かつて裏社会で恐れられ、いくつもの組を潰した伝説を持つ元極道でありながら、専業主夫となった男、龍の日常を描くアットホームなギャグコメディ。コミックス全体の売上が360万部を突破し、昨年には実写ドラマ化もされて大きな話題を呼んだ、おおのこうすけ原作の「極主夫道」が、Netflixのオリジナルアニメシリーズとして、全世界独占配信中だ。

待望のアニメ化にあたって監督を務めたのは、テレビアニメ「のだめカンタービレ」や『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」』(前後編共に公開中)など、数々の話題作を手掛けるアニメーション監督の今千秋。これまでに多くの人気コミックをアニメ化してきた彼女に、「極主夫道」の魅力やアニメ版への想いを聞いた。

■「龍って、ボケとツッコミのボケのほうなんだ!」

主人公の龍は、いまなお“不死身の龍”と語り継がれるほどの元最凶極道。しかし、彼は極道から足を洗い、キャリアウーマンの美久と結婚して、専業主夫へと転身。現在は主夫の道を極めるため、掃除、洗濯、買い物に料理と、毎日の家事に一生懸命取り組んでいる。見るからにコワモテの外見に反して、きめ細やかなところがあり、家事能力は抜群。町内婦人部のおばさまたちとも仲良く交流している姿には、思わずクスッと笑ってしまう。

「アニメ化のお話をいただいたのと同時期に、同級生の主婦友たちから『この漫画がおもしろいよ!』と聞いていて、『おお…!普段漫画を読まない人たちも読んでいる有名作品なのか!』と、身構えました」という今監督。「実は、最初に原作を読んだ時は、龍のキャラクターが自分のなかで捉えきれていなくて…。はたしてギャップ萌えという理由でおもしろいのか、どうなのか。ちょっと、フワッとしていたところがあったんですね。でも、巻を重ねるごとに、また仕事で何回か読み返しているうちに『あ、龍って、ボケとツッコミのボケのほうなんだ!』となんとなく理解でき、龍のキャラがスッと入ってきて、話が転がりやすくなりました」。

■「漫画どおりに、動かさずにアニメーションにするというのは難しかったです」

アニメ版を観てまず驚かされるのが、漫画のコマ割りのような絵を意識した、あえて“動かない”演出だ。「アニメ制作会社J.C.STAFFのプロデューサー、松倉友二さんからは、前に一緒に制作したテレビアニメ『Back Street Girls‐ゴクドルズ‐』のような絵作りにしたい、というオーダーがあったんです。でも、『ゴクドルズ』は動きよりも台詞や設定などの破壊力に特徴があり、そこがおもしろい作品だったのですが、『極主夫道』はキャラクターが結構アクロバティックに動く作品だったので、それを漫画どおりに、動かさずにアニメーションにするというのは難しかったですね。止まっているけれど、いかに動いているように見せるか、カメラワークやタイミング…飽きさせないようにテンポ感を保つのが大変でした」。

一見、なめらかに動く絵作りよりも、動かない絵作りの方が楽なのではないかと思ってしまいそうになるが、そんなことはまったくない。
「テレビアニメの大半は1話30分ですが、『極主夫道』は約半分の15分弱。通常のアニメだったら、だいたい300カット前後あるのですが、『極主夫道』は半分の長さなのに250カットもありました。もし、『極主夫道』を30分アニメでやるとしたら、500カットぐらいかかってしまうことになる。500カットって…なかなか豪華な劇場作品ができるくらいのカット数だし、普通に制作から怒られるレベルかと思います(笑)。特に複雑な動きになってくると、『普通に動かしたほうが楽じゃん!』という感じでしたね」。

