「DVD&動画配信でーた」と連動した連載「南沙良、ミニシアターを巡る 彗星のごとく現れる予期せぬトキメキに自由を奪われたいっ」。第10回はシネスイッチ銀座さん(後編)。取締役の吉澤周子さんとの対談の模様をお届けします!

■40週間上映した『ニュー・シネマ・パラダイス』

南 「『幼な子われらに生まれ』の舞台挨拶ではお世話になりました!でも、実は仕事以外で銀座に来たことがなくて。洗練された街、というイメージですが…」

吉澤 「南さんのお婆さんやひいお婆さんくらいの世代からすると、銀座はハレの日に出かける1番の繁華街です。私がここで働き始めたのは1997年ですが、その時ですら“ジーンズを履いてきちゃいけない街”って認識でした。だからお客様も、そんなイメージを持っている中高年女性が多いんです」

南 「ということは、上映される作品も女性向けですか?」

吉澤 「はい、女性視点を重視したセレクトです。女性が観て『それはちょっと…』となる映画は選びません。レディースデイを始めたのも、うちが最初なんですよ」

南 「知りませんでした!」

吉澤 「そうだ、南さん、連載でミニシアターを回られてるなら、1980年代後半のミニシアター・ブームの話もご存知ですよね?」

南 「はい、ユーロスペースさんでも、そんな話が出ていました」

吉澤 「当時シネスイッチ銀座で上映した『ニュー・シネマ・パラダイス』の入場者数は、日本で上映されたミニシアター作品のなかで、未だにNo.1なんですよ。40週間も上映したんです」

南 「40週!?すごい!」

吉澤 「3回来て3回とも満員で入れなかったよ、とおっしゃるお客様もいたほどです。当時はネット座席予約もなかったので、みんなチケットを買うために列をつくって並びましたし、いわゆる立ち見、通路で観る人もいました」

南 「想像がつかないです…」

吉澤 「都内にミニシアターが数軒しかない時代なので、上映する劇場に人が殺到したんです。うちも当時は比較的作家性のある作品を上映していましたが、いまではミニシアター作品の入り口になるような作品をかけるようにしています。うちで初めてイラン映画を観た方が、またイラン映画を観てみたいな、と思えるような。マニアックな映画はユーロスペースの北條支配人にお任せして(笑)」

南 「私の好きなサメ映画やクリーチャー映画は、シネスイッチさんではかかりそうもありません(笑)」

■若い人には、映画で冒険してほしい

吉澤 「たぶん東京って、世界一いろんな種類の映画が観られる都市なんです。NYやパリよりもずっと多様な映画が観られる。インドも映画大国ですが、自国の映画が多いですし。日本では、年間2000本くらい公開されますから」

南 「に、2000本!そんなに!?」

吉澤 「南さんは、観る映画をどうやって決めてるんですか?」

南 「チラシやネットの情報ですが、人の評判はあまり参考にしませんね。想像するのと違った内容だったりもするんですが、『おもしろいかも…』に賭けちゃうんですよ」

吉澤 「うれしいな…」

南 「え?」

吉澤 「いまの人って映画に限らず、口コミを調べ尽くして、確実性がないと何かを選ばないでしょう。でもレコードの“ジャケ買い”と一緒で、『聴いてみたらちょっと違った…』ってことも含めて楽しいじゃないですか。だから、南さんがその若さで冒険してくれてるのが、すごくうれしいです」

南 「ありがとうございます!たしかに、チラシに騙されたことは結構ありますよ(笑)」

取材・文/稲田豊史