婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」の男女逆転版「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1(Amazon Prime Videoにて独占配信中)が、10月30日(金)に配信されるエピソード8でついにフィナーレを迎える。個性豊かな17名の男性参加者たちが奮闘する姿を見て、視聴者が“推しメン”を応援するなど、SNSでも話題を呼んでいる本作。彼らが心を射止めようとする日本版初代“バチェロレッテ”は、沖縄出身のセレブ・モデルでスポーツトラベラーの福田萌子。言葉を重んじる萌子さんが放つ一言は、男性たちの心を揺さぶり、“未来の結婚相手”という役割を超えて、まるで彼らの“先生”のような存在に。今回、男性たちを奮い立たせた彼女の名言や、印象に残った男性参加者たちの言葉を紹介しよう。

■「ちょっとだけ飛び抜けてると、みんな言ってくるのよ。でもそのユニークなポイントをもっと伸ばしちゃえば、この人面白い!ってなるじゃない」(福田萌子)
エピソード2で、生まれ育った沖縄の美しさを共に満喫するなか、ブラジル出身の歌手、當間ローズに彼女がかけたのがこの言葉だ。苦労してきた自身の生い立ちや日本での出来事、歌手になろうと思ったきっかけなどをローズが語った際に、彼の個性や才能をもっと伸ばしていけば良いと、励ましの言葉を贈った。初対面から愛の歌を至近距離で歌い上げたローズの一見やりすぎにも見えるアプローチさえも、ユニークさだと肯定する彼女の“肯定力”に感動する視聴者が続出!

■「つらいときが成長する時だよ! レッツエンジョーイ!」(福田萌子)

エピソード3では、身体を動かすことが得意な彼女が、全員でのワークアウトを提案。地獄のようなハードトレーニングを行い、バテまくる男性たちを前に、笑顔で言ったのがこの言葉だ。男性のなかには「超ドS」「死ぬかと思った」と振り返る者もいたが、「しんどいときって人間性が出てくる」と、参加者のパーソナリティを見極めることがねらいだったことを明かす。極限状態になると、誰もが本音をこぼしがちになるので、絶賛恋活&婚活中の視聴者にとっても「なるほどね〜!」と納得できるうえ、笑顔で鬼トレーニングをする彼女がだんだんと“先生”に見えてくるのもこのエピソードあたりから。

■「カッコもつけません。飾りもしません。すべてをさらけだします」(榿澤涼太)
エピソード5の“ある場面”で、北海道出身の28歳の金融業、榿澤涼太が伝えたのがこの言葉だ。彼女に伝える直前、ほかの男性参加者たちと熱いバトルを繰り広げ、やっとの想いで萌子さんへの気持ちを伝えた榿澤。終始一貫して、不器用ながらもまっすぐに想いを伝え続ける彼の姿を見たスタジオMCのナインティナイン、岡村隆史が「ついに『バチェロレッテ』の名場面、出ましたよ!」と発言してしまうほど、ドラマチックな瞬間だった。

■「私は人を表紙で判断することはない。逆にある人が“他人を表紙で判断する人”と前もって判断しちゃ駄目だよ」(福田萌子)

エピソード6で、外見は外国人に見えるが、北海道生まれ北海道育ちの23歳通訳、エバンズ・マラカイに、萌子さんが本に英語で記して贈ったのがこの言葉だ。もともと初対面で彼女に、「本を表紙で判断しないでください(人を外見で判断しないで)」と英語で記した本をプレゼントしていたマラカイ。それに対してのアンサーでもあるこの言葉だが、今回の「バチェロレッテ・ジャパン」では、国内外問わない男性参加者がいるなか、“人を見た目で判断しない”萌子さんの真骨頂が示された場面でもある。マラカイが、「先生です」と言うほどの度量の広さを見せる彼女に対し、「かっこいい!」と言う女性視聴者からの声も。

■「たまらなく好きです。萌子さんのこと考えると、成長できるし変われるし、びっくりする明日になる。いまの自分がすごく好き。生きるのに必要不可欠になっちゃったんですよ」(杉田陽平)
エピソード6で萌子さんに、三重県出身の35歳画家、杉田陽平が放ったのがこの言葉だ。芸術家らしく、最初はナイーブな一面が強く出ていた彼だが、エピソードを重ねるごとにたくましく成長し、彼女に愛を告白するまでに成長。才色兼備な萌子さんは、相手の外見やステータスには興味がなく、どれだけ“人間的魅力”があるかを最も重視する。うわべだけの薄っぺらな愛情表現をしても、“心の目”で人となりを見る萌子さんに、バッサリと切り捨てられていく男性参加者も…。そんななか、杉田のこの言葉は萌子さんの胸を打ち、視聴者をも感動の渦に巻き込んだ!

■「ハハハハハハハ(涙を流しながらの苦笑)」
エピソード6のローズセレモニーで、ある男性参加者が脱落した際に中国出身の33歳実業家、黄皓が漏らしたのがこの泣き笑い。バチェラーとして登場してもおかしくないハイスペックな彼は、これまで男性たちの前では自信家の顔ばかりを見せ、憎まれ口を叩いてはほかのメンバーと距離を取っていたが、ライバルのはずの男性参加者が脱落することになり、泣き笑いしながらハグ。彼以外の男性たちも涙を見せて肩を寄せ合うのだった。長い時間を共にすることで、男性たちの間では、しっかりと“友情”が育まれていたことを萌子さんが目撃した場面に思わずほっこり。

■「旅の終わりは、私が決める。もちろん、後悔はありません」(福田萌子)
エピソード8の予告映像で、最後のローズセレモニーを前に放ったのがこの言葉だ。どんな時も相手の心と自分自身に向き合い、男性参加者のみならず、視聴者にまで、人生における“気づき”を与えている萌子さん。セレブであることはもちろんだが、自分の意見をはっきりと言葉にして伝えるそのスタンスからも“女性が男性を選ぶ”という「バチェロレッテ・ジャパン」の趣旨に、これ以上ぴったりな人物はいないと感じさせられ、とくに恋に悩む女性視聴者には勇気を与えてくれる潔い言葉なのだ。

恋愛模様を楽しむのもよし、男性参加者たちの成長ぶりや友情物語に微笑むのでもよし、萌子さんの達観した言葉に恋愛や人生のヒントを見つけるのでもよし。いろいろな魅力満載の「バチェロレッテ・ジャパン」を観て、自分だけの楽しみ方を見つけてみてはいかがだろうか。

文/かわむら あみり