6月18日(金)よりディズニープラスにて独占配信されるディズニー&ピクサーの最新作『あの夏のルカ』。エンリコ・カサローザ監督がメガホンをとる同作の日本版声優を阿部カノン、池田優斗が務めることがわかった。

北イタリアの美しい港町ポルトロッソを舞台に、シー・モンスターの少年の憧れと友情を描く本作。主人公である“人間の世界”に憧れるシー・モンスターのルカを阿部、ルカとともに冒険の扉を開く親友のアルベルトを池田が演じる。

阿部は「ルカ役に選ばれたと聞いた時は、本当はドッキリなんじゃないかと思ってしまいました。ピクサーの映画が前からずっと大好きだったので、すごく嬉しかったです」、池田は「アルベルトというやんちゃな男の子の役を僕がやるとなって、めちゃくちゃ嬉しくて、早く台本が読みたいというワクワクした気持ちになりました」と喜びを語っている。

また本作を盛り上げるほかのキャラクターの声優陣として、ルカとアルベルトに人間の世界を教える少女ジュリア役に福島香々、町のいじめっこエルコレ役に浪川大輔、ルカの母ダニエラ役に高乃麗、ジュリアの父で漁師のマッシモ役に乃村健次、そしてルカの父ロレンツォ役に磯部勉と、実力派が集結。

あわせて到着した日本版予告では、シー・モンスターの家族から海の上へ行くことを禁じられたルカが、アルベルトとともに姿を変え人間の世界に足を踏み入れる様子が描かれる。そしてほどなく2人がジュリアと出会い、様々な経験をすることで少しずつ成長していく姿がポルトロッソの大自然とともに映しだされ、好奇心が刺激される。

ルカとアルベルトが巻き起こす“ひと夏の奇跡”とは?フレッシュなキャストが織りなすサマー・ファンタジー・アドベンチャーに期待したい。

<キャストコメント>

●阿部カノン(ルカ役)

「(参加した喜びについて)ルカ役に選ばれたと聞いた時は、本当はドッキリなんじゃないかと思ってしまいました。ピクサーの映画が前からずっと大好きだったので、すごく嬉しかったです。

(アフレコの感想について)すごく楽しかったです!最初は本当にずっと緊張しちゃっていたんですけど、(池田が)優しく話しかけてくれて楽しく収録できました。

(映画の中の好きなシーンについて) 乗り物に乗って空に飛び上がったり、海に落ちるときに叫ぶところがいっぱいあって、そこが楽しかったです!

この映画は勇気がもらえる映画だと思っているので、新しいことにチャレンジしたい人に観てもらいたいです」

●池田優斗(アルベルト役)

「(参加した喜びについて) アルベルトというやんちゃな男の子の役を僕がやるとなって、めちゃくちゃ嬉しくて、早く台本が読みたいというワクワクした気持ちになりました。

(アフレコの感想について) 収録の間に話した時間はカノンくんが演じるルカの感覚もつかめましたし、初日はすごく大事な時間だったなと思います」

文/足立美由紀