大人気アニメ「プリキュア」シリーズの映画最新作『映画ヒーリングっど・プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!』が、いよいよ公開となった。女の子のキラキラした夢が溢れる本作で、自身も念願の声優という“夢”を叶えたのが、いまやテレビで彼女を見ない日がないというほど多方面で引っ張りだこの“めるる”こと生見愛瑠。自身も子どもの頃に夢中になって見ていたという「プリキュア」初参加の喜びとシリーズへの愛を、幼少期の大切な想い出とともに語ってもらった。

シリーズ誕生から17年、日本を代表する女児向けアニメーションとしてたくさんの大切な想いを伝え続けてきた「プリキュア」シリーズ。映画最新作は、今年2月21日にテレビシリーズ最終回を迎えた地球をお手当てする“癒やしのプリキュア”「ヒーリングっど・プリキュア」(以下、「ヒープリ」)の全員がそろう初の映画となり、高い人気を誇るシリーズ第4弾の「Yes!プリキュア5」、第5弾の「Yes!プリキュア5GoGo!」が登場することでも話題を集めている。
さらに先月放送がスタートしたばかりの新シリーズ「トロピカル〜ジュ!プリキュア」が登場する『映画トロピカル〜ジュ!プリキュア プチ とびこめ!コラボ・ダンスパーティ!』も短編で同時上映される。

物語では、心のなかに思い描いた“夢”を映しだす“ゆめアール”体験が大流行中の東京を舞台に、不思議な力を持つ少女“ゆめアールプリンセス・カグヤ”と「ヒープリ」の花寺のどか/キュアグレースたちが出会い、その夢を狙う謎の敵が現れる…。

プリキュアが大活躍する本作で、生見は本人役のモデルとして登場。出演の話を聞いた時は、驚きのあまり思わず「本当に!?」とマネージャーに聞き返してしまったという生見だが「昔から見ていたので、その作品に出られるというのは本当にありがたいですし、ものすごくうれしかったです!」と笑顔を弾けさせる。もともとアニメが大好きという生見は、念願かなっての声優デビューが思い入れのある「プリキュア」となったことで、感激もひとしおのよう。

劇中では渋谷のスクランブル交差点に、日本を代表する最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」のステージが登場し、アニメのキャラクターとなった生見たちがショーを盛り上げる。モデルとしても抜群の人気を誇る生見自身、「声優は初めてだったので探り探りでしたが、TGCはこの間出演させていただいたばかりなので、リアルな実感があってとっても楽しかったです。自分の役ということで、普段通りリラックスしてできました」とアフレコ直後に行われた本取材で、安堵の表情を見せた。

■「子どものころ、『わたしのなかで一番カワイくなれる服は、キュアブラックの衣装なの』って言い張っていました」

そんな生見が幼少期に見ていたのが、今回「ヒープリ」メンバーと一緒に大活躍する「Yes!プリキュア5」と「ふたりはプリキュア」。「Yes!プリキュア5」は13年前に放送された人気シリーズだが、当時幼稚園生だった生見は「もうめちゃくちゃハマっていました!大きい岩の上からジャンプしたり変身ポーズをしたりと“プリキュアごっこ”もしていましたし、クリスマスにはサンタさんにオモチャや変身グッズを必ず頼んでいました(笑)」と懐かしむ。強く優しく可愛いプリキュアは女児たちの永遠の憧れだが、生見も「プリキュアのように可愛くなりたいといつも思っていたので、お母さんのメイク道具を勝手に使ったりしていましたね(笑)」と微笑ましいエピソードも。
なかでも“推し”は「ふたりはプリキュア」のキュアブラックだったといい、「強くて可愛いですし、衣装もクリスマスにサンタさんからもらってずーっと着ていました…!お祭りでもみんなが浴衣を着たいと言うなかで、『わたしのなかで一番カワイくなれる服は、キュアブラックの衣装なの』って言い張って、お面も買ってもらってなりきっていましたね(笑)」と夢中になっていた様子。

■「“声”のお仕事をさせていただくのが目標だったので、とてもうれしいです!」

いまや若い世代を中心にカリスマ的人気を誇る彼女だが、小さい頃はどんな女の子だったのだろうか。「ものすごく元気で、外でめちゃくちゃ遊んでいたので肌も真っ黒でした(笑)。すごくアクティブなタイプだったので、それこそお父さんに敵役になってもらって“戦いごっこ”もよくしていました!」と快活に話す様子から当時の元気いっぱいな姿が伝わってくる。
本作では“みんなのゆめ”がテーマとなって描かれるが、小さい頃になりたかった夢を聞くと「わたしは、保育士、パティシエ、トリマーの3つになりたかったんです。保育士の夢は小学校6年生くらいまで持っていて、子どもが大好きなので職場体験で保育園に行ったこともあります」と明かす。

小学6年生の時に『第2回ニコ・プチモデルオーディション』でグランプリを受賞し、同誌の専属モデルとしてデビューを果たした生見。現在はティーンの憧れの存在として輝きを放っているが、いまの夢については「いっぱいあります(笑)」と未来に眼差しを向けながら「今回この“声”のお仕事をさせていただくのは一つの目標だったので、とてもうれしいです」と大きな夢を叶え笑顔を見せる。さらに本作の舞台である“東京”も、生見にとって憧れの場所だったそう。「ずっと愛知に住んでいたので、いつか行きたいなとずっと憧れていました。東京に来た時は『オシャレな人が多い』という印象が強くて、渋谷や原宿によく行っていたんですけど、いるだけで自分もオシャレになった気分になれるというか…この場所に『いれる』ってことのうれしさがすごかったです」と明かす。

■「プリキュアの可愛さは、ずっと変わらない憧れ」

19才となったいま、生見自身はプリキュアを見てどう感じるのだろうか。「やっぱりいつ見ても可愛い。小さい頃の気持ちを思いだしますし、いつ見てもトキメキます。髪色カワイイなとか(笑)、プリキュアのファッションもそうですし、この可愛さはずっと変わらず憧れです」と言い切る。
カラフルで幻想的な東京を舞台にプリキュアが大活躍する本作だが、その魅力について聞くと「映画では“ゆめアール”体験という、自分がこうだったらいいなという“夢の世界”が映しだされるので、それは大きな見どころですね。わたしはハンバーガーが大好きなので『ハンバーガーを降らせたい!』という夢があるんですけど(笑)」と茶目っ気たっぷりに話しつつ、「小さい頃に大好きで見ていた『Yes!プリキュア5』が出るということで、私自身も『また見れるんだ!』といううれしさがありますし、本当におもしろい作品になっています。大人は小さい頃の気持ちを思いだして癒やされると思いますし、わたしと同じ10代の方含め、いろんな世代の方にぜひ観てほしいです」。

枠にはまらない型破りな発言が魅力ながらも、常に謙虚な姿勢が印象的だった生見。取材当時語っていた「演技もしてみたい」という夢は、先日最終回を迎えたドラマ「おしゃれの答えがわからない」でこちらも実現している。これからも無限に広がる夢を一歩ずつ叶えていく生見から目が離せなさそうだ。

取材・文/富塚沙羅