“金魚すくい”を題材にした大谷紀子の同名コミックを映画化した『すくってごらん』公開記念舞台挨拶が3月13日にTOHOシネマズ日本橋で開催され、尾上松也、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、柿澤勇人、石田ニコル、真壁幸紀監督が登壇。本作で初ヒロインにして初ピアノに挑戦した百田が「松也さんとじゃなかったら、こんなにいろいろな挑戦ができていなかったと思う」と松也への感謝を語った。

歌舞伎界の若手ホープである松也が映画初主演を果たした本作。都会から遠く離れた地に左遷されたエリート銀行員の香芝誠(松也)が、⾦⿂すくいや街の人々との出会いを通して成⻑を遂げていく姿を描く。松也の主演抜てきについて、真壁監督は「歌が歌えて、主役としての花があって、コメディの要素もある作品で情けない男に見える人。その要素すべてを兼ね備えているのは、いまの日本に尾上松也さんしかいない」とキッパリ。「令和の喜劇俳優を求めていた。昭和の植木等さんみたいな人がいないかなと思っていた。松也さんがいた」と松也のコメディ力にも脱帽していた。

照れ笑いを見せた松也は「チャレンジングな構成になっている作品。原作には音楽的なところは入っていないけれど、(映画では)歌もふんだんに使われている。一抹の不安がよぎったくらい、ぶっ飛んだ脚本だった」と述懐。「そのチャレンジングな精神に共鳴した。これを形にしてやってみようという、監督やスタッフの心意気に惚れた」と喜んで参加したという。

香芝が一目惚れするミステリアスな女性、生駒吉乃役を演じた百田は、本作で吉乃として歌う主題歌と初経験となるピアノにもトライ。松也は「百田さんがピアノをソロで弾かれるシーンは、僕は撮影が休みだったんですが、どうしても見たくて現場に行った。完璧だった。それに感動して、みんなの気持ちが一気にひとつになった。すごく助かった」と百田のピアノ演奏に惚れ惚れ。

「私にとっても初めての挑戦がつまっている映画」と切り出した百田は、「楽器に触れる時間になると、どうしても後ろ向きになってしまった」と明かしつつ、「松也さんが一番近くで応援してくださった。ピアノのシーンの時も応援に来てくださったり、(ももクロの年越しイベント)『ももいろ歌合戦』という番組で、私のピアノ1本で松也さんと歌う企画の時にも、私がどんなに弾き間違えても『大丈夫、大丈夫。もう1回やろう』と常に言ってくださって、とても心強かった」と告白。「またお仕事でご一緒できる時には、もうちょっと成長してご一緒できるように、まだまだ頑張りたいと思います」と誓っていた。

柿澤や石田、真壁監督も松也の座長力を絶賛していたが、周囲の言葉に松也は「感動した。本当にうれしいです」とにっこり。「僕も映画で初めての主演だったので、とにかく楽しくやることがひとつの課題だった。キャスト、スタッフの皆さんもそういう空気でやってもらいたいと思っていた。そういう思いでひとつになれるメンバーが揃ったことは、奇跡的なこと。僕は、皆さんに救われた。皆さんじゃなかったら、やりきれなかったんじゃないかと思う」としみじみと語っていた。

取材・文/成田 おり枝