■「『極主夫道』はどちらかというと、むしろお上品な作品」

ちなみに、今監督が手掛けたアニメ「Back Street Girls‐ゴクドルズ‐」は、極道が性転換して女性アイドルに変身する物語。元極道の主人公が、極道とは真逆のイメージの主夫になる「極主夫道」と通じるところもありそうだが…。「テイストとしては全然違いますね。『ゴクドルズ』は、想像もつかない下ネタや、親分の容赦ない暴力、そのほか諸々がギュっと詰まったブラックコメディ!対して、『極主夫道』は、ほっこりとしたアットホームなコメディ作品なので、『任侠・極道』といったワード以外、全然重なるところはなかったですね」。

■「原作の先生の求めるようなものにしたいという思いが、常にあります」

声優キャストでは、主人公の龍役に、舞台など様々な分野で活躍する津田健次郎。龍の妻である美久役にテレビアニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」シリーズの愛野美奈子(セーラーヴィーナス)をはじめ、数々の人気キャラを演じる伊藤静。龍を兄貴と慕う元舎弟の雅役にテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のジョナサン・ジョースター役などで知られる興津和幸が出演している。

また、主題歌としてはロックバンドの打首獄門同好会が、専業主夫の道を極める龍の気持ちや家族を守るという決意を歌詞に込めたオープニングテーマ「シュフノミチ」と、エンディングテーマ「極・夫婦街道」を書き下ろした。「津田さんの声はまさに“本物の龍”ですし、美久役の伊藤さんは想像以上にかわいかった!雅役の興津さんは、本当に三下っぷりがうまく出ているなと思います(笑)。あと、オープニングやエンディングの楽曲だけでなく、本編中の劇伴もコテコテの金管楽器を使った感じで、極道っぽい音楽になっております」。

数々の原作ものを手がけてきた今監督だが、有名な原作をアニメ化するうえで一番の壁となるのは「プレッシャー」だと明かす。「まずは原作ありきのアニメ版なので、原作準拠で、原作のイメージを裏切らないこと。ファンのみなさんに対してももちろんですけど、原作者の先生の求めるものになるようにしたいと常に思っています。あとは『のだめカンタービレ』にしても、『美少女戦士セーラームーン』にしても、私の前に監督がいらっしゃった作品を引き継ぐということが多いので、そういう場合は、『そこを超えなきゃいけない』というプレッシャーもありますね」。

■「『極主夫道』が、リラックスタイムのアロマのような存在であるといい」

メインキャラクターのほかにも、龍を完全に信頼しているご近所の主婦友たちや、スーパーでパートとして働く元極道の姉御である酉井雲雀、関西弁や極道言葉を使うネコの銀など、個性的で濃すぎる面々が大集合。
そのなかでも、今監督が一番好きなキャラクターは「やっぱり龍になっちゃいますね」とのこと。「龍の人の良さ、若干、ボケ要素が強いので憎めないところも好きです。とにかく作業していくうちに、龍に愛着がどんどんわいてきたんですね。それと同時に、途中から美久にギーッと嫉妬の気持ちも出てきたりして(笑)。だけど結局、この2人、夫婦そろってが好きなんだなと実感しました。あの夫婦間のほっこりした感じが魅力的な、家族愛のあるやさしい作品だと思います」。

朝から晩まで忙しく働いている美久のサポートも龍の大切な役割である。毎朝、美久のために凝った弁当を作り、写真を撮ってSNSにアップ。常に美久の体調を気遣い、彼女を喜ばせてあげたいと考えている龍は理想の愛妻家だ。仕事を終えて帰宅した時、龍みたいな人がいてくれたらいいなと思う女性も多いはず。

「とても思いますね!お惣菜買わないですね。だって、おうちに美味しい食事が待っているんだもん。もう至れり尽くせりですよ。この作品は、アニメを見るぞ!と身構えるガチガチの方向じゃなくて、ちょっとホッと一息つきたい時にNetflixを立ち上げて、『「極主夫道」観よう〜』という感じで気楽に楽しんでいただきたいです。この作品がリラックスタイムのアロマのような存在になればいいなと思っています」。

取材・文/石塚圭子