『Shall we ダンス?』(96) に続き、『うなぎ』(97)、『孤狼の血』(18)で3度目の日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた名優、役所広司に、最新主演映画『すばらしき世界』(2月11日公開)について単独インタビューを敢行。本作を手掛けたのは、『ディア・ドクター』(09)や『永い言い訳』(16)などの実力派、西川美和監督だ。数多くの名匠と組んできた役所が、「いい意味で、ちょっと昭和の映画監督たちの匂いがします」と言う西川監督との撮影秘話を語ってくれた。

監督デビュー作『蛇イチゴ』(03)以来、自身のオリジナル脚本にこだわってきた西川監督。本作は、実在の人物をモデルにした佐木隆三の小説「身分帳」を原案にしつつ、舞台を約35年後の現代にスライドさせ、綿密な取材をして脚本に落とし込んでいる。役所が演じるのは、13年ぶりに刑務所から出所し、人生をやり直そうとする主人公、三上正夫役で、三上にすり寄るテレビマン役を仲野太賀と長澤まさみが演じた。

役所は三上について「今度こそはかたぎとなり、社会復帰しようと思っているけれど、彼自身、人間的な欠陥がたくさんある人」と捉えてアプローチしていったが、西川監督の演出を受け、軌道修正した部分もあったそうだ。

「最初のころは、三上がもっと世の中をなめているような男だと捉えていたんですが、西川監督から『もう少し真摯な態度でいきましょう』という演出を受けました。そこを少し変更してからは、スムーズに演じていけた感じがします」。

役所は、三上という役柄の詳細について、西川監督に尋ねることはなく、台本を読み込んで役にアプローチしたそうだが、その理由について「台本が監督の答え、あるいはヒントだと思っているので、どの監督にもそういうことは聞かないです」と言う。

「それは『僕の役は、どんな男ですか?』なんて聞いたら、『それはお前の仕事だろ』と言われるような監督と仕事をしてきたからかもしれません(苦笑)。また、それを聞いたところで、監督が理想とするものを自分が演じられるかどうかも分からないですし。だから最初は、自分が考えたものを監督に見てもらうところから始まります。監督から言われてそれを修正していくのが、俳優の仕事だとも思っているので」。

■「役作りのために訪れた旭川刑務所では、いろいろと考えてしまいました」

役所はクランクイン前、役作りのために、西川監督と一緒に三上が服役していた旭川刑務所を見学に訪れた。
「きっと我々には見せられなかったところもあると思いますが、綺麗で快適そうな刑務所でした。おそらく受刑者の人たちは、『客人のほうは見るな』と言われていたと思いますし、僕たちも見ないようにはしていたんですが、やはり作業しているところは見てしまいますね。なかには僕と同じぐらいか、もしくは年上の人もいました。旭川刑務所は殺人罪など、重罪の人が多いので、『このおじさんも人を殺しているのかな。何年もシャバに出られていないのかな』など、いろいろと考えてしまいました」。

そこで旭川刑務所の再犯率が5割だと聞いて驚いたという役所。「旭川刑務所を出て、最初に入ったコンビニで万引きをして、すぐに戻ってくる受刑者もいるらしいです。それほど、彼らを社会で受け入れてくれる人は少ないのかなと感じました」と、三上の境遇を重ね合わせたという。

役所はその時、過去に弁護士役を演じた周防正行監督作『それでもボクはやってない』(06)のリサーチで訪れた、裁判の傍聴席を思い出したそうだ。
「その時に裁判にかけられていた人が、65歳くらいのおじさんで。窃盗での再犯でしたが、検事から『あなたはまた刑務所に戻りたいから、監視カメラのいっぱいあるところでまた盗みをやったんじゃないんですか?』と問い詰められていました。その時、その人は泣いていたんです…」とやりきれない表情も見せる。

■「西川さんの撮り方は、昭和な感じ。妥協しないところは、是枝さんと同じです」
三上は、曲がったことが大嫌いで、困っている人を見過ごせない優しさと絶対的な正義感を持つ男だが、一度キレたら手がつけられないという怒りへの沸点の低さと粗暴さも併せ持つ。そんな三上にカメラを向けるのが、仲野太賀演じるテレビマンの津乃田だ。初めは元殺人犯でもある彼との距離感を測りかねていたが、やがて彼の誠実な人柄に惹かれていく。

