「音を立てたら、即死。」。その衝撃の宣伝コピーで日本でも大ヒットした、体感型サバイバルホラーの続編『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』が6月18日(金)より公開される。前作で、住む家と大切な家族を失ったエヴリンは、産まれたばかりの赤ん坊と2人の子どもを連れてどこに逃げるのか?そして思いがけず音を立て、あの“なにか”が襲撃してきた時、彼女たちは生き残ることができるのか?想像しただけで、音を立てることが許されない世界の極限的な恐怖が甦る。
そこで第1作の完成度の高さに唸り、大ファンになったという清水崇監督へインタビューを敢行。日本が世界に誇る“ホラーマスター”である清水監督に、クリエイターの視点で前作の魅力を徹底解説してもらいながら、まだ観ぬ最新作への期待まで語ってもらった。

※本記事は、ストーリーの核心に触れる記述を含みます。未見の方はご注意ください。


■「観客に“マズい、静かにしなきゃ”って気持ちにさせるのもスゴい」

2018年に公開された第1作は、音を立てた途端に“なにか”に襲われる世界で、音を立てずに生きる家族の姿を描いた究極のサバイバルホラー。そのシンプルな設定も話題になったが、清水監督は「タイトルまでの冒頭10分間で、一気に引き込まれた!」と興奮気味に振り返る。「セリフも音もない状況で、その異常な世界や家族構成、長女のリーガンが聴覚障害者で自責の念に駆られてしまうということまで全部伝えて、観客の心を掴んでしまうんですよね」。

清水監督は、本作が最恐のホラーとしてだけでなく、良質な家族の物語としても成立していることにも着目。「冒頭で末っ子の男の子が襲われるまでの展開も秀逸です。父親のリーは音が出るオモチャを取り上げるけれど、やさしい長女のリーガンは彼にそっと返してあげる。しかし、目を離した隙に本人が抜いた電池をこっそり持っていくあたりはうまいな〜と思いました。しかも、オモチャの音が鳴ったあと、マズいと思って家族が振り向いたカットではスッと音を消している。その音の作り込み方も周到です」と強調。さらに、「あの描写で観客にも“マズい、静かにしなきゃ”って気持ちにさせるのもスゴいし、自分を責めてしまうリーガンの複雑な内面、リーガンと、彼女をフォローしきれない父親との微妙な距離感がわかる。同じ痛みを抱えているのに距離ができちゃっている家族の姿がリアルに描かれているから、観る人も誰かに共感しながら、あり得ない世界にどんどん引き込まれていく。家族愛が根底に流れているからこそ、シンプルなスリラーなのにスリリングで怖いんです」。

もちろん、俳優陣による迫真の演技が、生々しい恐怖を作り上げているのは言うまでない。ヒロインの母親エヴリンを演じたのは、ジョン・クラシンスキー監督の夫人でもあるエミリー・ブラントだが、「ご本人もおそらく芯の強い人だと思うんですけど、最初はどこにでもいる普通の母親にちゃんと見えるからいいですよね」と清水監督。「でも、出産して子育てをするうちに女性は強くなるので、この展開もリアルの延長上にあって理にかなっている。気弱な長男に『お母さんが歳をとったら、守ってくれなきゃいけないでしょ?』と言う前半の台詞で彼女の覚悟を感じる。作り手の僕としてはあそこで“ああ、お父さんは死ぬんだな”って察知してしまいましたが」と笑う。

だが、それ以上に清水監督が魅了されたのは、リーガンを演じたミリセント・シモンズだった。『ワンダーストラック』(17)のシモンズにも感心していた清水監督は「彼女は実際に難聴らしいんです。クラシンスキー監督はそんなシモンズをあえて起用し、彼女とコミュニケーションをとりながら“音のない世界”がどんなものなのかを探っていったみたいです」と説明する。「それに彼女は、その表情になにかを背負って生きている感じが出ているんです。あの年ごろの子は、もともと少しひねくれていたり、世界の見え方が大人とは違っていたりするけれど、そういうことが芝居でちゃんと読み取れてしまうのはすばらしいですね」。

