山本英夫の伝説的カルト漫画を綾野剛の主演で実写映画化した『ホムンクルス』(4月2日公開)。このたびメインキャストの注目シーンが写した場面写真20点が一挙解禁された。さらに映画だけのオリジナルストーリーの存在が明らかとなった。

人間の心の闇が視覚化する衝撃のサイコミステリーが描かれる本作。『犬鳴村』(20)や『樹海村』(2月5日公開)の清水崇監督がメガホンをとり、成田凌、岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽ら豪華実力派が集結するほか、4月2日(金)より期間限定で先行上映された後にNetflixでの全世界独占配信が決定している。

記憶も感情も失くしたホームレスの名越進(綾野)は、7日間の期限で報酬70万円を条件に頭蓋骨に穴を開ける“トレパネーション手術”を受け、人間の深層心理を視覚化する能力が発現。右目を瞑って左目で見ると人間が異様な形に見えるようになる。

解禁された場面写真では、名越が右目を隠す象徴的なワンシーンに加え、彼に手術の話を持ちかける医学生・伊藤学(成田)の不気味さ漂うシーンなど。

ほかにも名越に関わる女子高生(石井)、名越に深層心理を覗かれるヤクザの組長(内野)の姿、岸井演じる“謎の女”と名越の意味深なシーンも切り取られ、その物語の行方も気になるところ。

さらに今回の映画では、原作にはないオリジナルな展開も描かれていることが明らかに。原作ファンはもちろん、衝撃の物語にさらなる期待が高まる!

文/富塚沙羅