『ヒメアノ〜ル』(16)、『犬猿』(18)の吉田恵輔監督が松山ケンイチを主演に手掛けた『BLUE/ブルー』(4月9日公開)。東出昌大、柄本時生、木村文乃が共演する同作で、ムビチケ前売券(カード)が2月26日(金)より発売されることがわかった。

本作は、それぞれが理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、ボクシングに人生をかける男たちの青春映画。情熱はあっても才能が無く試合に勝てない主人公の瓜田を松山、強さと才能をあわせ持つチャンピオン目前の後輩の小川を東出、モテるために始めたボクシングにのめり込んでいく新人の楢崎を柄本が演じ、成功が約束されていなくとも努力を尽くす挑戦者たちの熱い生き様を描く。

吉田監督が30年以上続けてきたボクシングを題材に自ら脚本を書き上げ、「流した涙や汗、すべての報われなかった努力に花束を渡したい気持ちで作った」と語る本作。『聖の青春』(16)以来5年ぶりの共演となった松山、東出、柄本ら3人は、ボクシングジムに通う役作りで撮影に挑み、リアリティのある試合シーンを完成させた。また、瓜田の初恋の人でありながら小川の婚約者というヒロインの千佳を木村が演じ、瓜田と小川の人間関係により深みを与えている。

また本作のムビチケ前売券(カード)では、特典として瓜田、小川、楢崎と彼らを見守る千佳の姿が切り取られた「特製ポストカード」(数量限定)が付いてくる。

挑戦者たちの恋と逆境と青春が熱い『BLUE/ブルー』。それぞれの想いが交差する人間ドラマの行方を見届けてほしい!

※吉田恵輔の「吉」は“つちよし”が正式表記

文/足立美由紀