東映の岡田裕介代表取締役グループ会長が、11月18日午後10時58分、急性大動脈解離により都内の病院で逝去、満71歳だった。

1949年に京都府で生まれた岡田会長は、1970年に森谷司郎監督の『赤頭巾ちゃん気をつけて』で映画俳優デビュー。その後も岡本喜八監督の『ブルークリスマス』(80)や大林宣彦監督の『ねらわれた学園』(81)、深作欣二監督の『火宅の人』(86)などに俳優として出演。

岡本監督がATGで手掛けた『吶喊』(75)で主演兼製作を務めたことを契機にプロデュース業に転身すると、『宇宙からのメッセージ』(78)や『動乱』(80)などのヒット作を輩出。1988年に東映株式会社に入社し、2002年に代表取締役社長に就任。2014年からは代表取締役グループ会長を務めていた。

プロデューサーとしては『華の乱』(88)や『北の零年』(05)など、吉永小百合の主演作を数多く手掛けてきたことでも知られ、吉永が主演を務め成島出監督がメガホンをとる『いのちの停車場』(2021年公開予定)では陣頭指揮を執っていたが、同作の完成を待たずしての急逝となった。

東映の代表取締役グループ会長のほか、日本映画製作者連盟の会長や日本アカデミー賞組織委員会名誉会長、「映画館に行こう!」実行委員会顧問などを兼任し、日本映画界の発展に尽力された岡田会長。心よりご冥福をお祈り申し上げます。


<コメント>
●手塚治 東映株式会社 代表取締役社長
「本当に突然の訃報であり、驚きと悲しみに包まれ、未だ動揺のさなかであります。まだまだご活躍をしていただきたかったし、教えて頂きたかったこともたくさんありました。この悲報は、東映のみならず、映画産業の、日本の文化全体においても大きな損失です。我々は、この悲しみから必ずや立ち直り、岡田会長の志を継いで、東映の伝統を守り育て成長させていくことを誓います。これまでの皆様のご厚情に感謝申し上げるとともに、今後とも東映株式会社のへのご助力とご協力をよろしくお願い申し上げます」

●吉永小百合
「信じられないことです。お疲れが溜まっていらしたのですね。これから映画の完成まで、どうぞお力を私達に与えてください。見守ってください」

文/久保田 和馬