世界中で絶大な人気を誇る「美少女戦士セーラームーン」。シリーズの実に25年ぶりとなる劇場版2作品、公開中の『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《前編》』に続き、『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《後編》』が本日より公開となった。そこで今回は、1990年代に製作された劇場版3作と今回の2作を紹介しながら、作品の歴史を振り返ってみたい。

■監督は幾原邦彦!フィオレと衛の関係を通して“愛”についてひも解かれる『美少女戦士セーラームーンR』

90年代アニメシリーズ第1期のヒットを受けて、1993〜94年にかけて放送された「美少女戦士セーラームーンR」。前作最終話のラストシーン時点の2か月後から物語が始まり、ダーク・キングダムとの戦いの記憶を失い転生したセーラー戦士たちの再集結や、普通の女の子でいたかったうさぎの迷いと再起などが描かれ、のちの主要キャラクターとなるちびうさも初登場した。

シリーズ初の映画化作品となる『美少女戦士セーラームーンR』(93)は、このアニメ第2シリーズの第88話から、ちびうさが30世紀の未来へ帰るまでの間にあたる物語で、謎の異星人フィオレとセーラー戦士たちの戦いが展開される。

つかの間の休日、うさぎは衛と植物園デートを楽しんでいた。そこへ突然紅い髪の少年が現れ、衛をおどろかせる。フィオレと名乗る少年と衛は、幼い頃に別れたきりの友達だったのだ。しかし、その背後では宇宙から来た悪の花、キセニアンがフィオレを操って地球征服を企てていたのだった。フィオレの友情に苦悩し苦戦するタキシード仮面。その苦境に陥った愛する人、そして地球を守るためにセーラームーンと4人のセーラー戦士たちが立ち上がる。

本作で初めて劇場作品の監督を務めたのが、のちに「少女革命ウテナ」や「ユリ熊嵐」、2019年に放送された「さらざんまい」などを手がける幾原邦彦。フィオレとはイタリア語で、本作のテーマにもなっている“花”という意味。

数年前にテレビアニメ25周年記念のイベントに登壇した幾原は、本作の物語について「(衛との関係を通して)愛がなにかを知らないフィオレが、それを理解する」ことだったと説明している。本作の同時上映作品として、うさぎやほかのメインキャラクターたちがセーラー戦士となる過程や激闘の軌跡をまとめた短編『メイクアップ! セーラー戦士』も公開された。

■美少女になったルナ(!)も登場する『美少女戦士セーラームーンS』

1994〜95年にかけて放送され、うさぎたち5人が中学3年生に進級し、ちびうさもセーラーちびムーンに覚醒。セーラーウラヌス、セーラーネプチューンの外部太陽系戦士、破滅の戦士セーラーサターンこと土萠ほたるなども登場した第3期「美少女戦士セーラームーンS」。
本作放送中に、原作者の武内直子が描き下ろした長編「かぐや姫の恋人」を映画化したのが『美少女戦士セーラームーンS』(94)で、うさぎのパートナーであるルナと、ある青年との出会いをきっかけに、プリンセス・スノー・カグヤとの戦いが描かれる。

風邪をひいて町中で倒れてしまったルナは、宇宙開拓事業団の一員で、彗星スノー・カグヤの発見者である青年、宇宙翔に助けられる。かぐや姫の存在を信じる彼の優しさに触れ、淡い恋心を抱くルナ。だがその頃、町では地球侵略を目的に、その彗星に乗ってやって来たプリンセス・スノー・カグヤとその手先であるスノーダンサーたちが大暴れしていた。人々が次々に氷に閉じ込められるなか、うさぎをはじめとしたセーラー戦士たちは立ち上がり、プリンセス・スノー・カグヤに戦いを挑んでいく。

セーラーネプチューン、セーラーウラヌス、セーラープルート、セーラーちびムーンも登場する本作。ルナにフォーカスしたストーリーが特徴で、“幻の銀水晶”の力によって彼女が人間の女の子に変身し、ウェーブがかかった長い髪をなびかせる美少女の姿を見せてくれる。

