姿を消した息子(岡田健史)が殺人事件の加害者か被害者かわからない。犯罪者であってほしくないと世間体を気にする父(堤真一)と、生きていてくれさえすればいいと望む母(石田ゆり子)との葛藤を描くサスペンス・エンタテインメント『望み』(公開中)。少年犯罪というデリケートな事件だからこそいっそう、登場人物の心情表現や設定のディテール描写に作り手の手腕が問われる。

警察監修を担当したのは、「サギデカ」や「MIU404」など多くの人気ドラマや、映画の警察監修を行っている五社プロダクション。「刑事ドラマに3割のリアルを」をモットーに犯罪もののエンタメ性を保持しつつ、根っこは犯罪抑止のために日夜、心を砕く。警察監修とはどういう仕事か。『望み』に描かれた少年犯罪をどう見るか、監修を担当した志保澤利一郎に取材を行った。

――『望み』の警察監修を引き受けた時、まず、どういうことから手掛けられましたか?。
「“警察監修”には、作品の企画段階から参加する場合と、すでに出来上がった準備稿などのチェックから参加する場合の2種類があります。『望み』は準備稿から参加しました。まずは準備稿の中の警察関連の描写部分にチェックを入れ、問題点をあげ、スタッフからあがった疑問点についてやり取りして、合意点を見つけます。それから、各役者の所作や現場設定を随時ご指導させていただき、撮影が始まると、現場の要請があれば現場指導もします」

――『望み』の現場設定はどういうふうになっていたのでしょうか。
「車のトランクから死体が出てくる場面から警察が関わってきます。この時点では、少年事件か成人事件かわからないので、まずは所轄と本部主管課が動きます。そこから、捜査一課を胴元(元締め)にするのか、少年捜査課を胴元にするのかを見極めます。今回は、少年事件と判断されたことで少年捜査課主導による捜査本部になりました。画面上では少ししか映っていなくとも、その裏にあるたくさんのリアルを、作品を邪魔しない範囲で、できる限り再現したいと考えて監修に当たっております」

――少年課ならではの捜査の仕方や対応の仕方がありますか。
「成人事件で刑罰を課す目的は、罪を償わせ、再犯を防止することです。一方で少年事件の場合は、少年の健全育成、性格の矯正、立ち直りを目的としています。基盤は少年の健全育成がベースですから容疑者への扱いも違ってきます。かいつまんで申しますと、健全育成を目標に捜査活動を行い、刑事手続き、あるいは裁判、処分の方法も成人事件とは異なります」

――『望み』では事件の状況が明確に家族に伝わってこないため家族が揺れ動くことが映画のおもしろさになっています。実際はどれくらい情報を明かすものなのでしょうか。
「基本的には、捜査情報は教えられないのが原則です。捜査の過程を話したことによって被害者の方たちに不安を生じさせてしまいますから、極力、説明しません」

――なにもわからないまま刻々と過ぎていく時間が、家族にとって途方もなく長く感じます。映画で描かれた事件の調査は、あれくらいの時間がかかるものですか。
「映画では次々と結論が出てくるほうで、本来、もっと時間がかかります。1、2年かかることも稀ではありません。この物語では結論が速いほうとはいえ、こういう状況での一日の長さは平穏な日々とはまったく違うもので、永遠のように長く感じる、本当に苦しい一日が描かれていると思いました。自分の子どもを信じたいけれど、不安も出てくる。『あの時こうすればよかった…』などという逡巡が一日において何度となく繰り返される。そういう心情がものすごくよく出ている作品だと感じました」

――担当の2人の刑事たちがクールな印象です。皆、こういうものなのでしょうか。
「こういう局面において、刑事は誰しも冷静さが求められるものです。ちょっとしたひと言でも、ものすごく重いものになりかねないので、言葉遣いには細心の注意を払わなければいけませんし、喜怒哀楽を表に出してもいけません。『望み』では、息子が加害者なのか被害者なのか、右も左もわからない状況下における両親の葛藤がテーマですから、担当の刑事が両親の気持ちを落ち着かせながら、粛々と捜査を進めていくところを強調するように指導させていただきました」

――堤幸彦監督がお話されていたことで、2人の刑事が夫婦に話を訊く時に、質問担当ではないほうが、答えていないほうの表情を観察するので、目線の動かし方を意識して撮っていたそうですが、そういうものなのでしょうか。
「それはあります。監督にその話を現場でしたかもしれませんし、警察ものを多く手掛けている監督だからご存知だったのかもかもしれません。質問を担当しない刑事は、まず相手方の挙動を見ます。やり取りをしている人が目配りできない部分を、同席者がフォローします。取り調べでも家族との接触でも同じことですが、一つの質問にも様々な意味があります。とはいえ、家族を共犯者と見ているわけではありません。あくまで捜査の一環です。こういった裏付けを積み重ねたことで捜査が成り立つものですから、担当の刑事はすべての情報を知り得ようとつとめます。なるべく平穏な時に本当の話を聞き出すことも重要で、相手がなにかを隠していると思ったら、本当の話を聞き出すために、話題を変えるなど、あの手この手を駆使していく。そのための2人体制なのです」

