歌手で女優のカイリー・ミノーグ(52)に、友人を介して知り合い2018年2月から交際している「GQ」誌のクリエイティブディレクター、ポール・ソロモンズ(46)との婚約説が浮上した。

「Metro」などによれば、歌手のビリー・パイパー(38)が、「ELLE」のインタビューで口を滑らせ、ソロモンズのことを「カイリーの婚約者」と呼んでしまったことが発端だという。その後、ソロモンズの義母グロリアが、「カイリーは素晴らしい女性。彼らが婚約したことはとても嬉しいしワクワクしています。でも、言わないように言われているので、それ以上は言えないんです」と語った。

恋多きミノーグだが、2005年のツアー中に乳がんであることが発覚した際には、フランス人俳優のオリヴィエ・マルティネスと交際しており、そのほかにもジャン=クロード・ヴァン・ダムやレニー・クラヴィッツと恋人関係だったこともある。2016年2月には、イギリス人俳優のジョシュア・サスと婚約し、結婚秒読みと言われていたが、1年後にサスの不貞により婚約解消を発表した。

その際にミノーグは、「結婚に憧れている女の子ではなかった」と語っていたが、2018年5月の自身の誕生日に、2月から交際していたソロモンズとの交際を認めていた。ソロモンズの家族とも良い関係を築いているというミノーグは、コロナ禍で様子を見ながら故郷のオーストラリア、メルボルンで年内に挙式を行う計画を立てているのではないかとも伝えられている。

文/JUNKO