■セーラー戦士たちが子どもたちを連れ去る難敵に挑む!『美少女戦士セーラームーンSuperS セーラー9戦士集結! ブラック・ドリーム・ホールの奇跡』

1995〜96年にかけて放送された第4期「美少女戦士セーラームーンSuperS」は、“夢”というテーマが強調され、ストーリーの軸はちびうさとペガサス/エリオスの交流が中心となり、ルナとアルテミスの娘であるダイアナも登場。その映画化作品となる『美少女戦士セーラームーンSuperS セーラー9戦士集結! ブラック・ドリーム・ホールの奇跡』も、放送中の1995年に公開された。

まことのマンションでクッキーを作っていたうさぎたちは、ちびうさの形の悪いクッキーを笑う。傷付いたちびうさはそのクッキーを持って町に出て、ペルルという不思議な男の子と出会う。一方でうさぎたちは、世界中の子どもが夜中のうちに連れ攫われるという奇怪な事件を知る。
その夜、不思議な笛の音に操られるようにして、ちびうさがまるで夢遊病者のように外へ出ていった。それを知ったうさぎたちセーラー戦士は、敵の根城であるトルテ城へたどり着く。地球の支配をたくらむバティヤーヌは、夢多き子どもたちのエナジーを利用してブラック・ドリーム・ホールを成長させ、地球を飲み込もうとしていたのだった…。

ちびうさと、お菓子を踊らせることができる少年ペルルとのふれあいがファンタジックなタッチで描かれる本作。セーラー戦士9人の変身シーンもあり、ファンにとっても見応えのある作品に仕上がっている。

本作と合わせて、セーラーマーキュリーこと水野亜美を主役にした短編『美少女戦士セーラームーンSuperS外伝 亜美ちゃんの初恋』も同時上映されている。全国模試で同率1位を獲得した謎の受験生、メルクリウスという存在が気になる亜美。ライバル出現に熱くなる彼女はますます勉強に勤しんでいくが、極度の疲労状態に。その背後には不吉な影が迫っていた…。
亜美の高校受験中のエピソードで、普段知的なイメージの強い彼女のコミカルな一面が描かれている。エンディングに流れる名曲「“らしく”いきましょ」と亜美の晴れやかな笑顔がさわやかな余韻を残す、清涼剤的な好編に仕上がった。

■最新の映像技術で帰還!ちびうさの初恋も描かれる『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」』

2014年〜15年にかけて第1期と第2期がWEBで配信、2016年には第3期が地上波放送され、セーラームーン役の三石琴乃を除く声優陣が一新されたことも話題になった「美少女戦士セーラームーンCrystal」シリーズ。本作を映画化したのが、前後編で展開される『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」』だ。
90年代アニメシリーズの「美少女戦士セーラームーンSuperS」と同じく原作の「デッド・ムーン編」に相当する物語で、ペガサスのエリオスとちびうさの淡い初恋や、セーラー戦士たちの成長が物語の中心となる。

街が今世紀最大の皆既日食でにぎわうなか、うさぎとちびうさは、ゴールデン・クリスタルの封印を解く“乙女”を探すペガサスのエリオスと出会う。時を同じくして街には、悪夢の化身レムレスをばらまいて“幻の銀水晶”を手に入れ、月と地球、そして宇宙をも支配しようと目論む謎のサーカス団“デッド・ムーンサーカス”が出現。自分のせいで恋人の衛を危険な目に遭わせてしまうと悩むうさぎの一方で、ちびうさは自らを必要としてくれるエリオスに恋心を抱き始める。

原作者の武内を総監修に迎え、第3期に続いて「のだめカンタービレ」などの今千秋が監督を務める。音楽を重厚感あるサウンドで知られる高梨康治が担当するほか、90年代テレビシリーズでもデザインと作画監督を務めた只野和子がキャラクターデザインで参加していることも、ファンにとってうれしいポイントだ。

長きにわたってファンに愛され、いまなお熱く盛り上がり続ける「美少女戦士セーラームーン」。最新作とあわせて過去の劇場版も観直してみれば、その歴史をより深く実感できるはずだ。

文/サンクレイオ翼