山田孝之を主演に迎え、“アダルトビデオ業界の風雲児”村西とおると仲間たちの狂乱を描くNetflix発の人気ドラマ「全裸監督」。このたび、シーズン2の追加キャストとして、渡辺大知、MEGUMI、西内まりやをはじめ計9名の出演が発表された。

「全裸監督」は、1980年代を舞台に、英語教材の販売員だった村西(山田)が、アダルトビデオ製作に励み一世を風靡していく姿を描いたドラマシリーズ。シーズン1は2019年8月にNetflixで全世界独占配信されると、キャスト陣の熱演と痛快なストーリーで話題作となった。シーズン2では、恒松祐里が演じる第2のヒロイン、元美容部員の乃木真梨子が村西の前に現れ、彼の創作意欲を刺激していく。

今回、村西を尊敬する男、小向武役に渡辺、村西率いるサファイア映像の経理として働く大場ますみ役にMEGUMI、前作で不穏な動きを見せたヤクザの古谷が関係するキャバレーで働くサヤカ役に西内まりやが決定。さらに、ダイヤモンド映像の人気AV女優、江戸川ローマを増田有華、サヤカの母である茂子を室井滋、そして銀行の融資担当の本田明を吉田栄作、衛星通信に関わる海野晃一を伊原剛志、高宮財閥の令嬢、高宮悦子を宮沢りえ、財閥の会長の渡部栄一を石橋蓮司が演じ、「全裸監督」の世界に彩りを与える。

撮影を振り返り、渡辺は「狂気と青春が混ざりあった、渦のような『全裸監督』の世界に参加できて光栄でした」とコメント。またMEGUMIも「俳優部はじめ、各所最高のクリエーターが集まった撮影は心から興奮しました!」と語っている。

新たな登場人物たちは、はたして村西の敵になるのか、味方になるのか?ますます盛り上がりを見せる「全裸監督 シーズン2」のさらなる続報に期待したい。

<キャストコメント>

●渡辺大知(小向武役)

「(本作に出演して)狂気と青春が混ざりあった、渦のような『全裸監督』の世界に参加できて光栄でした。自分もその渦の中で自分なりにもがいたので、それがいいスパイスになって、世界をよりかき乱せてたら嬉しいです。

(村西とおるについて)山田さん演じる村西とおるさんは、知りたいけど知りたくないような、そばにいればいるほど恐ろしくなるような方でした。乞うご期待!」

●MEGUMI(大場ますみ役)

「(本作に出演して)革命的なドラマだなぁと心震わせて観てた『全裸監督 シーズン2』に参加出来て本当に幸せでした。俳優部はじめ、各所最高のクリエーターが集まった撮影は心から興奮しました!

(村西とおるについて)無茶苦茶だけど、あの時代を生き切った人。今の時代を生きる私達に喝を入れらた気がしました」

●西内まりや(サヤカ役)

「(本作に出演して)もともとシーズン1を観ていた私はこの作品に強く衝撃を受け、ドラマの概念を覆されると同時に、たくさんの希望と力をもらいました。画面越しから村西さんの生き様はじめ、役者の皆さん、スタッフの皆さんの作品に対する熱を強く感じ、今回のオーディションのお話を頂き、私もその熱に負けない気持ちで挑みました。私自身も久しぶりのお芝居です。居場所を探しながら必死に生きる一人の少女サヤカの人間臭さ。感じてもらえたら嬉しいです。

(村西とおるについて)野生的な村西さんの更なる生き様に胸打たれました。私も早くまた画面で村西さんの生きてきた世界を感じパワーをもらいたいです」

●増田有華(江戸川ローマ役)

「(本作に出演して)シーズン2のオーディションがあると聞き、マネージャーさんに直談判しました。出演が決まった時は夢のようで本当に嬉しかったです。エネルギッシュな現場で、新しいことに挑戦するたびに心が躍りました。楽しみです。

(村西とおるについて)常に大玉の花火が打ち上がっているような、とってもエネルギッシュな方だと思います。目が離せない存在です」

●室井滋(茂子役)

「(本作に出演して)遠い昔、本物の黒木香さんを早稲田の美容院でお見掛けしていたことがあり、とても懐かしく思っておりました。時代そのものもそうですが、村西監督や周りの人々のエネルギーは半端なかったですね。素晴らしい作品の続編に出演できとても嬉しいです。

(村西とおるについて)山田孝之さんの村西監督を間近で見られただけでも、とても勉強になりました」

●吉田栄作(本田明役)

「(本作に出演して)バブル時代の大手銀行マン『本田』役で出演させていただきました。日本経済が躍進したバブル期、村西にあるビジネスプランを持ちかけます。その一大ビジネスに興味を持った村西とともに、目的達成の為に本田は奔走します。現在では我々にとって当たり前になったそのビジネスの存在が、当時どの様に生まれたのか? そちらのサブストーリーもお楽しみいただければと思います。

(村西とおるについて)山田孝之さんが演じている村西とおるには、独自のカリスマ性があると思います。やっていることは無茶苦茶ですが、なぜか人を惹きつける力がある。まさに三振かホームランの生き方。そこに視聴者は惹かれるんでしょうね」

●伊原剛志(海野晃一役)

「(本作に出演して)シーズン1を見てて凄く面白かったので、自分もこの作品に参加出来て幸せでした。久し振りの山田孝之、宮沢りえちゃんとの共演も最高でした!。

(村西とおるについて)村西さんの印象は『兎に角ぶっ飛んでた!』という感じです」

●宮沢りえ(高宮悦子役)

「(本作に出演して)面白い作品をつくってやるぞ!というエネルギーに満ち満ちた素晴らしい現場でした。監督をはじめスタッフの皆さん、そしてもちろん山田さん。枠に収まらない方達に刺激を頂きずっとジェットコースターに乗ってるような気分でした。

(村西とおるについて)山田さんが演じられる村西とおるさん。ギッラギラしてて、生々しくて、芝居をしているという感覚を軽々と超越する様な不思議な時間でした」

●石橋蓮司(渡部栄一役)

「(本作に出演して)真夏のクソ暑い撮影だった。

(村西とおるについて)まさに昭和の異端児だったと思う」

文/鈴木レイヤ