2021年最初となる1月2・3日の週末映画動員ランキング。昨年末に歴代興収1位を記録した『鬼滅の刃』の勢いはまだまだ止まらない。

■歴代興収1位の『鬼滅の刃』が数字を伸ばし続ける

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が土日2日間で動員42万5000人、興収6億7800万円をあげ、12週連続で首位をキープ。累計では動員2548万人、興収346億円を突破しており、今後どのような記録を打ち立てていくのかに注目が集まっている。

ほかの既存作品では、動員18万7000人、興収2億5800万円をあげた『新解釈・三國志』が前回の3位からワンランクアップして2位に。累計では動員227万人、興収30億円超えのヒットとなっている。

初週4位でスタートを切った『映画 えんとつ町のプペル』は、動員11万5400人、興収1億6500万円をあげて3位に浮上。同じく2位でスタートしていた『劇場版ポケットモンスター ココ』は動員11万5000人、興収1億3900万円とし、惜しくも4位に順位を下げる結果に。

■大ヒットした『新感染』の続編を観た人の感想は?

新作からは、『新感染半島 ファイナル・ステージ』が7位にランクインしてトップ10入り。高速鉄道内での謎のウィルス感染拡大によるゾンビパニックをスリリングに描いてスマッシュヒットした『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)の4年後が舞台で、『MASTER/マスター』(16)や『ゴールデンスランバー』(18)のカン・ドンウォンが新たに主演を務め、前作に引き続きヨン・サンホ監督をメガホンをとっている。

高速鉄道内での濃厚な人間ドラマが描かれた前作から一転。今作では、ゾンビの巣窟と化した韓国を舞台に終末世界でのサバイバルが展開される、かなりテイストの異なる作品に。
鑑賞した人も前作との違いに驚いている様子で、「『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編かと思いきや、『ワイスピ』の続編だった(笑)」や「『ベイビー・ドライバー』(17)と『北斗の拳』的な世界観に、『ワールド・ウォー Z』(13)を合わせたようなお正月映画にふさわしい快作だった」、「『マッドマックス』とか『北斗の拳』のような修羅場の連続だった」といったコメントが公式SNSに集まっており、劇中のアクション、特にカーチェイスを絶賛する声が相次いでいる。

今週末の公開作品には、東山紀之が10年ぶりに映画主演を務める『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のほか、『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《前編》』や『銀魂 THE FINAL』といった人気アニメの劇場版が。『鬼滅の刃』の勢いを止めることができるのか、週明けのランキングから目が離せない。

文/サンクレイオ翼