マライア・キャリーと言えば、クリスマスになるとコンサートを開催し、昨年は25年前の大ヒット曲「All I Want For Christmas Is You」が、全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)で3週連続首位の座に輝くなど、まさにクリスマス・クイーン。そんなマライアが、このたび自身のクッキーブランドを立ち上げた。

立ち上げにあたり、マライアが組んだのはロバート・アールという人物。プラネット・ハリウッドや数多くのレストランなどを所有し、シルヴェスター・スタローンが主演を務める「エクスペンダブルズ」シリーズのプロデューサーを手掛けるなど、幅広い分野で活躍するビジネスパーソンだ。

コロナ禍にピッタリのオンラインのみで販売されるマライアブランドのクッキー、「Mariah's Cookies」は、数年かけてコンセプトを練ってきたものだという。

定番以外にも、ホリデー・スペシャルのジンジャーブレッド、パンプキン、ホワイトチョコレートクランベリー味など、様々な組み合わせも可能で、6枚入りか12枚入りで販売。ナショナル・クッキー・デーの12月4日より、全米30か所でのデリバリーが可能になるが、「Food&Wine」などによれば、今年から来年にかけてさらに販売網を広げていくそうだ。

またマライアは、同日にApple TV+で「Mariah Carey’s Magical Christmas Special」の配信が決まっており、マライアのクッキーを食べながらスペシャルイベントを鑑賞できるこの日は、マライアファンにとって特別な日になりそう。また、今年は「All I Want For Christmas Is You」が全英チャートで1位を獲得すること間違いなしと言われており、今後もマライアの快進撃は続きそうだ。

NY在住/JUNKO