竹宮ゆゆこのベストセラー小説を実写映画化した『砕け散るところを見せてあげる』が4月9日(金)より公開。中川大志と石井杏奈がW主演を務める本作より、ふたりが体当たりで挑んだ貴重なメイキング映像と著名人コメント第3弾が到着した。

アニメ「とらドラ︕」や「ゴールデンタイム」で知られる、各世代から高い支持を集める竹宮ゆゆこの初の実写映像化作品となる本作。W主演の中川、石井のほか、清原果耶、松井愛莉、北村匠海、矢田亜希子、木野花、原田知世、堤真一ら豪華キャストが集結し、平凡な日々を送る濱田清澄(中川)と学年一の嫌われ者と呼ばれる孤独な少女・蔵本玻璃(石井)の衝撃の物語が描かれる。

このたび到着したメイキング映像では、いかなるシーンも⼀切の妥協を許さないSABU監督のもと、中川自らがワイヤーをつけ濁流の川で少女を救出するシーンや、石井がトイレに閉じ込められ、ずぶ濡れになる姿などが収められている。さらに真夜中の沼でのシーンでは、冷たい沼に飛び込み撮影する中川の姿も捉えられており、中川と石井の体当たり演技の数々が刻み込まれた貴重なメイキング映像となっている。

さらに今回、映画監督の河瀨直美、松永大司、池田千尋、久保茂昭、三島有紀子、ウェイン・ワンや、アニメーション監督の今千秋、SABU監督の前作『jam』(18)に出演した劇団EXILE の青柳翔、鈴木伸之、町田啓太、佐藤寛太、俳優としても活躍する三代目 J SOUL BROTHRES from EXILE TRIBE のヴォーカル登坂広臣ら、総勢19名の著名人たちからのコメントが到着。

サスペンスなのかラブストーリーなのか…?豪華キャストで描く“常識を覆す衝撃の愛の物語”を、ぜひスクリーンで目撃してほしい!

<著名人コメント)>

●河瀨直美(映画監督)

「石井杏奈の新境地、ここに参上 ヒーローになりたい人は見るべし」

●松永大司(映画監督)

「SABU監督作品での堤真⼀さんの存在感が凄まじい。 大好きでたまらない」

●池田千尋(映画監督)

「人がヒーローたるためにはこれほどの犠牲が必要なのか、これほどの強さが必要なのか。目を伏せたくなるほどの圧倒的な純度を見せつけられた。そして、私たちは問われる。『境界線はここにある。そっちにいるか、こっちにくるか。お前はどっちだ』と」

●久保茂昭(映画監督)

「心は寄り添っていく二人のラブストーリーなはずなのに それを予測させない物語の展開にドキドキが止まらない。竹宮ゆゆこさんしか描けない、心痛いリアルな高校生活の中に なぜか安堵させてくれるユーモアのあるセリフ。それを自然に表現する主演のふたりの会話が素晴らしい。 言葉の1つ1つが突き刺さってくる。間違いなく 石井杏奈史上、最高の石井杏奈が観れます。ラストの 主人公の心の描写はSABU監督でしかできない唯⼀無二の映像に堪能。切ないけど、優しい、ヒーローとは、、、、それがわかった瞬間、涙と震えが⽌まらない映画だった」

●三島有紀子(映画監督)

「涙も血も流した二人の尊い想いが永遠であることを願わずにはいられない。中川大志さんと石井杏奈さんが高い熱量で挑み、SABU 監督が永遠にしてくれた」

●ウェイン・ワン(映画監督)

「本質的な意味でのヒューマンなラブストーリーを持った作品です」

●今千秋(アニメーション監督)

「最後に彼女が見せた笑顔。普通の10代の少女の、ちょっと照れてはにかんで、それでも幸せを隠さない笑顔。つながり、離れ、砕け散る物語の最後に彼⼥が⾒せた笑顔には、SABU 監督が作品にこめた思いと優しさを感じました」

●髙橋泉(脚本家)