■「観る側も痛みがわかるリアリティを持ち込むのがうまい」

それでは、このシンプルにして圧倒的な恐怖世界を作り上げたクラシンスキー監督(脚本と父親リー役も兼任)のホラー演出は、清水監督の目にはどう映ったのだろう?その核心に迫ると、「最初に話した冒頭のシーンもそうですが、その世界観をぐだぐだと言葉にしない。説明をいっさい排除し、砂を撒きながら歩いている描写などで“音を出したらヤバい”というのを観客に悟らせてしまうからさすがです。ホラーの枠組みを超えて、監督としての腕がいいんですよ」と絶賛。
「下手な演出だったら、なぜ音を立てたらダメなのか?その理由や背景に話を持っていっちゃうけど、クラシンスキー監督はそんなことはどうでもいいんだよ!っていうスタンス(笑)。それでいて、無理矢理な設定を持ち込むこともなく、床から飛び出している釘を踏んでしまうような、観る側も痛みがわかるリアリティを持ち込むのがうまいです。釘や画鋲を踏んでしまうなんて直接的で短絡的な描写、普通に考えたらあざといし、演出として恥ずかしくて避けますが、それが彼の手腕にかかると安易には見えない。文化や宗教感は国によって違うけれど、日常にある痛みやつらさ、恐怖は世界中の誰もがわかるもの。そこを丁寧にバランスよく描くから思わずウワッとなるんです」と、その確かな仕事ぶりを称賛する。

そんな清水監督が本作で最も慄いたのは、エヴリンの出産シーンだったそう。「あの危険な状況に妊娠や出産シーンを持ち込むのはスゴいですよ。『こんな事態になぜ?』と思った方もいるかもしれませんが、僕は、末っ子を失った痛切さも相まって次の妊娠へ…という経緯に、夫婦の痛みとせつない希望も感じました。出産を経験したことのある女性は特に怖いと思うけれど、経験がない人や男性が観てもあの一連のシーンは怖い。どうしても声が出てしまう瞬間に長男が花火を打ち上げる設定や音の作り込み方も見事で、“そんなにタイミングよく花火が上がるかよ!”というツッコミを入れる隙を与えない緊張感があるのもエンターテインメントとして上手いですよね」と話す。「でも、僕が一番好きなシーンは、ダブルイヤホンをしたエヴリンと夫のリーが、地下室でダンスを踊りながらコミュニケーションをとるシーンです。あれを初めて観た時に感動しちゃって。あんな最悪な状況に陥っている人たちが、感情をちゃんと発散させたり、お互いに思いやりと愛情で歩み寄ったりしているのに、(現実世界の)自分は妻と気持ちが離れているんじゃないか?って考えさせられましたから(笑)」。

■「コロナ禍のいま、目に見えない“なにか”を描くスリラーやホラーの恐怖は、以前よりもリアルな形で迫ってくる」

話を聞けば聞くほど、清水監督がクリエイターとしてだけでなく、いち映画ファンとして本作を楽しんで観たことがわかってきた。というところで、いよいよ新作『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』の話題を振ってみたのだが…。清水監督から返ってきたのは「なにも情報を入れないようにしています。予告編も観てないです」という、ファンならではの言葉だった。そのうえで、「僕が気になるのは、1作目でエヴリンが産み落とした赤ちゃんです。一番守らなきゃいけない、でも、声を出すことを制御できない危ない存在ですから。その赤ちゃんを、クラシンスキー監督が今回の続編でどう活かすのか?そこはやっぱり期待しちゃいますね」。と付け加えた。

「1作目がこんなに好きじゃなかったら、あの続きをあれこれ考えたかもしれないけれど、あまり考えたくない。前作で家を失ったから、エヴリンたちは街に出ていくことになるんでしょうけど、風呂敷は広げすぎないでほしいですね。こういう世界になってしまった経緯がわからないから1作目が怖かったわけだし、僕はそこでこのシリーズを好きになってしまったので」と切実に訴える。

それでも「あの家族がどうなったのかは気になります」と、清水監督は打ち明ける。「弱々しかった長男はどんなふうに成長したのか?やさしさゆえに罪の意識を一身に背負ってしまったリーガンはどんな女の子になっているのか?父親の遺品でもある補聴器は?など」。
そして、予告編で示唆される家族以外の生存者の存在についても言及。「新たな場所では人間同士の摩擦が生じる。なにかが失われた世界では個々の人間性が浮き彫りになって、襲ってくるものがなくても緊張感は高まるし、怖い。『クワイエット・プレイス』の前に公開された『ドント・ブリーズ』も音にまつわる恐怖を描いた秀作だったけれど、コロナ禍のいま、目に見えない“なにか”を描くスリラーやホラーの恐怖は、以前よりもリアルな形で迫ってくるはずです」。

取材・文/イソガイマサト