2018年に全世界で1,000億円以上、日本でも131億円の興行収入を記録し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』(18)。同作が「金曜ロードショー」35周年記念作品として、6月4日(金)に本編ノーカットで地上波初放送されることがわかった。

革新的な音楽性とキャッチーな曲調から今なお世界中で聞かれ続ける伝説のロック・バンド“クイーン”。そのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの波乱に富んだ半生を描いた本作は、第91回アカデミー賞でもラミ・マレックの主演男優賞をはじめ最多4部門を獲得した。本日4月17日は、1975年のクイーン初来日を記念して制定された「クイーンの日」。そんなスペシャルな日に、フレディを演じたマレックから「We are the Champions!ありがとうございます。日本の皆さん、愛しています!」と愛溢れるコメントも寄せられた。

クイーンのオリジナルメンバー、ブライアン・メイ(Gt.)とロジャー・テイラー(Dr.)が音楽プロデュースを務めた本作は、単なる伝記映画にとどまらないミュージック・エンターテインメント作品。ブライアンからは「皆さんは私たちの人生においてかけがえのない存在です」、ロジャーからは「この映画は私たちの素晴らしい冒険を描いています」と地上波初放送に向けたスペシャルコメントも到着した。

タイトルの「ボヘミアン・ラプソディ」をはじめ、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」など、1フレーズ聞けば誰でも分かる珠玉の28曲が劇中で流れる。今年はクイーン結成50周年のメモリアルイヤーでもあり、放送に先駆けた5月19日(水)には、クイーンのオリジナル・アルバムのリミテッド・エディション全15タイトルがユニバーサル ミュージックから再発売される。

クイーンの現役世代だけでなく、多くの若いファンも獲得した大ヒット作。史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの光と影、永遠に語り継がれる“ライブ・エイド”のパフォーマンスに込められたフレディとメンバーへの想いと秘められた真実をノーカット版でじっくりと見届けたい。

<キャスト・アーティストコメント>

●ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー役)

「皆さんに、『金曜ロードショー』で『ボヘミアン・ラプソディ』をご覧頂けることを、とても嬉しく思います。We are the Champions!ありがとうございます。日本の皆さん、愛しています!」

●ブライアン・メイ(ギター/音楽プロデューサー)

「日本のファン、そして親愛なる皆さん、乾杯!皆さんは私たちの人生においてかけがえのない存在です。感謝しています。映画を楽しんでください!!」

●ロジャー・テイラー(ドラムス/音楽プロデューサー)

「日本の親愛なる皆さん、こんにちは。この映画は私たちの素晴らしい冒険を描いていますが、まだ終わってはいません!」

文/タナカシノブ