『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(16)などで知られるザック・スナイダー監督が、長編監督デビュー作となった『ドーン・オブ・ザ・デッド』(04)以来17年ぶりにゾンビ映画に挑むNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』が5月21日(金)より独占配信スタート。このたび本作よりアクションシーン満載の予告映像が公開された。

ある日突然ゾンビが大量発生し、多くの犠牲を払いながらラスベガスにゾンビを隔離することに成功した人類。死闘の後、静かに暮らしていたスコットは謎の男からの依頼を受け、ラスベガスの地下にある巨大金庫に眠る大金を狙うべく、ゾンビだらけの超危険エリアへ侵入することに。スコット役を演じるのは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのデイヴ・バウティスタ。また真田広之、エラ・パーネル、マティアス・シュヴァイクホファーら国際色豊かなキャスティングにも注目が集まっている。

予告映像には、スコットが率いるクセ者ぞろいの傭兵集団とラスベガスを埋め尽くすインパクト抜群の最強ゾンビ軍団との壮絶なバトルシーンが盛りだくさん。スピーディーで機敏な動きを見せ、傭兵たちと台頭に渡り合うほどの体術を繰り出すゾンビたち。彼らを率いる屈強な肉体を持つ“ゼウス”と呼ばれる首領ゾンビや、奇抜な見た目をした“クイーン”、ゾンビ化したトラの“ゾンビタイガー”など“進化型ゾンビ”が次々と登場する、息もつかせぬ映像に仕上がっている。

シュヴァイクホファーが監督と主演を務める前日譚映画や、アニメシリーズの製作もすでに進行している本作。強烈なゾンビ軍団たちを前に、スコットは“史上最大の強盗計画”を成功させることができるのか…?スリルと興奮にあふれた対決のゆくえは、是非ともその目で確かめてほしい。

文/久保田 和馬