エマ・ワトソンが、交際して1年半とみられる恋人のレオ・ロビントンと、すでに婚約したのではないかと報じられている。

「Daily Mail」などによれば、ブルーのマスクに白いTシャツとパンツ、ビーチサンダルを履いたエマが、ロサンゼルスのLAX空港に降り立つ様子が目撃されたそうだが、どうやらバレンタインデーを前に、メキシコに旅行に行っていたとか。脚を負傷した場合に使用するスクーターにソックスを履いた左脚を乗せていたことから、左脚を負傷しているようだ。それでもとても楽しそうなエマが、ウェービーなロングヘアにブルーのマスク、白いストライプのパンツに紺のシャツを着たレオと、駐車場で抱き合う様子などが捉えられているが、エマの怪我よりもメディアが注目したのは、エマの左手薬指に指輪が光っていたこと。

レオの薬指には指輪が光っていないことから結婚はしていないものの、メキシコで婚約をしたのではないかという憶測が流れている。

レオはロサンゼルス在住のビジネスマンで、かつて合法大麻の会社に勤めていたが、エマに出会う前に退社しており、現在の職業は不明。

2人は、2019年10月にエマの住むロンドンでキスしているところをパパラッチされ交際が発覚。昨年の11月にもロンドンで一緒にいるところをパパラッチされたことで、順調交際が続いていることが明らかになったが、まだ一緒に住んではいない様子。しかし、すでにエマは、レオを両親に紹介するなど真剣交際をしていると伝えられており、簡単に会えないコロナ禍で婚約をしても不思議ではない。今後の動向が注目されている。

文/JUNKO