第42回日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を総なめにした映画『孤狼の血』(18)の続編『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)。このたび同作より、松坂桃李をはじめとする豪華メインキャスト陣らが圧倒的存在感を放つメイキング写真が解禁となった。

舞台は前作から3年後。伝説の刑事、大上(役所広司)亡き後、その意志を受け継いだ若き刑事の日岡(松坂桃李)。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、“悪魔の男”と呼ばれる五十子会上林組の組長、上林(鈴木亮平)の出所により事態は急転していく。本作は、原作シリーズでは描かれていない完全オリジナルストーリーとなっている。

解禁されたのは広島での撮影現場の様子をとらえた4枚のメイキング写真。スーツ姿の男たちに向けて拳銃を構える松坂や、尾谷組の花田優(早乙女太一)の口の中に拳銃を突き刺すアクションシーンに演技をつける白石監督など、真剣な表情の役者陣、緊迫感漂う現場の様子が収められている。

松坂演じる日岡は前作で見せた優等生な刑事の顔ではなく、髪をバッサリと切り、役所広司が演じた大上の後を継ぐようなワイルドな刑事へとレベルアップ。演じた松坂も「遂に前作『孤狼の血』のクランクアップ時にガミさん(大上)からいただいて、3 年間御守りのように肌身離さずもっていたライターの出番だ!」と意気込んでクランクインしたことを振り返っている。

白石組での撮影は「全スタッフ・キャストが心血注いでいる」からこそ、白石監督の笑い声聞こえると「やってよかった」と心の底から思え、次のカットも頑張ろうと思わせてくれるという白石マジックが自身が白石監督にハマってしまう理由だと明かした。

日岡と日岡を慕うチンタ(村上虹郎)が一緒に倒れこんでいるシーンや、“悪魔の男”、五十子会上林組の組長の上林と対峙する重要なシーンのスチールも公開され、激しいアクションや演技のぶつかり合いを感じさせる。

前作キャストに加え、新キャストも圧倒的な存在感を見せる本作。スタッフ、キャストが一丸となって前作を超えようとする思い、熱量を感じつつ、期待値を急上昇させながら、次なる解禁情報を待ちたい。

文/タナカシノブ