『ラ・ラ・ランド』(16)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・ストーンが、3月13日にロサンゼルスで第1子を出産していたことがわかった。「TMZ」などが報じたのち、「People」に関係者が女の子であることを明らかにしたが、名前などの詳細は明らかになっていない。

エマは、米テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」で、彼女が司会を務めた際に同番組のディレクターを務めていたデイヴ・マッカリーと出会いすぐに意気投合。翌年から交際をスタートした。その後は極秘交際を続けていたが、2019年の全米映画俳優組合賞には一緒に出席していた。また、2019年12月には、突然デイヴが自身の公式Instagramでパールとダイヤの指輪をしたエマとの2ショット写真を投稿し婚約を明らかにし、世間を驚かせた。

2人はコロナ禍で挙式を延期してきたが、昨年9月に極秘結婚していたことが明らかに。エマに妊娠の噂が流れたのは12月で、今年1月には関係者が「Us Weekly」にエマの妊娠を認めていたが、出産時期などは明らかにされていなかった。

エマが最後に目撃されたのは2月で、マスクに黒いワンピース姿のお腹はかなり大きくなっており、出産は近いと言われていた。

デイヴのInstagramは、婚約発表後の2020年5月に1度だけ投稿が行われたあとは一切更新されておらず、詳細も一切明かされていない。プライベートを重視する2人が出産について詳細を公式に発表するかは不明だが、エマが母親になったことは間違いないようだ。

文/JUNKO