『新解釈・三國志』(公開中)などの鬼才俳優・佐藤二朗が、原作・脚本・監督・出演の4役をこなす映画『はるヲうるひと』。このたび同作の公開日が6月4日(金)に決定し、佐藤監督の最新コメント映像、作品を彩る山田孝之、仲里依紗、坂井真紀らの場面写真が解禁となった。

本作は、佐藤が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」で2009年に初演、2014年に再演され演劇界からも絶賛された舞台の映画化作品。山田、仲、坂井ら豪華キャストが集結し約5年をかけて完成させた佐藤渾身の一作。2019年度第35回ワルシャワ映画祭への正式出品に続き、第2回江陵国際映画祭にて最優秀脚本賞を受賞し、海外での注目も集めている。

佐藤は本作を「架空の島の売春宿で、生きる手触りが掴めず、死んだ様に生きる男女が、それでも生き抜こうともがく壮絶な闘いのおはなし」と説明。キャストが本作に込めたメッセージ=言霊は観る者の度肝を抜き、心に刺さりまくり、そして、生きるためのエネルギーを漲らせるはずだ。また「役者それぞれが、簡単には登れないような山にそれぞれ生傷を抱えながら、自分が生きる為に必死に登り詰める、そんな芝居を役者全員がした、奇跡のような作品」と、作品への自信が垣間見えるコメントも。

“笑え、殺したいほど憎くても”という強烈なコピーが象徴する、切なくも壮絶な世界観をスクリーンで体感しよう。

<スタッフコメント>

●佐藤二朗(監督・原作・脚本・出演)

「皆さん、こんにちは、こんばんは、佐藤二朗です。僕が監督をした映画『はるヲうるひと』、コロナの影響で公開が延期となっておりましたけれども、6月4日にいよいよ公開が決まりました。試写をご覧になったあるベテラン記者さんの言葉です。≪皆が皆、必死が滲むような芝居をしている。≫本当に、撮影期間中、役者それぞれが、簡単には登れないような山にそれぞれ生傷を抱えながら、自分が生きる為に必死に登り詰める、そんな芝居を役者全員がした、奇跡のような作品だと思っています。架空の売春宿という独特の空間を舞台にしたこの映画を、映画館という日常とは違う何物にも代えがたい空間でご覧頂きたい、そう思っています。6月4日です、いよいよ公開です」

文/タナカシノブ