昨年、『パラサイト 半地下の家族』(19)が“竹の天井”を突き破った第92回アカデミー賞授賞式から約2週間後、ロサンゼルスはロックダウンに突入した。映画館はおよそ1年間にわたり営業を停止、数多くの大作映画が公開日を延期し、ストリーミング・サービスに作品を移譲した。映画やドラマの撮影は数か月間休止したのち、厳重な衛生管理体制を取り入れることになった。

第93回アカデミー賞も授賞式日程を2か月遅らせ、受賞基準を大幅に変更、パンデミックが世界を襲い始めた際に注目を集めた『コンテイジョン』(11)のスティーヴン・ソダーバーグ監督が授賞式のプロデューサーを務め、あらゆる変革が行われた。
ここ数年、視聴率低迷に悩まされているアカデミー賞と生中継をしているABCは大きな賭けに出た。授賞式会場は、3000人以上を収容できるハリウッドのドルビー・シアターではなく、ダウンタウンにあるユニオン・ステーションのボールルームを使い、候補者とそのゲスト以外は出席を認めない、小さな内輪イベントに作り変えられた。

放送の翌日に発表されたニールセン社の視聴率調査の第一報では、昨年の視聴者数2360万人から今年は985万人となり、約59%下落している。パンデミックに突入して以来、エミー賞、ゴールデン・グローブ賞、グラミー賞などが軒並み視聴率下落を記録しているので驚くべき数字ではないのかもしれない。だが、この勇気ある変革には、賞賛に値する素晴らしい演出と、再考が期待される欺瞞が共存していた。

■多様性が求められる時代を反映した結果に

作品賞、監督賞、主演女優賞を受賞した『ノマドランド』(公開中)が作品別最多受賞、長編ドキュメンタリー賞『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』(20)や『Mank/マンク』(公開中)の撮影賞など、7部門で受賞したNetflixがスタジオ別最多受賞。監督賞のクロエ・ジャオは、『ハート・ロッカー』(08)のキャスリン・ビグローに次ぎ、史上2人目の女性監督、有色人種の女性として初めての受賞監督になった。3度目の主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドは、キャサリーン・ヘップバーンの4度受賞に次ぐ記録で、メリル・ストリープ、ダニエル・ディ・ルイス、ジャック・ニコルソンと並ぶ。

『マ・レイニーのブラック・ボトム』のミア・ニールとジャミカ・ウィルソンは、黒人として初のメイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞となった。『ミナリ』のユン・ヨジョンは、ナンシー梅木以来63年ぶり2人目のアジア系助演女優賞受賞者。演技賞の候補者が全員白人俳優だったことから起きた“#OscarSoWhite”運動から6年で、多様性、包摂性は大きく前進している。

■変革に踏み切った本年度アカデミー賞…成功と大失態
ソダーバーグらプロデューサーが企画した第93回アカデミー賞は、授賞式を200人の候補者が出演する1本の映画に見立てた。そのため、映画と同じ1秒あたり24コマで撮影しテレビ用に変換、画角もレターボックスサイズを採用した。司会者がいない授賞式も3年目となり、ショー仕立て番組の見せ場として使われてきた“歌のゲスト”も、授賞式ではなくプレ・ショーのみ。式典中は映画のクリップを上映せず、その分受賞スピーチの時間制限は設けられなかった。

候補者を発表するプレゼンターは名前と作品名を読み上げるだけではなく、趣向が凝らされていた。監督賞を授与したポン・ジュノは各候補者に「あなたにとって演出とは?」と問い、脚本賞の候補者はそれぞれの業界初仕事を聞かれ、『シカゴ7裁判』(公開中)のアーロン・ソーキンは、近所の映画館でのもぎりとポップコーンづくりが最初の映画に関わる仕事だと明かした。これらの小ネタは映画ファンなら思わず笑みをもらしてしまうようなものばかりで、辛い状況でも映画が救いになったことを思い出させた。ヨジョンのチャーミングなスピーチも、海外長編映画賞受賞の『アナザーラウンド』(9月3日公開)のトマス・ヴィンターベアが声を詰まらせながら亡き娘に捧げたスピーチも、時間制限のなかでサンキューリストを読み上げるだけのスピーチとは違う豊かさがあった。