「清澄と坡璃が人差し指を立てていう。『ヒーローは、自分のためには戦わない』 この二人がめちゃくちゃ可愛いし、格好いい︕自分を守るために、必死に言葉で争う毎日に、時代にそぐわないはずのヒーローの条件が突き刺さる。 ぐるんと回ってしまった世界に立つ二人が、ずっと愛おしい」

●吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)

「『とらドラ︕』を萌え作品かと思って見たら、生々しい人間関係を描いた作品だった衝撃。今回の『砕け散るところを見せてあげる』も、きれいな青春映画かと思ったら…︕そうか、それで堤真⼀さんがいるんですね…︕」

●水道橋博士(お笑い芸人)

「事前情報ゼロで観ることをお薦めします。スクリュードライブの効いた映画。 この邦画らしからぬ展開。後半の展開には驚きの連続。SABU 監督が邦画のメインに還ってきた︕︕」

●別所哲也(俳優)

「切ない、苦しい。そして、美しい。青春に渦巻く弱肉強食と理不尽な世界。殺伐とした⽇常でも、僕たちのHERO は、半径5 メートルにいる!SABU監督が21世紀のフィルムノワールを何ともファンタジックに画面⼀杯に奏でる。これこそが、ホンモノの、ほろ苦いヒーロー・モノガタリだ!」

●青柳翔(俳優)

「清澄と玻璃の清らかな心に釘付けにされ、SABU監督の世界観に心を奪われました。時間が経つのを忘れ心抉られました。名作です︕」

●鈴木伸之(俳優)

「トレーラーの段階からずっと観たかった作品。SABU監督の世界観に裏切られることなく2時間があっという間に過ぎていきました。そして個人的に石井杏奈という女優さんと出会って10年。とても素晴らしい演技を改めて見せつけられたなと感じ、惹きつけられました。是非皆さんにも大きいスクリーンで観ていただきたいと強く思いました」

●町田啓太(俳優)

「体内の温度が上がっていくのを感じました。僕はどう繋がってきたのだろうか。そしてどう繋いでいきたいのか。本心を砕こうとするくらいに問いただしてくれる作品でした」

●佐藤寛太(俳優)
「キャストの皆さん、1コマ1コマが素晴らしすぎました、この作品に携わりたかった。素直に嫉妬しました。自分への活力になりました。SABU監督ありがとうございます。とてつもないパワーを持った映画です。公開されたらまた劇場で観させていただきます」

●リリト・シュタンゲンベルグ(女優)

「自分の想いを守るため、水の流れに逆らって泳ぎだす主人公。同調圧力と闘う姿が胸に響く」

●ウルリッヒ・グレゴール(ベルリン国際映画祭フォーラム部門創設者)

「素晴らしい体験だった。序盤では、軽快で柔らかいトーンで若い二人のそれぞれの心理描写があり、そこからスピード感を増してドラマが生まれ、心理描写はそこに在り続けながらも映画の雰囲気やジャンルまでもが恐怖映画のような雰囲気に向かって変容する。二人のストーリーに引き込まれる。違った二つのスタイルが互いに重なり合い、この映画が持つ引力を作り出している。夢、恐怖、思い込み、現実、それらの狭間で揺れ動く表現を感じた。また、この映画は日本のごく普通の日常の現実に根ざしていて、それが美しく構成されたひとつひとつ洗練された画の中で表現されている」

●澤邊芳明(株式会社ワントゥーテン代表)

「清澄と玻璃の淡い恋の物語に次第に深く引き込まれていき、いつしか自らの青春も呼び起こしながら、その場に立ち会っている。救済する側と救済される側、それは果たしてどちらなのか?巧妙なストーリー展開が、伏線を残しながら、観る者に心地よい疑問を与える。そして、もう⼀度見返した時に衝撃の発見と感動が。ヒーローがいなくなってしまった現代だからこそ、必要な物語」

●登坂広臣(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)

「この作品を拝見し、人を想う事の『強さ』『深さ』、作品の中に溢れる『愛』『闇』に直面しました。主演の2人はもちろん、全てのキャストさんに強く惹きつけられて離れられない、そう思わされる作品でした」

文/富塚沙羅