綾瀬はるかと西島秀俊共演の人気ドラマを映画化した『奥様は、取り扱い注意』が公開中だ。2人が演じたのは、元特殊工作員の菜美と公安エリートの勇輝という異色の夫婦役。大河ドラマ「八重の桜」(13)での兄妹役、「奥様は、取り扱い注意」シリーズでの夫婦役を通して深い信頼関係を築いた2人に、映画の見どころや激しいアクションの舞台裏について話を聞いた。

2017年に放送されたドラマの最終回では、勇輝(西島)が菜美(綾瀬)に向けて銃を撃つ!?という衝撃的な結末を迎え、放映後のSNSでは様々な憶測が飛び交った。
綾瀬は「人によって意見が違い、2人とも死んだのかとか、どちらかが撃たれて逃げたのか、違う人を殺したんじゃないかなど、いろいろな解釈が出ていましたが、映画では、あのあとでなにが起こったのかが、種明かしされます」と解説。

西島も「当時の反響はすごかったです。一体どうなってんだ!?と、怒られたこともあります(苦笑)。僕自身は、勇輝が菜美に銃を奪われて死んだと思っていました。なんて冗談ですが、そういうふうに考えた人もいたんですよね」と言うと、綾瀬も「いました!」と相づちを打ち「いずれにしても、めちゃくちゃ気になるという人が多かったです」と反響の大きさを口にした。

映画の時間軸はその半年後で、どうやら菜美は記憶喪失となったよう。2人は桜井久実と裕司と名乗り、珠海市という海辺の町に移住して穏やかな生活を送っていた。ところが、町が打ちだす新エネルギー源「メタンハイドレード」を巡り、開発反対派と市長率いる推進派の争いが勃発。そこにはロシアと結託した国家レベルの陰謀が潜んでいた!

■「まさかの記憶喪失か!と思いました」(綾瀬)

最初に脚本を読んだ時、綾瀬は「まさかの記憶喪失か!と」と驚いたそうだが、西島も「出だしからいろんな発見や驚きがありました。また、スケールの大きい作品になっていたので、撮影が大変そうだなとも思いました」と身構えたとか。

元特殊工作員という経歴を忘れ、普通の主婦となった久実こと菜美を可憐に演じた綾瀬だが、その胸中は複雑だったよう。
「元々の菜美は快活で少し勝ち気で真っ直ぐな女性です。でも、記憶を失っている時は、自分が何者かわからず、ずっともやもやした海の底にいる感じだったので、自分でも一体誰を演じているのか、よくわからなかったです。自分らしさや、やりたいこともわかっていないから、勇輝のため、海辺にカフェを作るという夢を抱いても、それは菜美本来の姿ではないし。すごく正義感が強くて、生き生きとした通常の菜美のほうが、輝いているのかなと思いました」。

西島も、綾瀬について「単純にキャラクターとして比較していたわけではないですけど、すごく繊細に悩みながら演じているなと思いました」とねぎらう。
「勇輝は悩んでいる菜美を見守りながら生活していますが、もしも彼女の記憶が戻れば、2人は別れなくてはいけなくなる。勇輝としては、記憶が戻ってほしくないけど、それでは本来の菜美ではないということで、彼自身も葛藤していました」。

■「ほかの役者さんだったら言えない文句も、はるぼうだと言える」(西島)

ドラマに続き、アクション監督の栗田政明が手掛けたダイナミックなスタントが度肝を抜く本作。2人が見せるキレキレのアクションは本シリーズの醍醐味だが、今回は菜美と勇輝の共闘シーンも見せ場となる。兄妹役を演じて以降、「兄ちゃん」「はるぼう」と呼び合う2人の息の合った戦闘シーンが白眉だ。

西島は「まさか2人一緒に戦うことになるとは。でも、当たり前のように信頼しあって動けた感じです」と言うと、綾瀬も「ドラマではVSのシーンはあっても、夫婦2人でタッグを組むことはなかったので、共闘シーンでは『やっとキターッ!』と思いました」と喜んだそう。

綾瀬が「兄ちゃんとのシーンは、かなりスムーズにいったよね」と言えば、西島は「たまに『遅いよ』とか言われたけどね」と苦笑い。「アクションチームもきっと苦労したと思いますが、相手との距離とカメラの位置が合ってないと、アクションがきれいに収まらないので難しいんです。基本的に、カメラははるぼうを追いかけていたので、僕は見えないところで、必死に走ってました(笑)」。

綾瀬は「兄ちゃんはアクションに慣れているし、いろいろと言いやすいんです」と言うと、西島も「それは僕も同じで、ほかの役者さんだったら言えない文句も、はるぼうだと言える」と、“兄妹”ならではの気のおけない関係性を感じさせた。

■「やはり兄ちゃんには安心感と信頼感があるなと思いました」(綾瀬)

菜美が見せるのは、東南アジアの伝統武術カリとプンチャック・シラットをベースにしたアクションだ。なかでも綾瀬が苦労したのは、大男の刺客と1対1で激闘を繰り広げるシーンだとか。
「足技も使った全身運動で、呼吸やタイミングを合わせるのが大変でした。相手の方は背も高いし、本当に力が強いんです。ちょっと絞め付けられただけでかなり焦りますし、油断すると勢いよくふっとばされるので、ちょっと手加減をしてもらわないといけなくて、そういうやりとりが大変でした」。

西島は「僕も少しだけシラットを習ったことがありますが、めちゃくちゃ難しいです。足を絡めて相手を倒そうとしても、ちゃんとタイミングや角度が合ってないと全然倒せない。はるぼうの相手はもともと軍にいた方らしくて、本当に強い人なんですね。でも、そこはさすがの身体能力で、菜美が実際に倒しているように見えるという説得力がすごいなと思いました」と感心したあと、「僕も1回連ドラの撮影で、はるぼうの蹴りを受けたことがあるんですが、ブロックしたけど、本当に痛かったです」とボソリ。
綾瀬が「すいません!」と言うと、西島は「いや、それほどリアルで、本当に相手にきく蹴りなんだなと」と笑う。

今回は敵が強い分、アクションのおもしろみも感じたという綾瀬。「アクションの手数や技が増えて大変でしたが、そんななかで相手の方とのタイミングやカメラワークなどがぴったり合うと、すごく感動します。アクションはまさに全身を使った表現なので、かっこいい画が撮れた時は本当にうれしかったです」。

また、「八重の桜」から「奥様は、取り扱い注意」のドラマや映画まで、深い絆を築いてきた2人。いま、相手にかけたい言葉は?と尋ねると、綾瀬は「現場で試行錯誤した部分もかなりありましたが、やはり兄ちゃんには安心感と信頼感があるなと思いました。だから『頑張ったよね、私たち』みたいな感じでしょうか」と照れながら笑う。

「はるぼうはいろんなことにチャレンジしていて、いまや日本を代表する女優さんになったので、すばらしいなと思います」と西島が心から称えると、綾瀬は「ハハハ」と屈託ない笑顔を見せながら「本当に!?」とツッコむ。
西島は「本当だよ」と笑いながら「だから僕も、お疲れ様という意味も込めての『疲れたよね。大変だったよね』かなと」と言って、2人で笑い合った。

取材・文/山崎伸子