『GODZILLA ゴジラ』(14)、『キングコング:髑髏島の巨神』(17)、そして『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(19)と続いてきた「モンスター・ヴァース」シリーズ。その待望の最新作『ゴジラvsコング』が5月14日(金)より日本公開されることが決定。あわせて日本版予告編が解禁された。

かつて日本で制作された大ヒット作『キングコング対ゴジラ』(62)以来59年ぶりの日米二大怪獣バトルが繰り広げられる本作。先日、YouTubeで全世界版予告映像が公開され各国のSNSでトレンド入りし話題に。そして、このたび満を持して本家「ゴジラ」シリーズ生誕の地・日本でのオリジナル予告の公開となった。

日本版だけの独自カットも追加された本映像ではコングと、その目の前に突如現われたゴジラとの巻の肉弾戦が映し出され、“地球最大の対決”に息を飲む。さらに、2大怪獣ををめぐる様々な思惑を抱く人類のドラマも描写。ゴジラの真意を探ろうとする者、コングと心を通わせる少女、そして『GODZILLA ゴジラ』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子、蓮の姿も。彼はいったいどんな役割を果たすのか?謎と期待が高まる。

ちなみに芹沢蓮を演じる小栗旬は今作でハリウッドデビューを果たすこともあり、その演技にも注目必至。なお、本映像は2月11日(木・祝)より全国の劇場でも順次上映される予定だ。

さらに、今回はゴジラとコングの海上決戦を切り取った場面カットもあわせて解禁。『キングコング対ゴジラ』では決着が付かなかった二大怪獣の対決。本作ではいかなる結果を迎えるのだろうか?究極バトルの勝敗を映画館で目撃しよう!

文/サンクレイオ翼