ところが、受賞カテゴリーの発表順序をいじったことで大惨事が起きてしまった。例年だと最後に発表される作品賞を主演女優賞、主演男優賞の前に発表した。『ノマドランド』のプロデューサーとして作品賞受賞で登壇したフランシス・マクドーマンドは想いの丈を語り、急死したサウンドミキサーにこの賞を捧げた。その直後の主演女優賞でも名前が呼ばれたマクドーマンドは、コーエン兄弟と製作中の『マクベス』のセリフをスピーチ代わりにし、早々に舞台を去っている。主演女優賞の予想では『プロミシング・ヤング・ウーマン』(7月16日公開)のキャリー・マリガンと『マ・レイニーのブラック・ボトム』(20)のヴィオラ・デイヴィスが有力候補とされていた。

そして、主演男優賞は昨年8月に急逝したチャドウィック・ボーズマンの生涯とキャリアを祝福する授賞になるだろうと誰もが信じて疑わなかった。ところが、主演男優賞を受賞したのは『ファーザー』(5月14日公開)のアンソニー・ホプキンス。『羊たちの沈黙』(91)以来29年ぶり、83歳の歴代最高齢での受賞だった。授賞式はヴァーチャルでの出演を許可していなかったため高齢のホプキンスは欠席し、スピーチもなく唐突に式典が終了した。プロデューサー陣は、下馬評をもとに感動の大円団でのハリウッド・エンディングを演出しようとしていたのかもしれないが、第89回授賞式で間違った封筒が渡されたことにより『ムーンライト』ではなく『ラ・ラ・ランド』が作品賞として発表されるという世紀のアクシデントに匹敵するような番狂わせが起きてしまった。

このことでわかったのは、投票集計を担当している会計会社以外、「誰も受賞結果を知らない」というアカデミー賞の掟と、アカデミー会員は実際に映画を観ていたという事実だ。下馬評は投票者以外による外部予想であって、確かなものはなにもない。『ノマドランド』や『ファーザー』を観ていれば、作品が醸すすばらしさが彼らの演技によるものだということが明らかだ。「授賞式を1本の映画のように演出する」という企画意図は、ラストが予測できない映画のような結末を迎え、なんとも言えない後味を残した。視聴率低下に悩まされるなか、この失態をどう克服していくのか…。来年の第94回アカデミー賞授賞式は、2022年2月27日に行われる予定だ。

■第93回アカデミー賞 主な受賞結果

作品賞:『ノマドランド』

主演女優賞:フランシス・マクドーマンド/『ノマドランド』

主演男優賞:アンソニー・ホプキンス/『ファーザー』

助演女優賞:ユン・ヨジョン/『ミナリ』

助演男優賞:ダニエル・カルーヤ『Judas and the Black Messiah』

監督賞:クロエ・ジャオ/『ノマドランド』

脚色賞:クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール/『ファーザー』

脚本賞:エメラルド・フェネル/『プロミシング・ヤング・ウーマン』

作曲賞:『ソウルフル・ワールド』

長編ドキュメンタリー賞:『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』

長編アニメーション賞:『ソウルフル・ワールド』

国際長編映画賞:『アナザー・ラウンド』

編集賞:『サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜』

撮影賞:『Mank/マンク』

音響賞:『サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜』

美術賞:『Mank/マンク』

視覚効果賞:『TENET テネット』

メイク・ヘアスタイリング賞:『マ・レイニーのブラックボトム』

衣装デザイン賞:『マ・レイニーのブラックボトム』

文/平井伊都子