毎年、10月最終週の土日に東京・池袋東口エリアで開催される大型イベント「池袋ハロウィンコスプレフェス(略称:池ハロ)」。今年は「池袋ハロウィンコスプレフェス ONLINE コスプレ大感謝祭2020」と称し、オンラインでのみ実施されるが、毎回会場まで足を運んでいたコスプレファンにとっては、現地の熱気を直に体験できないのは寂しいところ…。ということで、MOVIE WALKER PRESSでは、過去の「池ハロ」を振り返るリポート記事を作成。会場で見つけた美麗コスプレイヤーたちの写真を、前後編の2回に分けて紹介する。

こちらの記事でピックアップするのは、昨年開催された「池袋ハロウィンコスプレフェス2019」(2019年10月26日・27日開催)。2日間で12万3000人(コスプレ参加者は2万1000人)が来場し、大盛り上がりとなった同イベントだが、参加者の衣装を見てみると、この頃からすでに「鬼滅の刃」が人気で、同作のキャラクターに扮したコスプレイヤーが多数集結。「鬼滅の刃」レイヤー同士で集まり、併せを楽しんでいたグループの姿も各所で見られた。

もちろんそのほかにも、バーチャルYouTuberのキズナアイ、輝夜月をはじめ、「アズールレーン」や「ラブライブ!」「アイドルマスター シンデレラガールズ」「ジョジョの奇妙な冒険」といった、コスプレイベントではお馴染みのアニメ&ゲームのキャラクターたちも勢ぞろい。いずれも会場を沸かせていたが、なかにはさらに“一捻り”を加えた衣装で参加していたコスプレイヤーも。

ハロウィンということもあり、“既存のキャラクターがさらに何らかの仮装をした姿”にこだわった参加者も多く、魔女に扮した「Re:ゼロから始める異世界生活」のレム、バニーガール姿の「ダーリン・イン・ザ・フランキス」のゼロツー、メイド服を着た「FAIRY TAIL」のルーシィ、エルザといったヒロインたちが集結。それぞれに撮影のための長蛇の列ができていたのも印象的だった。

まだまだ油断は禁物ではあるものの、大勢のサブカルファンから期待されている各種コスプレイベントの再開。
「ワンダーフェスティバル2021[冬]」(2021年2月7日、幕張メッセにて開催)など、一部のイベントは開催日程が発表されているので、こちらの記事でコスプレに興味を持たれた方は、それらへの参加を目標に、“宅コス”でメイクの練習に励んでみてはいかがだろう。

取材・文/ソムタム田井