1月中旬から下旬にかけて発表され、話題になったアニメ関連のニュースをファンの声と共におさらい。西尾維新原作の新作テレビアニメ「美少年探偵団」や「ちはやふる」のリアル脱出ゲームなど、人気アニメに関する新情報を中心にご紹介する!

■「美少年探偵団」の第1弾PVが公開!キャスト情報も解禁に

「〈物語〉シリーズ」などで知られる西尾維新の小説「美少年シリーズ」を原作とする新作アニメ「美少年探偵団」。本作の第1弾PVが解禁となり、キャスト情報とあわせて、4月10日(土)よりABCテレビ・テレビ朝日系列で放送されることも決定した。

「美少年シリーズ」は、 2015年より刊行されている西尾維新の人気シリーズで、私立指輪学園を舞台に、 校内のトラブルを非公式非公開非営利に解決すると噂される謎の集団「美少年探偵団」の活躍を描く物語。「〈物語〉シリーズ」と同じく、アニメーション制作をシャフトが手掛け、総監督は新房昭之が担当する。また、メインキャラクター5人の声優も発表となり、双頭院学(そうとういんまなぶ)役を村瀬歩が、咲口長広(さきぐちながひろ)役を坂泰斗、袋井満(ふくろいみちる)役を増田俊樹、足利飆太(あしかがひょうた)役を矢野奨吾、指輪創作(ゆびわそうさく)役を佐藤元が務める。

この情報にファンからは、「PVを見る限りなかなか良さげだ」「悔しいくらいに想像通りの声で最高!」「これは観ざるをえない」といったコメントがSNSを駆け巡っている。早くも高い期待が寄せられているようだ。

■劇場版最新作『七つの大罪 光に呪われし者たち』が2021年夏に公開!

「週刊少年マガジン」にて約8年にわたり連載され、現在テレビアニメ第4期にして最終章となる「憤怒の審判」編が放送中の「七つの大罪」。本作の『七つの大罪 天空の囚われ人』(18)に続く劇場版最新作『七つの大罪 光に呪われし者たち』の制作が発表され、今夏に公開されることが明らかになった。

「七つの大罪」は、いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれてはいなかった古の時代を舞台に、7人の大罪人により結成された、王国史上最凶最悪の騎士団“七つの大罪”が世界の危機に立ち向かうヒロイックファンタジー。前回の劇場版に続いて、今回も原作者の鈴木央による完全オリジナルストーリーが展開され、最終章のその先を描いているとのこと。

この発表にあわせて、鈴木からのコメントも到着。「この映画、大罪本編ではあえて描かなかった要素がたっぷり詰まっています!!キングとディアンヌの〇〇〇とかメリオダスとゼルドリスの新たな関係性、名前しか出ていなかった〇〇〇と〇〇〇の登場、ラストバトルの〇〇〇戦、見なきゃ損ですよ!!」と、意気込みが語られている。

■「ちはやふる」のリアル脱出ゲームで競技かるたの世界を体験?

「BE・LOVE」にて連載中の末次由紀による少女漫画で、3度のテレビアニメ化に加え、広瀬すず主演で実写映画化もされた「ちはやふる」。競技かるたに情熱を注ぐ登場人物たちを描き、現実社会にもかるたの魅力を浸透させた本作をテーマとする「リアル脱出ゲーム×ちはやふる『新設かるた部廃部の危機からの脱出』」が、世界初&国内最大となる“謎”のテーマパーク「TOKYO MYSTERY CIRCUS」にて、3月4日(木)より開催されることとなった。

このゲームは、仲間と一緒に謎を解き明かすことで、参加者自身が“物語体験”を楽しむことができる体験型ゲームの「リアル脱出ゲーム」。プレイヤーは藤山高校かるた部の部員という設定で、瑞沢高校の綾瀬千早たちから競技かるたの極意を教わりながらチーム全員が一勝を目指すことになる。最大の特徴は、“謎解き”と“競技かるた”をかけ合わせた新感覚のゲームシステムで、読み手が読み上げる謎を解き、その答えに合った札を取りに行く「謎解きかるた」といった、実際の百人一首を使った謎解きと、競技かるたの白熱した試合を楽しむことができる。

■『劇場版 BEM』や「岸辺露伴は動かない」、「キルラキル」のグッズが手に入るオンラインショップが登場

映画配給会社のクロックワークスが、配給作品のオフィシャルグッズを販売するECサイト「THE KLOCKWORX STORE」を開設。同社に関連する映画やアニメ作品のグッズやパンフレット、DVDなどがオンラインで購入できるようになった。

2021年も、イ・ビョンホン主演で1979年に韓国で起きた朴正煕大統領暗殺事件を基にしたノンフィクションを映画化した『KCIA 南山の部長たち』(公開中)や土屋太鳳&田中圭共演の『哀愁しんでれら』(公開中)、病に侵された少女と孤独な不良青年との交流を描くオーストラリア発の青春ラブロマンス『ベイビーティース』(2月19日公開)といったバラエティあふれる作品を配給しているクロックワークス。実は数多くのアニメ作品も扱っており、現在公式サイトでは、『劇場版 BEM 〜BECOME HUMAN〜』(20)や「岸辺露伴は動かない 奇譚見聞録」「キルラキル」に「SSSS.GRIDMAN」といった劇場版からOVA、テレビアニメまで様々な人気作のグッズが、劇場や店舗へ行かずともスマートフォンやタブレット端末から気軽に手に入れられるようになった。

このほかでは、1月23日に予定されていた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開が、新型コロナウイルス感染症拡大の状況、それに伴う緊急事態宣言の発出という事態を受け止めて再延期に。残念がるファンの声が聞こえてくる一方で、29日の「金曜ロードSHOW!」で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q TV版』が放送された際に、葛城ミサト(声:三石琴乃)のナレーションによる劇場版最新作の予告がテレビ初公開されたことが話題になった。

文/サンクレイオ翼