日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞に輝いた『孤狼の血』(18)の待望の続編となる『孤狼の血 LEVEL2』が8月20日(金)より公開。松坂桃李をはじめ豪華キャストが勢ぞろいする本作で、新たに9人の追加キャストと初の本編映像となる衝撃の特報映像が解禁となった。

前作に引き続き、白石和彌監督がメガホンをとる本作。物語では、前作から3年後を舞台にした原作シリーズでは描かれていない完全オリジナルストーリーが展開する。広島の裏社会を収めていた伝説の刑事、大上の遺志を受け継いだ若き刑事の日岡(松坂)は、権力を用いて暴力組織を取り仕切っていたが、出所してきた一人の“悪魔”上林(鈴木亮平)によって事態が急転していく…。

このたび新たに、渋川清彦、毎熊克哉、筧美和子、青柳翔、三宅弘城、宮崎美子、寺島進、宇梶剛士、かたせ梨乃ら9人の出演が明らかに。二代目五十子会の会長の角谷洋二を演じる寺島は「オファーをいただいたときにうれしくてときめいている自分がいました」と語っており、広島仁正会の理事長である溝口明に扮する宇梶も「久々にこんな役をいただいて満たされております」と喜びのコメント。また、故・五十子正平の妻の五十子環役を演じるかたせは「極妻は妻であり姉であり、母であり、女性の色々な要素を持っている人。そのイメージをもう一度自分の中に蘇らせて演じさせていただきました」とコメントを寄せており、どんな演技を見せてくれるのか今から期待が膨らむ。

さらに解禁された特報では、豪華キャスト陣たちの圧倒的熱量を持ったシーンの数々がめまぐるしく映しだされ、今作が描く怒涛の展開と衝撃度を予感させる映像となっている。テレビでは観ることのできない激しいバイオレンスシーンや濃厚な人間ドラマからは、まさしく今作が映画館で見るべき禁断の衝撃作であることがうかがえる。

果たしてオリジナルストーリーでどのような物語が刻まれるのか?豪華キャスト陣の熱演とともに、ますます期待が高まる!

<キャストコメント>

●渋川清彦(尾谷組・組長代行 天木幸男役)

「スクリーンで『孤狼の血』を観た時、自分もこのスクリーンの中にいたかったと想いが強くあったので、続編に出演できて嬉しい限りです。組長代理の天木として、大上の遺志をまとった日岡と少しですが対峙でき、慣れない広島弁に緊張しながら心踊る現場でした。『孤狼の血』が続く事を期待します」

●毎熊克哉(五十子会上林組・舎弟頭 佐伯昌利役)

「上林という男の7年間をそばで守ってきた上林組の“背景”となる役どころで、上林組がいきいきしていることを表現することが一番大事だと感じていたので、思いっきり演じました。私は広島出身なので、“ザ・広島弁”というのを演じられるのも楽しかったです」

●筧美和子(神原ピアノ教室の講師 神原千晶役)

「もともと白石監督の作品が大好きで、中でも『孤狼の血』は衝撃的な作品でした。自分の中に響いて残っていた作品なので、続編のオファーをいただいて、最初は驚きました。うれしさと不安がどちらもありましたが、とても激しく、刺激的な現場を経験させていただきました」

●青柳翔(徳島刑務所・刑務官 神原憲一役) 

「白石監督には、同郷ということもあり勝手に親近感を抱いていました(笑)。僕の祖父は実際に刑務官だったので、台本を読んだ時に、一番に祖父が頭に浮かびました。現場では物凄いやりがいを感じましたし、みんなが待ち望んだ続編だと思うので、たくさんの方に観て頂きたいです」

●三宅弘城(広島県警本部・捜査一課 中神悟役)

「念願の白石組、『孤狼の血』の続編だと聞いて心が踊りました。刺激的な撮影の日々で、松坂桃李さんと鈴木亮平さんの役を超えた怪演ぶりには度肝を抜かれました。そして、この作品の雰囲気と相反する監督の優しさと、刑事役を共にした中村梅雀さんの脚の速さには感動しました(笑)凶暴で強烈で最狂な作品です!」

●宮崎美子(瀬島刑事の妻 瀬島百合子役)

「今まであまり出演経験の無いタイプの作品だったので、私はどういう役割なのかと驚きましたが、以前2時間ドラマで夫婦役を演じた梅雀さんとご一緒ということもあり、安心して現場に臨むことができました。殺伐とした作品なのに現場の雰囲気はとても明るく楽しく、公開が楽しみで仕方ないです」

●寺島進(二代目五十子会・会長 角谷洋二役)

「オファーをいただいたときにうれしくてときめいている自分がいました。現場は内容が盛りだくさんで、周りのモチベーションも高く、いい緊張感もあるので毎日が刺激的でした。久しぶりの映画の現場でしたし、この歳でも初めて経験することも色々とあるのだなと感じました」

●宇梶剛士(広島仁正会・理事長 溝口明役)

「久々にこんな役をいただいて満たされております。もちろん裏社会を描いた作品は何本も出演させてもらっていますが、ほとばしる怒鳴り合いなど、そういうぶつかり合いは記憶にないですね。溝口という男の全体像、作品や組織の中でのポジションなどを大いに考えて、芯を外さないようにしました」

●かたせ梨乃(故・五十子正平の妻 五十子環役)

「前作を拝見して、石橋蓮司さんが演じられた五十子正平が重厚な艶がある極道だったので、この人の妻ならぜひやりたいと思いました(笑)極妻は妻であり姉であり、母であり、女性の色々な要素を持っている人。そのイメージをもう一度自分の中に蘇らせて演じさせていただきました」

文/富塚沙羅