を経験していきました」と言うと、井浦も「カメラは回っていないので、画には映ってないのですが、クランクインする2か月くらい前から、河瀬監督の映画作りに巻き込まれていきます。すべてが演出なんです。いや、演出という言い方自体がちょっとぴんとこないかもしれない」と、河瀬組ならではのアプローチ方法に、戸惑いつつも、くらいついていったそうだ。

もちろん、その役積みの成果は、クランクインした時に、実感できたという永作。「例えば、3人家族の栗原家のシーンを撮る時、朝斗(佐藤令旺)と一緒にいる時間をすでに過ごしているので、3人の隙間がちゃんと埋まっています。自然と、私のことを『お母さん』と言っている朝斗がいました。そこが、河瀬監督の言うところのリアリティなのかなと」。

■「そりゃあもう、魂は削れますが、それは本当に幸せなことです」(井浦)
「撮影も時間軸に沿って、完全な順撮りで行われました」と言う井浦。「だから、すでに撮っている未来のシーンを考えてから、足し算や引き算をして芝居をすることは一切なかったです。物語と同じように1日、1週間、1か月が過ぎていくから、心の動きがそのまま次のシーンへとつながっていく。変になにか芝居をしようとも思わず、目の前で起きたことに対して、そのまま反応していくだけの状態になっていくんです」。

すなわち、永作と井浦は、佐都子と清和として、様々な問題と対峙し、葛藤していったそうだ。「それはもう苦しいんですよ」と苦笑する井浦。
永作も「普段、自分が生活している時と同じように、その場その場で真剣になって、いろいろな決断をくださなければいけなかった。脚本に書かれていないことや、知らないことが、本番でたくさん起こるから、河瀬監督には気を許せなかったです」と、常に現場では気が張っていたそうだ。

井浦も「本当にそう」とうなずく。「今日もきっとなにかが起きていく、と身構える日々でした。自分に与えられた台詞があっても、河瀬監督は、常にそれを超えるものを目指していますから。言ってみれば、役者がそこでなにを感じて、どう生きているのかを記録しようとされていく感じです。心の動きやそれぞれの葛藤がそのまま積み重なっているものが映像に映されていきました」。

その結果、河瀬組では、「とても充実した時間を過ごせた」と、口を揃える2人。永作「今回は、“役積み”という、あまり経験できなかった準備期間をとってもらえたことは本当にありがたかったです。なによりも、頭で考えた芝居ではないものを出せたという点が、役者として、とても幸せなことでした」と至福の表情で話す。

井浦も「そりゃあもう、魂は削られますが、それは本当に幸せなことです」と言葉をかみしめる。「虚構なのに、嘘がなくなってしまう現場なんですから」。そう言いながら、微笑みあった2人。ぜひ永作たちが紡いだ、真実のドラマをスクリーンで堪能してほしい。

取材・文/山崎伸子

※河瀬直美監督の「瀬」は旧字体が正式表記