――ほかに、本作にリアリティを込めた部分はありますか?
「刑事の野田が『行方不明者届けを出されたほうが…』と提案する流れは、全国に捜査網を広げるために必要な手続きだと思いました。あくまでもご両親の意思に基づいて行われるものであって、警察主体では行えないので、ご理解をいただくことが大事なんです」

――ちなみに、松田翔太さんが謎めいた記者役を演じていますよね。ああいったマスコミの存在というのは、警察にとってはどうなのでしょう。
「物語上、そういう役割が必要だから仕方ないのですが、ああいう行為は被害者の方に過度な不安を与えますから、極力していただきたくないというのが私たちの本音です(笑)。マスコミとの関わり方で言うと、定例で回ってくる記者に、差し支えない範囲しか話しません。そうしないと捜査に支障をきたしますから。逆に、広報活動として必要な場合、マスコミに情報を投げてもらうことはあります」

――映画で起こる夫婦の意見の違いのようなことに実際、対応した経験はありますか。
「どの事件でも多かれ少なかれあるものです。一つの事件において、当事者の意見が全員一緒ということはほとんどありえません。『望み』では奥さんのお母さんが張り詰めた空気を抜いてくれるような存在になりますが、そういう人が必要だと思います。2人で解決できないことも、第三者がいて解決できることがあるんです」

――お話を伺って、『望み』は捜査に関しても、当事者の解決策に関しても、リアリティに基づいて描かれていることを感じます。
「『望み』の脚本を最初に読んだ時、この夫婦と同じような状態になったら…と考える人は大勢いると思いました。いざ当事者になるとパニックになりますが、映画だと冷静に観ることができますから、この作品が、犯罪の抑止になることを願います」

――五社プロダクションは様々な映画やドラマに関わられています。志保澤さんはどのような作品に関わられていますか。
「最近監修させていただいた作品ですと、NHKの『サギデカ』やカンテレの『TWO WEEKS』などがあります。両方とも企画段階から参加させていただきました。『サギデカ』は、まさに現在、問題視されている高齢の方を対象にした悪質な特殊詐欺を題材としたドラマで、これはなんとしても皆さんに見てもらって抑止面で貢献できればという強い気持ちがありました。この番組においては、現場指導をする機会がございまして、かなりリアルな出来上がりの作品になったと自負しています。『TWO WEEKS』も現場指導にあたる機会が多く、主演の三浦春馬さんの演技は抜群でした。野山を疾走するシーンを見たとき、その俊敏さと、演技力のすばらしさに感動を覚えました」

――『望み』に出演されている岡田健史さんの出演作「MIU404」も五社プロダクションさんが監修です。
「残念ながらこちらは私の担当ではないのですが、伝え聞いたところ、『MIU404』の脚本家の野木亜紀子さんがものすごく取材熱心な方で、各専門家にお会いして指導を受けたいという申し出が五社プロに入りまして、数名の担当者が担当しました。機動捜査隊をベースにした番組で、そこで重要なのは無線です。通信指令室の無線担当に関する指導をさせていただきました。所作ではおもに星野源さんの所作指導を担当しております」

――作品に描かれる犯罪のジャンルによって、担当スタッフが違うのでしょうか。
「五社プロのスタッフは元警視庁の警察官が中心ですから大体の犯罪のパターンはわかっております。交番勤務だった者、警察署内の事務職だった者、刑事だった者と専門は多岐にわたります。刑事でも、刑事事件、少年事件、薬物事件、それぞれの専門分野に分かれています。私は現役の頃、刑事でしたから刑事事件を担当することが多いです」

――五社プロダクションさんは「刑事ドラマに3割のリアルを」というモットーを掲げられていらっしゃいますね。
「このキャッチフレーズは五社プロの創立メンバーである飯田裕久が考えたものです。警察のリアルを伝えることはひじょうに難しいものですから、3割を五社プロの警察監修の最低限の基準にしています。実際の捜査を100%リアルに表現しようと思うと、地道な捜査の積み重ねですから、ドラマや映画としておもしろくなくなってしまいます。3割のリアルが、観客にとっておもしろく、かつ、現場にも影響のない、いい塩梅なんです。基本線はなにかというと、第一に、現職の後輩たちに迷惑をかけない、捜査を妨害しないこと、第二に、捜査手法を詳細に伝えることで犯罪を助長しない。この2点を常に心がけて監修にあたらせていただいています。あくまでメインは“防犯”です」

――「犯罪を抑止したい」という想いが志保澤さんのお仕事の一番のモチベーションですか。
「現職で刑事をやっていた私が退職したのち、なにができるか考えた時、警察監修の仕事に携わることで、少しでも犯罪を抑止し、あるいは防犯面に役立つ情報をお伝えするということでした。ドラマや映画を参考にして、犯罪に関わることがないようにと常に願いながら作品に参加させていただいています」

取材・文/木俣冬