映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」が、東京都調布市にて2021年2月5日(金)〜2月28日(日)まで開催される。このたび本映画祭で、2018年2月の「さよなら日劇ラストショウ」以来の劇場興行となるスタジオジブリの『となりのトトロ』(88)が上映されることが決定した。

調布市文化会館たづくり、調布市グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布にて開催される本映画祭。今回上映が決定した宮崎駿監督の『となりのトトロ』は、スタジオジブリが制作当時の35ミリフィルム初号試写に限りなく近づけて作成したDCPでの上映となっており、イオンシネマ シアタス調布の最大スクリーンである席数526席、幅約20メートルの大型スクリーンで上映され、迫力満点の映像と音響環境で楽しむことができる貴重な機会となる。

また本映画祭では、開催に先立って約6か月間に渡り、調布市内在住、在勤在学、イオンシネマ シアタス調布に来場された方を対象に上映作品を募集。2019年9月1日〜2020年8月31日までに国内の商業映画劇場で有料で初公開された日本映画が対象となり、投票総数6302票の上位作品のなかから本年度は『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(19)、『惡の華』(19)、『蜜蜂と遠雷』(19)、『記憶にございません!』(19)、『水曜日が消えた』(20)、『カツベン!』(19)、『Fukushima 50』(20)の7作品が上映されることが決定した。

ぜひこの機会に本映画祭に足を運んで、不朽の名作から最近の話題作までスクリーンでじっくりと堪能してみてはいかがだろうか。

文/富塚沙羅