6月18日(金)より公開される、岡田准一が主演する累計動員130万⼈超のアクションコメディの第2章『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』。本作より、岡田と木村文乃によるスペシャルインタビュー映像が到着した。

本作は、南勝久による累計800万部の人気コミックを原作とするアクションエンターテインメント。岡田がどんな相手も6秒以内に仕留めることができる凄腕の殺し屋ながら「一年間、誰も殺すな。一般人として“普通”に生きろ」と命じられたファブル、木村がファブルの偽名である佐藤アキラの妹のふりをする相棒のヨウコに扮し、トラブルに巻き込まれながらも“プロの普通”になるため奮闘する男の姿を描く。

表向きは子どもを守るNPO代表だが、裏では若者を殺害する最狂の男である宇津帆(堤真一)が、殺し屋の鈴木(安藤政信)とともにかつて弟を殺したファブルへの復讐に燃えていた。一方、ファブルは4年前のある事件で救えなかった⾞椅⼦の少⼥のヒナコ(平手友梨奈)と偶然再会をはたし…。

スペシャルインタビュー映像では、岡田が本作はファブルにとって「変化のある回」と評し、ファブルとヨウコの関係について「ちょっと会話ができるようになった」とコメントする姿が映しだされる。また堤と平手の掛けあいシーンを振り返った木村が「平手さんに感情移入しちゃうくらいひどいやつでした…」と振り返り、岡田が「本当に宇津帆という役柄を味わって…めちゃくちゃ気持ち悪く、楽しんで演じてくださった」とファブルが唯一殺せなかった因縁の相手を演じた堤に最高の賛辞を贈るなど、シリーズ2作目ならではのこぼれ話や本作の注目ポイントが次々と語られ、興味が煽られる。

アクション、笑い、豪華キャストと、前作をはるかに超えるスケールで紡がれる『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』。GWには前作をおさらいして第2章の公開に備えたい。

文/足立美由紀