銭湯で津乃田が、三上を思いやり、彼の背中を流すシーンが実に味わい深い。
「原案小説で佐木さんが取材を重ねた人物を書いたように、三上に、『あなたが生きた証をちゃんと書くよ』というような意味合いを持つシーンになっています。すごくいいシーンになりましたし、身に染みますね」。

役者としての仲野については「太賀くんは、いま、仕事がおもしろくてしょうがないという感じでした。彼は映画が大好きだし、すごくおもしろいし、これからが楽しみですよね」と笑顔を見せる。

それは、若いころの自分と重ねて見ているのではないかと尋ねると「いやいや、僕はあそこまで真面目じゃなかったです。あれくらい若い時代に、彼のようにもっと真面目に取り組んでいたら、僕はもっといい役者になっていたんじゃないかな」と苦笑する。

西川監督については、撮影前に監督の書いたエッセイを読んでいたそうだが「観察力がすごい人。作家としても、脚本家としても、映画監督としても、あの目でずいぶんいろんなことを観察している」という印象を持ったが、そこにユーモアのセンスも読み取ったようだ。
「本作にはけっこう何か所か笑えるところがあるんです。エッセイを読んでいても、役者やスタッフをすごく観察していて、ちょっと意地悪な目線もあります(笑)。だから、今後コメディをやると、 いろんなアイデアが出てきそう」。

さらに、欲しいカットには妥協を許さない西川監督について「昔気質の監督」と表現する。
「いまは、フィルムからデジタルに移行しましたが、西川さんの撮り方は、昭和な感じがします。やっぱり是枝(裕和)さんのところで勉強してきた方だから、必要なカットに時間をかけて、じっくりと撮っていく。そういう粘り強さがあります」。

それは、三上がこみ上げる感情に任せてラーメンをぶちまけるシーンの撮影でも実感した。
「いざやってみると、ラーメンが飛ぶ方向がなかなか上手くいかなくて。現場はほとんどがワンシーンワンカットでしたが、あのシーンでは、ぶちまけたあとで撮り直しとなると、スタッフが掃除をしてからやることになるので、すごく時間がかかります。思うカットが撮れなかったのか、『もう1回!』となって、何度か繰り返しました」。

役所によると、そんな西川監督の粘りは、『三度目の殺人』(17)での是枝組を彷彿とさせたとか。
「現場を修復するスタッフの大変さは監督もわかっていますが、しっくりこなかったんでしょうね。きっと、ここでOKを出して、後から後悔するのが嫌だったんだろうなと思います。是枝さんの現場でもそういうことがありましたが、絶対に妥協しないってところは同じでした」。

その結果、本作はすばらしいクオリティの人間ドラマに仕上がり、すでに海外の映画祭でも高い評価を受けている。第56回シカゴ国際映画祭では観客賞と最優秀演技賞(役所広司)の2冠に輝いた。
役所は「いえいえ、映画に力がないと個人賞はいただけないものですから」と恐縮したあと、「そのあとで観客賞も獲れたことが、ものすごくうれしかったです。やっぱりいろんな映画祭の賞があるなかでも、一番映画として価値がある賞だと思うので、本当にうれしかったですね」と目尻を下げて喜びを語る。

三上を通して、社会からドロップアウトした者の生きづらさや葛藤が描かれることで、それを取り巻く社会の不寛容さも浮き彫りにされていく本作。それに裏打ちされるように、人間の善意も問われていく点が、この作品に光を与えている。役所は映画のタイトル『すばらしき世界』からなにを受け取ったのだろうか。

「実は、タイトルは途中で変わったんです。最初は台本に原案と同じく『身分帳』とありましたが、監督がいろんな人の意見を聞きつつ、撮影したものを編集していた時に、候補にあった『すばらしき世界』に決めたそうです。僕もすごくいいタイトルだと思いました」と、しみじみ語った役所の穏やかな笑顔が、多くのものを物語っている気がした。

取材・文/山崎伸子